旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
34

ダイヤモンドトレール縦走②(水越峠~金剛山)

夏山を登るようになってから、段々と冬山にも魅力を感じていた。ただ僕には無縁で、「絶対出来ない分野」と決めつけていた。この頃よく感じることがある。幼い頃、自転車は好きでも、自転車旅行をしている自分を想像できなかった。まわりにそんな大人がいなかったから。大学生の頃、知床・羅臼岳を見て、「いつか登りたい!」と思ったが登山をしている自分なんて想像出来なかった。Tうえさんに山の楽しさを教えてもらったあとも、... 夏山を登るようになってから、段々と冬山にも魅力を感じていた。<br />ただ僕には無縁で、「絶対出来ない分野」と決めつけていた。<br /><br />この頃よく感じることがある。<br />幼い頃、自転車は好きでも、自転車旅行をしている自分を想像できなかった。まわりにそんな大人がいなかったから。大学生の頃、知床・羅臼岳を見て、「いつか登りたい!」と思ったが登山をしている自分なんて想像出来なかった。Tうえさんに山の楽しさを教えてもらったあとも、自分が独りで登り続けるなんて想像できなかった。<br />今までの過程は、自分が「想像できなかった」ことの連続だなと思った。自分がやろうと思ったら何だってできるんやって!<br /><br />いまの僕は、雪の中の大峰を見てみたいと思っている。<br />たぶん、実現すると思う。何年後かわからんけど。だから、今年は雪の低山から入門しようと思った。<br /><br />行先は入門中の入門、金剛山。<br /><br /><br />1月23日(日曜日)<br /><br />前日、サイクの同回生であるたこ氏と深夜まで飲む。<br />何故か話の流れでたこ氏も参加することに・・・。不安要素が増えるばかり。<br /><br />馬鹿騒ぎした翌日。体調悪い体を引きずってたこ氏の実家へ。<br />たこ氏の実家で彼の装備を整え、車で水越峠へ。<br />※たこ氏の実家は金剛山の麓、母親は金剛山ハイカーなのだ!!<br /><br />金剛山登山口ではなく水越峠を選んだ理由は、①人がメインの登山口より少ないこと、②ダイヤモンドトレールの続きを歩けること、の2点。<br /><br /><br />水越峠に路駐をして歩き始めたのが11時10分。<br />雪のない道を20分ほど歩く。今日は天気も良く気温も比較的高い。<br />樹氷は期待出来ないな・・・。<br />だらだらフラットな道を歩く。<br /><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a95c1aaa.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932301" alt="フォト" border="0" /><br />まだ雪のない道。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9667bcb.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932296" alt="フォト" border="0" /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9717351.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932260" alt="フォト" border="0" /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a97b46af.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932254" alt="フォト" border="0" /><br /> 段々と雪が増えていく・・・。<br /><br />正午の10分前。<br />金剛山は積雪35センチ。道は踏み固められて所々滑る個所も出てきた。<br />そろそろアイゼンが必要かな?とか話していると都合よく小屋を発見する。<br />本音は2人ともつけてみたいだけだったりするが・・・(笑)<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a985a3ee.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932250" alt="フォト" border="0" /><br />小屋発見!<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a99166c6.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932224" alt="フォト" border="0" /><br />初!アイゼンデビュー。<br /><br />アイゼン着用に手こずるたこ氏。ちょっと笑う。<br />そこからの道のりは滑らず中々快適。テンション上がる。夏山の段差も冬になると雪に埋もれて坂になるんやなあ、とか思った。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a99b3c1d.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932220" alt="フォト" border="0" /><br />夏ならしんどい階段も楽!<br /><br />少し登ると一部開けた場所へ。奈良盆地が見渡せる。<br />畝傍山、香久山、耳成山の大和三山や、よく見ると大和高田バイパスやん!とか、工事中の京奈和自動車道とか・・・いらん物まで見渡せる。地元の風景にホッとする。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9a39451.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932182" alt="フォト" border="0" /><br />奈良盆地、大和三山が見渡せる。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9ad5853.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932160" alt="フォト" border="0" /><br />僕の後ろ姿(笑)<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9b7a357.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932155" alt="フォト" border="0" /><br />たこ氏。<br /><br />13時15分。ロープウェイからの道と合流すると一気に人が増える。<br />そりを持ったスニーカーの家族連れなど、成程お手軽に登れる山だなと思う。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9c2d8e6.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932146" alt="フォト" border="0" /><br />葛木神社の裏参道。人が多い。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9cc3052.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932119" alt="フォト" border="0" /><br />葛木神社。<br /><br />少し歩いて13時40分。金剛山山頂(1,125メートル)到着。<br />全然余裕。<br />山頂の広場でたこ氏の母親に頂いた昼食のおにぎりを有難く頂戴する。<br />そして食後の紅茶。温まる。<br />hana氏の前職であろう集団がいた。前回に二上山でも見かけたな・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9d68a38.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932112" alt="フォト" border="0" /><br />山頂到着!<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9e09f40.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932084" alt="フォト" border="0" /><br />ジェットボイルにて紅茶を沸かす。<br /><br />1時間ほど滞在して下山。<br />頂上はマイナス2度。暖かい飲み物が五臓六腑に染みわたる。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9e8aee0.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932064" alt="フォト" border="0" /><br />下山。<br /><br />16時になる10分前に水越峠へ下山。<br />東屋で魔法瓶に入った暖かいお茶を飲む。<br />アイゼン外すと楽やけど結構すべるな~。とか思う。<br /><br />そして下山後は温泉へ。<br />たこ氏の車で和歌山県かつらぎ町にある、野半の里・蔵の湯へ。<br />ここは酒蔵を活用したおススメのスパ。<br />たこ氏もよく行くらしい。5つの源泉から成る温泉。<br /><br />■ホームページより抜粋<br />野半の里に生まれた湯治場、天然温泉&quot;蔵乃湯&quot;は、五つの源泉井から湧き出るお湯を使い分けて、&quot;深さ&quot;と&quot;泉質&quot;の違う五種類の天然温泉をお楽しみいただけます。中でも第五源泉は、日本で一、二を争う高濃度な高張泉です。 <br />大浴場の老鶴館(おいづるかん)は、約200年前に創業した老鶴酒造から移築した和蔵(大正6年築)で、野趣に満ちた風情と情緒を漂わせ、風格ある佇まいから、人々の心の癒しを充分にご堪能していただけます。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4a9f38cd0.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_962932054" alt="フォト" border="0" /><br />蔵の湯外観。<br /><br />温泉後、富田林駅まで送ってもらい帰宅。<br />数年かけて、大峰山系に挑戦したいと思う。<br />ただネックなのは装備の購入かな~(笑)<br /><br />次回は関西のマッターホルンである高見山や、伊吹山に挑戦したい!<br />その前にダイヤモンドトレールの続きも歩かないとな。<br />マイペースにこつこつやっていきます。<br />
36

白崎海岸前泊ポタリング

年末年始にチャリツアーが出来なかったのが何気に残念だったので、和歌山県は白崎海岸に前泊ポタリングをしてきました。白崎海岸はその名の通り、石灰岩に囲まれた真っ白な岩場の海岸線で、第二次世界大戦時には人間魚雷の基地を作った「イワクツキ」な場所。※実際は人間魚雷を発射せず終戦を迎えたそうだが・・・。高校時代からの友人・マックスバリュー氏を誘い、終電で御坊市へ。和歌山から南に電車で1時間と少しだが和歌山市... 年末年始にチャリツアーが出来なかったのが何気に残念だったので、和歌山県は白崎海岸に前泊ポタリングをしてきました。<br />白崎海岸はその名の通り、石灰岩に囲まれた真っ白な岩場の海岸線で、第二次世界大戦時には人間魚雷の基地を作った「イワクツキ」な場所。<br />※実際は人間魚雷を発射せず終戦を迎えたそうだが・・・。<br /><br /><br /><br />高校時代からの友人・マックスバリュー氏を誘い、終電で御坊市へ。<br />和歌山から南に電車で1時間と少しだが和歌山市を越えると単線、30分に1本に・・・。御坊から先は1時間に1本に・・・。という田舎っぷり。<br />午前1時過ぎに到着して駅前のローソンで食購していると降り出す雨。天気予報は・・20%なのにと憂鬱になる。<br />雨でかつ真っ暗な深夜に野宿場所を探す男2名。御坊市の公共施設である青年勤労センターの軒下をお借りすることにした。<br />風は凄まじく強く、佐世保の悪夢が頭をよぎる・・・。寒かったがテントを張らず寝ることを決意。「マジで?」とマックス氏。マジです。<br />マックス氏のテント設営を手伝い、ジェットボイルで酒を温め、就寝。<br /><br />午前8時。目覚めると雨はあがり日がさしていた。<br />快晴ではないが文句ない天気。<br />寝袋はマイナス10度まで対応可能なので全くストレスなく眠れた。<br />テントいらんな・・・と少し強気になる。<br /><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa12fd8f.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_946470194" alt="フォト" border="0" /> <br />この寝袋があれば寒さなんて余裕っす!<br /><br /><br />9時になる15分前に出発。<br />相変わらず風は強い。天気予報によると風向きは北北西。モロ向かい風か・・・。<br /><br />国道を跨ぎ、県道で海沿いを走る。<br />向かい風が強すぎて、更に容赦ないアップダウン。ばてる。<br />紀州最西端日の岬は昔訪れたことがあるのでパス。あの時は就職活動が終わった後の白浜ツアーやった。もう何年経つのか・・・。<br />景色を見る余裕もなく向かい風と戦い、白崎海岸手前、ムロノキ鼻の近くの展望スペースで休憩。<br />風強く、壁に立てかけていたマックス氏の自転車が倒れる。それ程強い。<br /><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa1ccd1e.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_946470193" alt="フォト" border="0" /> <br />ムロノキ鼻の近くにて。右が僕の自転車。<br /><br /><br />休憩も程々に、と言いつつしっかり休む。<br />少し走ると道の駅白崎海岸。<br /><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa26b430.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_946470166" alt="フォト" border="0" /> <br />道の駅手前にて。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa313de1.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_946470133" alt="フォト" border="0" /> <br />道の駅。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa3c5808.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_946470103" alt="フォト" border="0" /> <br />遥か遠くに徳島が見えた。<br /><br /><br />道の駅到着が11時半。1時間半ほど滞在する。<br />昼食食べたり、道の駅の施設でコーヒー飲んだり、みかんアイスや、おでん食べたり・・・。おでんが美味しかった。寒かったから特にそう感じた。<br />道の駅にはキャンプ場や、スキューバーの基地、展望台や貝の展示コーナーなどがあった。和歌山は全国的にも貝の種類が豊富で江戸時代からの貝の名産地だったらしい。知らなかった・・・。展示室の貝の種類が豊富で、中には正直気持ち悪い貝殻もいっぱいあった。<br /><br />道の駅出発が13時。<br />醤油で有名な湯浅、みかんで有名な有田からは国道沿いに海南まで向かい風の中北上する。<br />海南では和歌山マリーナシティにある紀州黒潮温泉に入った!<br />個人的に、温泉メインの場合はレトロな雰囲気の公衆浴場や、泉質を愉しむ旅がいいけれど、自転車ポタかつシメの温泉の場合は綺麗なスパがいい!<br />落ち着くし休憩できるから。浴槽+脱衣所だけじゃゆっくり出来ないからね・・・。<br /><br />そしてラストスパート和歌山駅まで。<br />白崎海岸でスロパンに気づき、空気入れながら騙し騙し走っていたが、紀三井寺の駅近くからラスト5キロはスロパンも酷くなり2回空気を入れたりしつつ、ギリギリ和歌山駅に到着。18時半。<br />お腹も空いたし・・・とビールの誘惑に負けて居酒屋へ。<br />オッサンになったな・・・。<br /><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa45b0a9.jpg" class="photoThumbnail" id="photo_946470039" alt="フォト" border="0" /> <br />和歌山駅到着。<br /><br /><br />飲んだ後はパンクしたチューブと新しいチューブを交換し、20時半の電車で和歌山を出る。<br />久々の自転車の心地良い疲労と、程良い酔いで天王寺まで寝る。<br />マックスバリュー氏は天王寺で下車し、僕は大阪駅で輪行解除。<br /><br />やっぱり自転車は良い。<br />
  • Date : 2011-01-11 (Tue)
  • Category : 自転車
37

【12/29-1/3】九州北部18きっぷツアー(6日目)

3日朝に南港到着。肩に心地良い重量感ともお別れか・・と思うと寂しい。市営地下鉄や大阪環状線のアナウンスが九州のそれと違って不思議な感じがした。JR福島駅の改札を出ればいつもと同じ大阪で、自宅までの道程は足取り重く、マンションの鍵を開けたときの部屋の匂いで旅が終わったことを実感した。後片付け面倒臭い・・・・。今回の旅は急遽体調不良から自転車をパスしてバックパックに荷物背負っての電車旅行だったけど、頗... <a href='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa6ebc11.jpg'><img src='http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/blog_import_4e5d4aa5d7b55.jpg' /><br /><br />3日朝に南港到着。<br /><br />肩に心地良い重量感ともお別れか・・と思うと寂しい。<br />市営地下鉄や大阪環状線のアナウンスが九州のそれと違って不思議な感じがした。<br /><br />JR福島駅の改札を出ればいつもと同じ大阪で、自宅までの道程は足取り重く、マンションの鍵を開けたときの部屋の匂いで旅が終わったことを実感した。<br /><br />後片付け面倒臭い・・・・。<br /><br /><br />今回の旅は急遽体調不良から自転車をパスしてバックパックに荷物背負っての電車旅行だったけど、頗る充実したものだったと思う。<br /><br />自転車旅行で野宿場所を見つけるのは、今の僕には簡単なこと。でも、電車だと徒歩ということもあり「駅周辺」と限られてくる。<br />特に雨のとき・・街のど真ん中・・などはツラいときがある。<br /><br />大晦日の佐世保は、外国人だらけで(流石佐世保やな・・)騒ぎまくってるし繁華街で野宿するには少し勇気が要った。<br />でもそれより怖かったのが風だった。テント壊れるかと思ったし・・。<br /><br />自転車旅行なら道の駅や繁華街からちょっと離れた公園とかに行けばいいけど徒歩じゃあそういう訳にはいかないし。四国遍路のときにも思ったけど徒歩旅はまた自転車とは勝手が違う。<br /><br />だから新鮮で面白かった。<br /><br />例えば電車の中から見える風景をぼーっと眺め続けること。眠たくなったら寝ること。急ぐ旅でもないので乗換駅でわざと電車を遅らせてぶらぶらすること。<br /><br />自転車旅行後の輪行は旅の余韻やけど、電車がメインやとまた楽しみ方が違う。数年前も北海道を電車旅行したときもそんな気分やった様に思う。<br /><br />普段通過点に過ぎない場所、例えば佐賀市内などもふらっと降りてこんだけ楽しめる。自転車じゃあ気付かない旅が出来ることが素晴らしかった。<br /><br />そして、冬旅の魅力は計り知れないものがある。<br />夏旅は全てにおいて基本的には問題が無い。それは寒くないから。<br />寒ければ、濡れたら終わりやし、軒下無く野宿して万が一のことがあれば悲しいことになる。防寒もしっかりしないとあかん。<br />そんな状況で「どうしよ・・・」と思うことが多い。例えば今回の三間坂の駅。雨。真っ暗。道迷う。店無い。寒い。食料無い。。<br /><br />日常で夜に寝るとこが無くて不安になることなんて無いけど、冬旅中はたまにある。<br /><br />でも、そんな「どうしよ・・・」と思うことが自由なんだなと、旅の醍醐味を感じる。だから、僕はいつまでもきっとこのままでいるだろうと思う。<br /><br />おしまい。
  • Date : 2011-01-04 (Tue)
  • Category : 鉄道
38

【12/29-1/3】九州北部18きっぷツアー(5日目)

2011年1月2日6時半起き。良く寝た。雨は前日よりましになり取り敢えずひと安心。荷物を片付けつつジェットボイルで紅茶を沸かし魔法瓶に入れる。7時半に出発して駅で30分ほど電車待ち。駅員さんにお願いして携帯充電させてもらう。昨日も伊万里駅で駅員さんに充電させてもらった。有り難い。三間坂駅は韓流スターが過去に来た模様で写真やらポスターやら皿やらが飾ってあった。駅の旅ノートにも韓流ファンの来訪などのコメント有り... 2011年1月2日<br /><br />6時半起き。良く寝た。<br />雨は前日よりましになり取り敢えずひと安心。<br />荷物を片付けつつジェットボイルで紅茶を沸かし魔法瓶に入れる。<br /><br />7時半に出発して駅で30分ほど電車待ち。駅員さんにお願いして携帯充電させてもらう。昨日も伊万里駅で駅員さんに充電させてもらった。有り難い。<br />三間坂駅は韓流スターが過去に来た模様で写真やらポスターやら皿やらが飾ってあった。駅の旅ノートにも韓流ファンの来訪などのコメント有りで意外と巷で(主に主婦層)で有名な駅なのかな?とか勝手に思う。<br />電車に揺られ2駅で武雄温泉。昨日も来たが贅沢に朝から温泉に浸かる。<br />武雄温泉は嬉野温泉と並ぶ佐賀の二大温泉で、伊達政宗、宮本武蔵、シーボルト、吉田松陰らが入湯したらしい。<br /><br />温泉後、天気も晴れてきた。<br />20時のフェリーに予約を入れて鍋島氏・佐賀城へ。<br /><br />駅から2キロほどひた歩き、佐賀城址の中にある佐賀城本丸歴史館に立ち寄ってみる。<br />全国最大規模の本丸御殿木造復元物で320畳の大広間がある。<br />そして感銘を受ける。佐賀藩凄い!こんなに佐賀が歴史深いなんて思わなかった。<br />佐賀藩は元々、外交の拠点である長崎警備を任命され、非常に誇り高いものだった。<br />しかし、かさばる人件費で藩の財政悪化。拍車をかけるように9代藩主は贅沢の極みだったそう。<br />鍋島直正が10代藩主に成ったのは十代後半のこと。江戸から佐賀へ初めて向かう際、借金取りにあい、大名行列は立ち往生。自身の生活は全て『ツケ』であったことを知り、佐賀県の財政状況を嘆く。<br />そして佐賀藩主として抜本的な藩政改革をすることになる。<br />まずは『質素倹約』再建した本丸は全く高い素材は使わず、杉だったそう。さらには食事、衣類も藩主自ら率先して質素に勤めたとのこと。『地場産業活性化』伊万里焼や、特産物の米、蝋燭など地場産業にて収益を増やした。<br />最後に『教育』藩校である弘道館を拡大し、藩士の子供はどれだけ貧しくても全員全寮制の藩校に入れさせたとのこと。そして有能な側近を増やした。<br />長崎警備の任務は財政状況を悪化させるが、外国の文化や技術など最先端の情報を取り入れることが出来、日本発の洋式大砲や蒸気機関車などを佐賀藩が作りあげたとのこと。<br />かの有名な大隈重信も佐賀藩出身で、時代は蘭学だったがアメリカの学問を取り入れそこで合衆国憲法や三権分立を学んだからこそ、初の民主主義大臣と言われるのであろうと思った。<br />そして戊辰戦争の大砲も、技術も佐賀藩のもので幕府軍は西洋の最新技術にはかなうことなく、戦争に勝利し、佐賀藩のメンバーは重要なポストにつくようになっていく・・・。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022022.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022022.jpg" alt="P1022022.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022023.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022023.jpg" alt="P1022023.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022039.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022039.jpg" alt="P1022039.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />博物館や、ボランティアのひとに色々質問して教えてもらったり、充実した時間を過ごせた。<br />佐賀の乱(佐賀戦争)の諸説とかも・・・。<br />中々感慨深かった。今の日本は東京、名古屋、大阪が中心だけど、当時海外の情報最先端である長崎に近い、今でこそさほど存在感があるわけでない(すまん)佐賀が強くなった理由もわかる。<br />とにかくっ!土地の歴史は面白く考えさせられる。<br />後ろ髪引かれる思いで佐賀城を後にして佐賀市歴史民族館に向かうがやはり休館日。旧古賀銀行や、旧三省銀行の建物を見て回る。<br />古賀銀行て藩校・弘道館の古賀氏の子孫かなとか勝手に考える。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022045.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022045.jpg" alt="P1022045.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022047.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022047.jpg" alt="P1022047.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />そんな佐賀市内を後にし、吉野ヶ里公園へ。<br />広大な敷地に当時の建物や集落を再現してる非常に規模の大きなもの。<br />入園料400円で1時間半じゃあ半分もまわれなかった。。次回行く機会があれば火おこし体験とかもしたいな。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022048.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022048.jpg" alt="P1022048.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022057.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022057.jpg" alt="P1022057.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022062.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022062.jpg" alt="P1022062.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022066.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1022066.jpg" alt="P1022066.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />そして新門司へ。<br />いま大阪南港行きのフェリーに揺られてます。
  • Date : 2011-01-03 (Mon)
  • Category : 鉄道
39

【12/29-1/3】九州北部18きっぷツアー(4日目)

2011年1月1日5時半起き。新しいシュラフは最高に暖かい。でも風が吹き荒れ、外人が騒ぎまくる文化施設アルカスSASEBOの軒下は安眠出来る場所ではなかった。あけましておめでとうございます。テントが吹っ飛びそうで内心ヒヤヒヤしてました。ほんと無事で何より・・。やはり無理は駄目ですね。昨日治まっていた腹痛がぶり返し、トイレと友人になってました。チャリやったら終わってたなぁ・・。6:46佐世保発の松浦鉄道伊万里行きに... 2011年1月1日<br /><br />5時半起き。<br />新しいシュラフは最高に暖かい。<br />でも風が吹き荒れ、外人が騒ぎまくる文化施設アルカスSASEBOの軒下は安眠出来る場所ではなかった。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011930.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011930.jpg" alt="P1011930.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011931.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011931.jpg" alt="P1011931.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />あけましておめでとうございます。<br />テントが吹っ飛びそうで内心ヒヤヒヤしてました。<br />ほんと無事で何より・・。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011933.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011933.jpg" alt="P1011933.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />やはり無理は駄目ですね。昨日治まっていた腹痛がぶり返し、トイレと友人になってました。チャリやったら終わってたなぁ・・。<br />6:46佐世保発の松浦鉄道伊万里行きに揺られ、たびら平戸口からバスに乗り、平戸に着いたのが8時半。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011935.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011935.jpg" alt="P1011935.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />今回メインの平戸散策。オランダ商館跡や六角井戸、ザビエル記念教会、平戸城などを2時間半かけて探索。<br />寺院から教会が見える景色があって凄く雰囲気があった。<br />2年前にマックスバリュー氏と長崎ツアーをしたときから平戸に興味を持ってたから2年越しやね。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011950.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011950.jpg" alt="P1011950.jpg" border="0" width="412" height="550" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011959.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011959.jpg" alt="P1011959.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011970.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011970.jpg" alt="P1011970.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011976.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011976.jpg" alt="P1011976.jpg" border="0" width="412" height="550" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011979.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011979.jpg" alt="P1011979.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />平戸からバスで駅近くまで戻り、片道3キロ南下したところにある田平教会もレンガ造りで雰囲気があった。ただ往復6キロの田舎道を歩くのは病人にはキツかったが・・・。<br />今回はザビエル記念教会と田平教会だけやったけど、長崎には色んなところに教会がある。ただアクセス悪すぎるから断念せざるを得ないけど、いつか長崎の教会だけにフォーカスを絞ってツアーをしたい。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011987.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011987.jpg" alt="P1011987.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />14時前。再びたびら平戸口駅から松浦鉄道に揺られて伊万里へ。<br />過去伊万里は2回とも暗くなってからやったから明るいときにこれて良かった。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011995.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011995.jpg" alt="P1011995.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />橋の欄干にある伊万里焼、毎時00分に鳴る佐賀銀行のオルゴールと踊る人形、伊万里神社に独り初詣など伊万里をプチ楽しむ。<br />伊万里を歩き回った。でもやっぱり歴史博物館は開いてなかった・・・。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011996.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011996.jpg" alt="P1011996.jpg" border="0" width="412" height="550" /></a><br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011998.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1011998.jpg" alt="P1011998.jpg" border="0" width="412" height="550" /></a><br /><br />これからのスケジュールを決めてなかったので独りミーティング。<br />取り敢えず風呂に入りたいので武雄温泉に向かう。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1012008.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1012008.jpg" alt="P1012008.jpg" border="0" width="550" height="412" /></a><br /><br />有田からJRに乗換えて武雄温泉駅についたら雨。めっちゃ降ってる中、バックパックは駅に置いて軽装で温泉へ。<br />全然懐かしくないけど武雄温泉に入り2駅戻る。三間坂駅から真っ暗な道を雨の中迷い辿り着いたのが道の駅山内黒髪の里。<br /><br /><a href="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1012012.jpg" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-83.fc2.com/m/u/r/muroto27/P1012012.jpg" alt="P1012012.jpg" border="0" width="412" height="550" /></a><br /><br />α米で飯作ってもう寝る準備万端です。<br />多分明日帰ります。<br />
  • Date : 2011-01-01 (Sat)
  • Category : 鉄道
    Return to Pagetop