プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
102

南紀ドライブ(後編)

眠い。何しか目が冴えて寝付けなかった。とにかく!音が煩い。トラックが通り過ぎる音、キャンピングカーのエンジン音、雨音。。普段気にならんのに。。明け方の雨でテントもびしょ濡れ。。そんなテントを見て、「夏合宿みたいやな・・」とか思ったり。毎日雨の中テント畳んでた。雨吸って重かった記憶が有る。そんな話をマックスバリュー氏とする。※ちなみにマックスバリュー氏はR大自転車部出身さっさと畳んで出発。まあ優雅な... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b96316f4.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b9540781.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b94d5a3d.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b93c711b.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b936aa76.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b927d142.jpg' /></a><br />眠い。<br /><br />何しか目が冴えて寝付けなかった。<br />とにかく!音が煩い。<br />トラックが通り過ぎる音、キャンピングカーのエンジン音、雨音。。<br />普段気にならんのに。。<br /><br />明け方の雨でテントもびしょ濡れ。。<br />そんなテントを見て、「夏合宿みたいやな・・」とか思ったり。<br />毎日雨の中テント畳んでた。雨吸って重かった記憶が有る。そんな話をマックスバリュー氏とする。<br />※ちなみにマックスバリュー氏はR大自転車部出身<br /><br />さっさと畳んで出発。<br />まあ優雅な夜は過ごせたからいいけど・・・。<br /><br />その後車で南下、<br />本州最南端・潮岬、<br />トルコアイスを食う橿野崎、<br />奇岩・橋杭岩と串本を満喫して白浜まで北上。<br /><br />いつもの絶景露天・崎之湯、フナムシだらけ。<br />白良浜、人多くてマッタク浜見えず。<br />円月島、車で素通り。<br />とれとれ市場、めちゃ人多くて断念。<br /><br />12時半。帰路。高速で渋滞に巻き込まれたり、豪雨に打たれたり、睡魔に負けたりしながら16時半に奈良。<br /><br />いいリフレッシュになりました。<br />テントはびしょ濡れのままやけど。<br />
103

南紀ドライブ(前編)

いま僕は道の駅志原海岸にいます。白浜から10キロほど南です。大雨洪水が騒がれている最中満天の星空酒飲みながら、数時間後の天気を少々気にしながら僕はテントでマッタリしております。遡ること数時間前、テントで寝たい!と思い立ち、マックスバリュー氏を召集(彼は車中泊)車飛ばして一路南紀へ。この贅沢な時間がずっと続けばいいのに。。車やのにわざわざテントを持ってくること、Priceless。お金では買えない価値がある。... いま僕は道の駅志原海岸にいます。白浜から10キロほど南です。<br /><br />大雨洪水が騒がれている最中満天の星空酒飲みながら、数時間後の天気を少々気にしながら僕はテントでマッタリしております。<br /><br />遡ること数時間前、テントで寝たい!と思い立ち、マックスバリュー氏を召集(彼は車中泊)車飛ばして一路南紀へ。<br /><br />この贅沢な時間がずっと続けばいいのに。。<br /><br />車やのにわざわざテントを持ってくること、Priceless。<br /><br />お金では買えない価値がある。午前4時。<br />
104

舞洲の夏は24時間だけアツい

執行役員西日本事業部長率いる我々大阪支店の有志15名で参加してきました。『コニカミノルタランナーズ 24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランド』このリレーマラソンは6人から15人の約250チームが襷を繋いで一周1.7キロを24時間走り続けるという大会。日差し照りつける正午12時にスタートし、高校時代の友人に7年振りにばったり会いながら走り、海に沈む夕日を見ながらも走り、メシ食った後も走り、彼女から「おやすみ」メ... 執行役員西日本事業部長率いる我々大阪支店の有志15名で参加してきました。<br /><br /><br />『コニカミノルタランナーズ 24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランド』<br /><br /><br />このリレーマラソンは6人から15人の約250チームが襷を繋いで一周1.7キロを24時間走り続けるという大会。<br /><br /><br />日差し照りつける正午12時にスタートし、<br />高校時代の友人に7年振りにばったり会いながら走り、<br />海に沈む夕日を見ながらも走り、<br />メシ食った後も走り、<br />彼女から「おやすみ」メールが来た後も走り、<br />草木も眠る丑三つ時も走り、<br />さっき食べたスパゲティが出てきそうになりながらも走り、<br />朝日を見ながらも走り、<br />雨の中も走り、<br />我慢できずノンアルコールビールを飲んだ後も走り、<br />24時間終わる前に筋肉痛になるという不思議な出来事にも負けず走り、<br /><br /><br />走って、走って、走った結果・・・・。<br /><br /><br />軽い火傷くらい焼け、<br />体中バキバキになりました。<br /><br /><br />でも、自分でポイントを把握しながらダッシュしたり、声援かけあったり、暑くて水被りに行ったり、仮眠取ってたら日差しが暑くて目が覚めたり、カレー作ったり、夜中怖い話したり、カップラーメン食ったりと24時間襷を繋げることでよくわからん時間の共有ができたりして楽しめた。<br /><br /><br />お陰様で体中が痛い。。<br /><br /><br />そして部長はこう仰った<br />「次は福知山マラソンやから」<br /><br /><br /><br /><br /><br />※福知山マラソン・・・42.195キロのフルマラソン<br />
105

【通行止】酷道421『石榑峠』走破!

車幅2m以上は通れませんよ!と、力強く念を押す。寧ろ2m以下でないと強制的に戻らせられる峠が、滋賀と三重の県境にある。国道421号『石榑峠』故に『酷道』と認定され人々に語り継がれている。だが・・石榑峠は現役を退き姿を隠そうとしていた。『石榑峠道路 整備計画』難所である石榑峠の下にバイパスとトンネルを作るという計画。このままでは峠が現役ではなくなってしまう!現役の石榑峠を制覇すべく、2人の勇敢な男たちが立... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b9ca6700.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b9bbc78f.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b9b2bb64.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b9a4ef98.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b99e5a46.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b98e3fe6.jpg' /></a><br />車幅2m以上は通れませんよ!と、力強く念を押す。寧ろ2m以下でないと強制的に戻らせられる峠が、滋賀と三重の県境にある。<br /><br /><br /><br />国道421号『石榑峠』<br /><br /><br /><br />故に『酷道』と認定され人々に語り継がれている。<br /><br />だが・・<br />石榑峠は現役を退き姿を隠そうとしていた。<br /><br /><br /><br />『石榑峠道路 整備計画』<br /><br /><br /><br />難所である石榑峠の下にバイパスとトンネルを作るという計画。<br />このままでは峠が現役ではなくなってしまう!<br /><br />現役の石榑峠を制覇すべく、2人の勇敢な男たちが立ち上がった。<br /><br /><br />-----<br /><br />■挑戦者<br />マックスバリュー氏<br />どく鬼のこ<br /><br />■ルート<br />近江鉄道 八日市駅<br />↓<br />国道421号 石榑峠<br />↓<br />湯の山温泉<br />↓<br />JR東海 亀山駅<br /><br />-----<br /><br /><br />10時半過ぎに輪行解除含む準備が終了し、いざ向かうは石榑峠。<br />峠の天辺にはコンクリートブロックがそびえ立ち、車幅2m以下の車は通れないようになっていることで有名。<br /><br />これだけ蘊蓄を語ったが別にそんな詳しくは知らず面白そうだから挑戦してみた。<br /><br />だから知らなかった。<br /><br /><br /><br />『石榑峠通行止』<br /><br /><br /><br />登りはじめから多数見えるこの看板。<br />見ないフりをしていたがついに聞いてしまった。<br /><br /><br /><br />どく鬼「なあなあ、土砂崩れのため『通行止』って看板あるんやけど」<br /><br />マックス氏「大丈夫やろ」<br /><br /><br /><br />白川郷・天生峠のときもそうだったが彼の言葉はいつも適当だった。<br />だからまぁ付き合いがあるんやろうが・・。<br /><br />登るにつれ看板は<br />『通行止』から『絶対通行できません』、最終的には『三重県側崩落のため絶対通行できません』みたいに段々文言に重みがでてきた。<br /><br /><br /><br />道行くおじいちゃん「峠までなら大丈夫やで」<br /><br />何故か限定付き・・・。<br /><br /><br /><br />ここまできたら信じるしかなかった。<br /><br />峠のアップは追い風もあって苦にはならなかった。<br />滋賀県側は所々あるバイパス工事エリア以外は道も舗装され、通行止もあり交通量も無く走り易かった。<br /><br />やっと見えた峠の頂上は、雑誌やネットでお馴染みのコンクリートブロック。<br />自分の目で見れるとやっぱり嬉しくて感激した。<br /><br />てか2m以下ってブロック車で通り抜けるの相当めんどいぞ・・・。<br /><br /><br /><br /><br /><br />峠を越えて直ぐ、気づいた。<br /><br /><br /><br />マックス氏「地面が・・・」<br /><br /><br /><br />土砂崩れはさることながら、アスファルトの崩落が痛々しい。<br />自転車を持ち上げて歩かないと通れない箇所もあった。<br /><br />そんな三重側の下りも落ち着いたところで見えたのは通行止のゲート。<br />三重側は通れないようにゲート閉じてるんやなぁ。<br /><br />石榑峠バイパスが出来たらこの道も使われなくなっていく。<br />旧道と呼ばれる前に走れてよかった。この道が現役で利用されてたことを覚えておきたい。<br /><br />いままで色んな道を走ってきたがきっと道ごとに色んな思いや目的があるんやろなあ、と少し旅愁を感じた峠だった。<br /><br /><br /><br /><br /><br />三重側に降りたあとは1200年の伝統を持つ湯の山温泉に浸かる。<br /><br />そしてラスト20キロを走り、17:50亀山駅へ。<br /><br />おもろかった。<br />次はどの酷道攻めようかな・・・。<br />
  • Date : 2009-07-04 (Sat)
  • Category : 自転車
    Return to Pagetop