プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
63

山陰ドライブ

少し前の報告。車中泊ももう快適であろうと考えて、山陰をひた走り山口県下関市の北西の端・角島に訪問してきました。初めて角島に訪問したのが2007年9月13日。当時の日記にはこう書いてあった。-----透き通る海と白い砂浜。島に向かって掛かる角島大橋からの眺め、絶景。車よりチャリの方がええねんぞーって横目に思ってみる。県道から外れて島の地道を走る。海が近い。結局4時間近く居たなぁ。景色は何とも言葉で言い表すと安っ... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4afa3f537.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4af94dd03.jpg' /></a><br />少し前の報告。<br /><br />車中泊ももう快適であろうと考えて、山陰をひた走り山口県下関市の北西の端・角島に訪問してきました。<br /><br />初めて角島に訪問したのが2007年9月13日。当時の日記にはこう書いてあった。<br /><br />-----<br /><br />透き通る海と白い砂浜。<br />島に向かって掛かる角島大橋からの眺め、絶景。車よりチャリの方がええねんぞーって横目に思ってみる。<br />県道から外れて島の地道を走る。海が近い。<br />結局4時間近く居たなぁ。<br />景色は何とも言葉で言い表すと安っぽくなるんで、写真見て感じていただければ幸い☆<br /><br />-----<br /><br />そんな写真を見せると皆は口を揃えて「行きたい!」と言う。それくらい綺麗な場所。行ってきました!愛車コルトプラスで・・・。<br /><br /><br />実家を出たのが土曜日の昼前後。初めは下呂にいこーか、糸井川がええか?たら汁食うか?という感じだったが走り出してから行き先を決めるのが僕なわけで・・・。<br /><br />国道24号で京都に抜け、ひたすら山陰を目指す。<br />京都市内から亀岡経由で園部までは一部有料道路を、春日から和田山までは無料高速を。あとはほぼ無料区間が殆どの米子道を経由して地道をひた走り、角島に到着したのが深夜2時。空を見上げればうっすらと天の川。<br />そういやぁ夕暮れの白兎海岸も綺麗やった。波が穏やかで・・。<br /><br />6時頃起床して角島をドライブ。曇り空から陽が射す。青い海、空、白い雲、橋の景色が綺麗に映える。本音はもっと晴れて欲しかったけど。<br /><br />帰りも山陰をひた走る。<br />途中、萩・松陰神社に寄ったり、温泉津温泉に寄ったりしながら。<br /><br />結局、和田山から高速に乗りツレを堺に送って奈良へ。<br /><br />下関も何やかんやで日帰り出来るんやなぁと思った土日でした。<br />
64

十津川村温泉ドライブ

実家のコルトプラスを出動させ、奈良県十津川村にある温泉を2件梯子してきました!役場周辺を泉源とする湯泉地温泉と、その南10キロにある十津川温泉。双方10キロしか距離が無いのに硫黄泉、含食塩重曹泉と全く異なる泉質から成る温泉を形成している。さらに南10キロにある和歌山湯の峰温泉は含硫黄炭酸水素塩泉と、近いエリアで異なった顔を見せる。いままで同じ県内やしよく通ったけど行ったことなかったのでアプローチしてみる... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4afdb946f.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4afc97e5d.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4afc3bd2f.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4afb4e568.jpg' /></a><br />実家のコルトプラスを出動させ、奈良県十津川村にある温泉を2件梯子してきました!<br />役場周辺を泉源とする湯泉地温泉と、その南10キロにある十津川温泉。双方10キロしか距離が無いのに硫黄泉、含食塩重曹泉と全く異なる泉質から成る温泉を形成している。さらに南10キロにある和歌山湯の峰温泉は含硫黄炭酸水素塩泉と、近いエリアで異なった顔を見せる。<br />いままで同じ県内やしよく通ったけど行ったことなかったのでアプローチしてみることにした。<br /><br /><br />■湯泉地温泉・滝の湯<br />今日は素晴らしい!何故なら湯泉地 十津川温泉がタダで入浴できる日!!平城遷都1300年記念事業の恩恵がこんなところまで・・。<br />滝の湯は硫黄泉で夏期は80%源泉、冬季は100%源泉になる。(源泉がぬるいのか?)<br />成程硫黄泉独特の匂いがする <br />内湯から露天に出て 長い階段を裸で降ると滝を目の前にした川沿いの露天に到着 。<br />何だか白骨温泉公衆浴場を思い出した。あそこも川辺まで長い階段を降ったなぁ 。<br /><br /><br />■十津川温泉・庵の湯 <br />無料とのことで梯子をする。<br />十津川を縦断する国道沿いにある温泉で ダムまで下ったところに位置する。<br />時間帯は18時。貸切状態。こちらは湯泉地と違い、含食塩重曹泉。ただほんのり硫黄の匂いがした。<br />すべすべのお湯は龍神顔負け!寧ろこっちの方が気持ちいいと相方。<br />先に出て足湯に浸かりながらマッタリと過ごす。<br /> <br /> <br />その後、相方を堺に送り実家から大阪福島へ。<br />紀伊山地の温泉制覇せんとなー。<br />
65

九州旅行(④⑤日目)

6月14日(月)朝から雲仙地獄巡りと公衆浴場「雲仙新湯温泉」へ行く。雲仙温泉は古くはシーボルトが訪れ世界的に有名な温泉街。街並みも古く、雲仙地獄の湯煙が雰囲気を醸し出す。温泉の成分は流石火山の温泉だけあって強く装飾品がえらくキレイになった。雲仙温泉を10時に出発して島原半島の西側・小浜温泉を横目に諫早駅へ。仕事のため僕独り電車にて帰宅するため別れる。11時40分頃の白いかもめに乗り博多に向かう。そんな中、急... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b02a2bfd.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b01af197.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b014ef26.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0049d11.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4affb907d.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4afed40d0.jpg' /></a><br />6月14日(月)<br /><br />朝から雲仙地獄巡りと公衆浴場「雲仙新湯温泉」へ行く。<br /><br />雲仙温泉は古くはシーボルトが訪れ世界的に有名な温泉街。街並みも古く、雲仙地獄の湯煙が雰囲気を醸し出す。<br /><br />温泉の成分は流石火山の温泉だけあって強く装飾品がえらくキレイになった。<br /><br />雲仙温泉を10時に出発して島原半島の西側・小浜温泉を横目に諫早駅へ。<br /><br />仕事のため僕独り電車にて帰宅するため別れる。11時40分頃の白いかもめに乗り博多に向かう。<br />そんな中、急遽相方御一行も帰ることになり新門司港で待ち合わせることになった。<br /><br />相方御一行は長崎道から九州道経由で新門司港へ。<br />僕は缶チューハイ片手に電車で小倉、バスで新門司港へ。<br /><br />新門司港17時発のフェリーに乗り初の二等寝室で寝る。寝台車みたいで嬉しい。<br /><br /><br />6月15日(火)<br /><br />5時半大阪南港着。相方御一行と別れて電車で大阪福島向かってます。<br /><br />4泊3日という歪な日程の旅行は無事終了しました。<br />相方のご両親に感謝。そして一緒に旅行出来て良かったよ。相方であるマイミクうちゃこ氏。<br /><br />今日は仕事か~。<br />行きたくないなぁ!<br />
66

九州旅行(③日目)

いま諫早駅から相方御家族と別れて白いかもめで博多に向かってます。独りでお酒飲んでます。真っ昼間から!!6月13日(日)起床して相方の親父さんと朝風呂に入り、ガッツリ朝食バイキングを食べた後に出発する。相方のお母様は晴女とのことで行く先々雨&ガスやのにタイミング良く景色が見える。そして一瞬なので僕がいない時ばかり・・・阿蘇の火口はガスで見えなかった。(勿論相方+母親は見れたらしい)風が強すぎて車の扉がも... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b07b1655.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b069c02a.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b063ba09.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0555a85.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b04d64c7.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b040f78d.jpg' /></a><br />いま諫早駅から相方御家族と別れて白いかもめで博多に向かってます。<br />独りでお酒飲んでます。真っ昼間から!!<br /><br /><br />6月13日(日)<br /><br />起床して相方の親父さんと朝風呂に入り、ガッツリ朝食バイキングを食べた後に出発する。相方のお母様は晴女とのことで行く先々雨&ガスやのにタイミング良く景色が見える。そして一瞬なので僕がいない時ばかり・・・阿蘇の火口はガスで見えなかった。(勿論相方+母親は見れたらしい)<br />風が強すぎて車の扉がもげそうになる。<br /><br />砂千里。風が吹き荒れて飛ぶ石礫。いたい・・・・。<br /><br />草千里。馬に相方の名前で声をかけるとこっちを振り向く(笑)<br /><br />阿蘇を高森方面に下り、白川水源へ。1分60トンの湧水量。阿蘇は湧き水が多い。当時、高森~高千穂間の鉄道計画もトンネルを掘ったときの余りにもの湧き水で頓挫したという程・・・。<br /><br />その後昼ご飯に豚ホルモン(郷土料理)を食べて熊本市街を抜けて、海を渡り島原へ。島原城、武家屋敷、鯉の泳ぐ街並みを堪能<br /><br />島原は2回目やけど鯉が街の水路を走るっていいね。雰囲気がある。何となく萩とか津和野も同じ様な雰囲気やし相方を連れて行ってあげたいなと思った。<br /><br />そして雲仙温泉街へ。<br />憎きリロ○ラブで宿を予約して、相方と温泉街をぶらつく。てかごはん多い。<br /><br />明日は帰るだけかーと寂しく感じながら、2時頃まで夜更かしして就寝。<br />
67

九州旅行(②日目)

6月12日(土)7時半起床。ホテルの朝食を食べてチェックアウト。。何て快適なんや・・・と不思議な気分になる。 街の探索とかに重きを置きたい場合はこんな旅行もいいかもね。相方からメールがあったので門司港に向かう。もう新門司に着いたみたい。九州のIC切符の表示を発見して感動した。JR『SUGOCA』、地下鉄『はやかけん』、西鉄『nimoca』はやかけんってハイネケンみたいやなぁとかどうでもよいことを考える。... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0c78624.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0b95cc0.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0b2d2ca.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0a2afc4.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b09ba5fa.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b08d611a.jpg' /></a><br />6月12日(土)<br /><br />7時半起床。ホテルの朝食を食べてチェックアウト。。何て快適なんや・・・と不思議な気分になる。 <br /><br />街の探索とかに重きを置きたい場合はこんな旅行もいいかもね。<br /><br />相方からメールがあったので門司港に向かう。もう新門司に着いたみたい。<br /><br />九州のIC切符の表示を発見して感動した。JR『SUGOCA』、地下鉄『はやかけん』、西鉄『nimoca』<br /><br />はやかけんってハイネケンみたいやなぁとかどうでもよいことを考える。<br /><br />門司港。相方と合流して散策。もう何回目かも覚えていないお気に入りの場所。午前中は天気良かったのに。。<br /><br />国道10号をひたすら南下して別府を越え、湯平を越え、やまなみハイウェイを越えたら阿蘇に到着。天気は曇小雨。<br /><br />迷いながら阿蘇リゾートグランヴィリオホテルにチェックイン。因みに予約は宿敵・○ロクラブにて。憎し。然しいいホテル。<br /><br />晩御飯はだご汁を食べに繰り出し、たまたまやっていた店。見覚えある・・てか来るの3回目や(笑)<br />その旨を店員に伝えると柚胡椒2つくれた!ありがとうございます。<br /><br />あとはホテルの温泉を満喫していま部屋にいます。夜半から降り出した雨は、明日には止むのだろーか(いや、止まない)<br />明日は雨に濡れなくそして楽しそうなルートを考えないといけないんやけど、阿蘇エリアぢゃあ難しいな・・。<br />
68

九州旅行(①日目)

6月11日(金)仕事上がりに終電の新幹線に乗り込んで小倉へ。意外と新幹線混んでる。。ギリ座れた。車内で喧嘩してる人達がいた。僕は独りで酔っ払ってた。月曜日の振休を利用した連休で相方+相方の両親と旅行に行くことに(急遽。。って金曜日の18時頃)なった。相方たちは車を積んでフェリーで向かったが仕事の都合で先に現地入り。夜の小倉は流石に日が変わったので開いている店も無く。露天商の兄ちゃんと喋ったり、ラーメン食... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0e7abb7.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4b0d9db5f.jpg' /></a><br />6月11日(金)<br /><br />仕事上がりに終電の新幹線に乗り込んで小倉へ。意外と新幹線混んでる。。ギリ座れた。車内で喧嘩してる人達がいた。僕は独りで酔っ払ってた。<br /><br />月曜日の振休を利用した連休で相方+相方の両親と旅行に行くことに(急遽。。って金曜日の18時頃)なった。<br /><br />相方たちは車を積んでフェリーで向かったが仕事の都合で先に現地入り。<br /><br />夜の小倉は流石に日が変わったので開いている店も無く。露天商の兄ちゃんと喋ったり、ラーメン食ったり。<br /><br />自社の福利厚生サービスを使いホテル泊。<br />※カフェポイント使ったので2000円で泊まれた。さらにQUOカード1500円分キャンペーン期間やから貰えた<br /><br />小倉のスーパーホテル。天然温泉。思えば一人でホテル泊まったの初めてかもね。いつも野宿か漫喫やから。。<br /><br />次の日に備えて就寝。<br />
    Return to Pagetop