プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
52

御嶽山トレッキング

25~27日で信州・御嶽山に登ってきました。シーズン的に今年の信州ももう最後だろうと思い切って有給をとって御嶽山へ。25日土曜日夕方に奈良を出発。Tうえ先輩を誘ったが急すぎて時間とれず。御嶽山の麓である道の駅三岳に到着したのが日付変わる前後。びっくりするくらい外が寒かった。翌朝5時過ぎに出発して登山口に向かう。空は暗く、雲で御嶽山は全く見えず。「曇りか・・」テンション下がりながら車は高度を上げる。ふと振... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae45285a.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae33c01c.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae2b1a42.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae1cba64.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae165204.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae07768e.jpg' /></a><br />25~27日で信州・御嶽山に登ってきました。<br />シーズン的に今年の信州ももう最後だろうと思い切って有給をとって御嶽山へ。<br /><br />25日土曜日夕方に奈良を出発。Tうえ先輩を誘ったが急すぎて時間とれず。御嶽山の麓である道の駅三岳に到着したのが日付変わる前後。びっくりするくらい外が寒かった。<br /><br />翌朝5時過ぎに出発して登山口に向かう。空は暗く、雲で御嶽山は全く見えず。<br />「曇りか・・」<br />テンション下がりながら車は高度を上げる。ふと振り返ると眼下に広がる雲海。目覚める空。快晴。朝日に感動する。<br /><br />駐車場に車を止めて6時半出発。御嶽山頂が見える。<br /><br />流石古くから山岳信仰のある山で、所々に像や不思議なオブジェがあった。<br /><br />登り始めて30分ほど歩くとすぐ森林限界に達し、見通しのいい綺麗な景色になる。振り返れば晴天と雲海。遠く富士山が見える。<br /><br />歩くとすぐ息切れする。空気が薄い。御嶽によく来る修験者と話をしてると今日は特に薄い(気がする)とのこと。<br /><br />8時半。御嶽山頂(3067m)に到着。<br />快晴。乗鞍、槍が見える。<br /><br />眼下にはエメラルドグリーンの二の池。時間も余裕なので二の池まで下り、摩利支天山(2959m)に登る。ここまでくると全く人が居ない。向かいの御嶽山頂は僕がついた時より人だらけの模様。<br /><br />のんびりご飯を作って、お茶飲みながら独り堪能する。<br />小一時間ほど滞在して10時半。雲が段々と出てくる。まだまだ晴れているが夕方から雨なので早々に下山。<br />駐車場到着13時45分頃。<br /><br />おんたけ高原温泉に浸かり、中山道・奈良井の宿場町を観光。少し仮眠をとって20時半に出発。<br />国道19号、名四国道を飛ばして名阪国道道の駅伊賀で就寝。翌日午前中に帰宅。<br /><br />それにしても天気に恵まれて良かった。<br />来年こそはアルプス銀座縦走!(希望)<br />(あとジェットボイル購入も・・。)<br />
53

山上ヶ岳・稲村ヶ岳トレッキング

連休の中日にふと気が向いたので吉野大峯山に行ってきました。山上ヶ岳や大普賢、釈迦、八経など吉野から熊野大社まで紀伊山地を縦走するルートを大峯奥駆道と呼び、古来より修験道として歩かれてきた。山上ヶ岳に至っては未だに女人禁制とされているほど歴史深く、熊野古道と同じくして世界遺産に認定されている場所。今回は洞川温泉から稲村ヶ岳、山上ヶ岳を歩いてきました。9月19日前日、旧友であるマックスバリュー氏と神宮前... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae93ea82.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae8637e8.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae800807.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae71e681.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae6b0492.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4ae5aea03.jpg' /></a><br />連休の中日にふと気が向いたので吉野大峯山に行ってきました。<br /><br />山上ヶ岳や大普賢、釈迦、八経など吉野から熊野大社まで紀伊山地を縦走するルートを大峯奥駆道と呼び、古来より修験道として歩かれてきた。山上ヶ岳に至っては未だに女人禁制とされているほど歴史深く、熊野古道と同じくして世界遺産に認定されている場所。<br /><br />今回は洞川温泉から稲村ヶ岳、山上ヶ岳を歩いてきました。<br /><br />9月19日<br /><br />前日、旧友であるマックスバリュー氏と神宮前で飲み、母校に深夜訪問したりしながら極楽湯に入り実家に1時半帰宅。<br /><br />6時に起床して弟を叩き起こして道連れにする。早朝の旧24号線は全く車通りもなく快適。芦原、下市、広橋経由で天川村洞川温泉に到着したのが7時45分頃。<br />温泉の駐車場に車を停めて8時に歩き始める。<br /><br />8時半。登山口に到着して登山届を出して登り始める。<br />樹林帯の中を黙々と歩く。寝不足と胃もたれでスーパー体調が悪い・・。<br /><br />一時間ほど歩いて法力峠に到着。少し勾配があり道は細いが踏みならされていていい感じ。<br /><br />法力峠から山荘のある山上辻までは勾配の少ない軽快な道のり。崩落した箇所や、完全に渡れないところが多く、そういう場所には橋がかけてあった。<br /><br />10時45分。稲村ヶ岳と山上ヶ岳の分岐である山上辻に到着。山荘の前の広場(たぶんテントサイト)で休憩をして、稲村ヶ岳へ。往復一時間半の道のりだが一時間で往復。<br />途中に鎖場が2ヶ所あったが難無くパス。(下りはうっかり滑り落ちてしまったが・・・)<br /><br />稲村ヶ岳1726mのきれいな展望台から山上ヶ岳、大普賢岳を眺める。<br />稲村ヶ岳から難所・バリゴヤの頭に向かう分岐を探してみたが見当たらなかった。。<br /><br />再び山上辻・稲村ヶ岳山荘から出発。ここから女人結界門があるレンゲ辻までが意外と危なかった。<br />斜面添いの細い道をを進む。先週の雨でか意外と土が脆く、滑り落ちたら遭難しそう・・・。<br />稲村ヶ岳の登山客の方が多いのか一気に人が居なくなる。<br />弟が珍しい青い?花に関心を示しているのを横目に、静かな樹林帯を進むと40分程でレンゲ辻に到着。<br /><br />「『女人禁制』この霊山大峰山の掟は宗教的~に従って女性がこの門より向こうへ登ることを禁止します」<br /><br />12時45分。女人結界門をくぐって山頂を目指す。ここから勾配も厳しくなり、階段が増える。振り返れば稲村ヶ岳と大日岳のキレット。<br /><br />13時10分。山上ヶ岳頂上(1719m)はお花畑という名称で時期によっては綺麗になるんやろうなー。<br /><br />山頂には大峰山寺があり、奥駆道を歩く修験者で賑わっていた。宿坊もあり、店こそ無いがひとつの町みたい。<br /><br />修行のひとつに岩場から逆さまに吊り下げられるものがあるがそれをずっと東の覗岩やと思ってた!修験者に聞いてみると西の覗岩の間違いで東の覗岩は修験者の裏行場で先達を立てないと行けない模様。色々な話を聞かせてもらう。<br /><br />その後岩場を巡り、西の覗岩へ。こんなとこから吊されたらえらいことになるなーと言うほどの断崖絶壁。でも一回体験してみたい。<br /><br />14時20分に下山開始。洞辻茶屋まで修験道大峰奥駆道を歩く。途中垂直に鎖で下る岩場や立派な茶屋があり(茶屋が登山道を塞いでいるので通り抜けしないといけない)さすが修験道。<br />洞辻茶屋には布団があり避難小屋みたいな役割なんかな?とか勝手に思う。<br /><br />洞辻茶屋から修験道を外れて洞川へ下る。全く陽の差し込まない暗い樹林帯を抜け浄清大橋の女人結界門を抜けると16時。県道に到着。<br /><br />一時間ほど歩いて洞川の町を抜けたら車を停めていた洞川温泉に到着。17時。<br /><br />洞川温泉は人が多すぎて入るのを断念。<br />そして帰宅。<br /><br />弟が登山中に関心を示してた花をたまたまネットで見つけたがどうやらトリカブトとのこと・・・おいおい。<br />
54

日出ヶ岳トレッキング【大台ヶ原】

最近先輩の結婚が続き土日に出かけてないなぁとか思ったので手軽で景色も堪能出来る大台ヶ原に行ってきました。ここは世界的にも多雨地域として知られており、前日までの予報が雨で不安やったけど無事晴れて良かった。9月12日(日)福島の家で少し仮眠をとり日付が変わる前に奈良の実家に帰宅。深夜にコルトプラスを出動させて相方の住む堺に向かう。堺でも少し仮眠を取り、5時に相方と合流したあとは大台ヶ原に向けて出発。早朝な... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aee1b103.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aed31ffb.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aecc70da.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aebccad7.jpg' /></a><br /><a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aeb5a90f.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aea7638f.jpg' /></a><br />最近先輩の結婚が続き土日に出かけてないなぁとか思ったので手軽で景色も堪能出来る大台ヶ原に行ってきました。<br /><br />ここは世界的にも多雨地域として知られており、前日までの予報が雨で不安やったけど無事晴れて良かった。<br /><br />9月12日(日)<br /><br />福島の家で少し仮眠をとり日付が変わる前に奈良の実家に帰宅。深夜にコルトプラスを出動させて相方の住む堺に向かう。<br /><br />堺でも少し仮眠を取り、5時に相方と合流したあとは大台ヶ原に向けて出発。早朝なので道は混まず元来た道を引き返して大台ヶ原に到着したのが8時半前後。<br />相方が既にダウンしていたのでまた仮眠をとり10時半出発。快晴。風は涼しい。<br /><br />徒歩40分程で大台ヶ原最高峰日出ヶ岳(1694.9m)に到着。<br />天気が良く、熊野灘や尾鷲湾が見える。ご飯食べたながらのんびりする。<br /><br />アップはあるけど全然登らないので気持ちよくハイキングが出来る。<br />大台ヶ原は複数の山々からなる東西5キロ程の山塊を指す。山頂が平坦で周囲を崖に囲まれている日本では珍しい隆起準平原とのこと。<br /><br />暫くの休憩を取って歩き出す。正木峠を越えるとガラッと景色が変わり、正木ヶ原のトウヒの立ち枯れと笹原という荒涼とした景色になる。<br />正木ヶ原でコーヒーを沸かしてまた一服。海が見える。<br /><br />この立ち枯れの原因は伊勢湾台風にあると言う。過去の写真が看板にあったが鬱蒼とした樹林帯の模様。凄い台風やな・・・。<br /><br />牛石ヶ原の樹林帯を越えると大台ヶ原のメインである大蛇蔵(※くらの漢字が出ない・・)<br />大台ヶ原がいかに絶壁に囲まれているかが良く解る。<br />そして見渡す限りの深い山々。景色に感動。まったりしていたら他の登山グループで溢れかえりそうになったので脱出。<br /><br />大蛇蔵とシオカラ谷の分岐でカップうどんを食べる。野生の鹿がいる。<br /><br />シオカラ谷まで結構下り、川まで出るが蝿が多くて早々に退散。<br /><br />ラストは大台ヶ原ビジターセンターまでの激アップを登り16時に駐車場に到着。<br /><br />ゆっくり休日を堪能出来てよかった。帰りに風の森にあるかもきみの湯に入って終了。<br />
    Return to Pagetop