プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
374

【12/9】杖立温泉 探訪

朝から天気は芳しくなかったが、出かけることにした。佐賀関に向かう予定だったが、急遽秋月に変更して朝倉方面に向かっていると、雨混じりの雪が・・・。秋月城下町の探索は断念し、足を伸ばして熊本県阿蘇郡小国町にある杖立温泉へ。初雪。杖立の地名は、その名は、一説には、杖の助けを借りてやってきた人が、湯治により健康を取り戻し、帰る時には杖なしで済むという弘法大師の由来(それだけ効能があるということ)から名づけ... 朝から天気は芳しくなかったが、出かけることにした。<br />佐賀関に向かう予定だったが、急遽秋月に変更して朝倉方面に向かっていると、雨混じりの雪が・・・。<br /><br />秋月城下町の探索は断念し、足を伸ばして熊本県阿蘇郡小国町にある杖立温泉へ。初雪。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209210458a90.jpg"/><br /><br /><i>杖立の地名は、その名は、一説には、杖の助けを借りてやってきた人が、湯治により健康を取り戻し、帰る時には杖なしで済むという弘法大師の由来(それだけ効能があるということ)から名づけられたものとされる。</i><br />※Wikipediaより拝借<br /><br />かつては九州・福岡の奥座敷として栄えていたが、黒川温泉などの人気が上がり衰退傾向に。<br />旅館は20件ほどあり、路地も入り組んでおり雰囲気のある温泉街。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212092107520fb.jpg"/><br /><br />元湯など公衆浴場は空いておらず残念に思う。水だった・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209210849780.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212092109051f3.jpg"/><br /><br />観光案内所に教えてもらった旅館・泉屋の日帰り温泉に入る。<br />杖立は蒸し湯で有名とのこと。サウナみたいだった。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211058271.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211117fef.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212092111323ce.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_2012120921114990f.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211210bfe.jpg"/><br /><br />息子を見ながら交代で温泉に入ったあとは、妻息子と温泉街探索。趣があるいい温泉街だった。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211315cf5.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211331eb3.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211347cc9.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212092114006fc.jpg"/><br /><br />温泉街を出て帰路へ。日田の道の駅みたいな物産館で妻に焼酎を買ってもらう。日田の地酒と、日田天領水を使った焼酎。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211531966.jpg"/><br /><br />帰りは高速。iPhoneの地図アプリがナビになった・・・。スマホって凄いな。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121209211628e20.jpg"/><br /><br />明日から仕事、しんどいことばっかで嫌で仕方ないけど、三人で過ごした休日で充電完了!がんばるぞ!
373

【12/8】吉野ヶ里遺跡 探訪

土曜日は妻息子と吉野ヶ里遺跡へ。二年前の訪問から遺跡発掘が進んでいるのかなと期待しながら。福岡から背振を越えればすぐに吉野ヶ里遺跡。寒い中、歩く。風が無い住居のレプリカの中は暖かかった。集落を超え王の墓・北墳丘墓へ。北墳丘墓は日本でも珍しく、墳丘墓内を完全に発掘当時のまま残してある場所。劣化などの考慮もされ空調設備も完璧。二年前に発掘途中だった場所は、事業仕分けの影響で中止された模様。地図からも消... 土曜日は妻息子と吉野ヶ里遺跡へ。<br />二年前の訪問から遺跡発掘が進んでいるのかなと期待しながら。<br /><br />福岡から背振を越えればすぐに吉野ヶ里遺跡。<br /><br />寒い中、歩く。<br />風が無い住居のレプリカの中は暖かかった。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208232847966.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208232908dbe.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208232943f5a.jpg"/><br /><br />集落を超え王の墓・北墳丘墓へ。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208233057344.jpg"/><br /><br />北墳丘墓は日本でも珍しく、墳丘墓内を完全に発掘当時のまま残してある場所。<br />劣化などの考慮もされ空調設備も完璧。<br /><br />二年前に発掘途中だった場所は、事業仕分けの影響で中止された模様。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208233443f46.jpg"/><br /><br />地図からも消されていた・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208233513763.jpg"/><br /><br />二年前の冬にバックパックを背負って九州旅行をした。<br />その時は、まさか自分が二年後、嫁と息子がいて、この場所にきているなんて夢にも思わなかった。<br /><br />本当に感慨深い・・・。<br /><br />夜は祖父母の家に立ち寄って夕食を頂く。<br />我ながら爺婆孝行な孫だな。笑
372

【12/4】南薩探訪③(鹿児島交通編)

またもや仕事で知覧へ。今日は日帰り。今後知覧にくることは無さそうだな・・・。鹿児島中央からレンタカー。指宿スカイラインを川辺で降りる。そして・・・・・・・残念な出来事が起こってへこむ。テンションが底辺まで落ちる。。午前は南さつま市へ。昼休憩に加世田駅跡にある南薩鉄道記念館へ。南薩鉄道記念館はネットで調べるとどうやら閉館した模様。頼むと中に入らせてもらえるとか記載はあったが先ほどの衝撃の出来事でテン... またもや仕事で知覧へ。<br />今日は日帰り。今後知覧にくることは無さそうだな・・・。<br /><br />鹿児島中央からレンタカー。指宿スカイラインを川辺で降りる。そして・・・・・・・残念な出来事が起こってへこむ。テンションが底辺まで落ちる。。<br /><br />午前は南さつま市へ。<br />昼休憩に加世田駅跡にある南薩鉄道記念館へ。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212082254369bb.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212082254575b4.jpg"/><br /><br />南薩鉄道記念館はネットで調べるとどうやら閉館した模様。頼むと中に入らせてもらえるとか記載はあったが先ほどの衝撃の出来事でテンションが下がりきっており終了。<br /><br />鹿児島交通は昭和59年に廃線になった私鉄で、枕崎から加世田、吹上浜を経由して伊集院、薩摩半島の西側を結んでいた路線。<br /><br />枕崎線、知覧線、万世線の三線が薩摩半島の西側を走っていたという・・・現在では考えられない路線。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208230500c28.jpg"/><br />※Wikipediaより拝借<br /><br />午後は知覧で仕事。<br />その後、知覧駅跡へ。いまはバス停とドラッグストアがあるのみで、遺構なし。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208230806956.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212082308543a7.jpg"/><br /><br />川辺方面へ一駅分歩いてみることにする。知覧駅から少し、麓川に当時の橋梁跡を見つける。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208231322692.jpg"/><br /><br />そして道路脇の歩道へ。ここが路線跡なんだろうな、と思う。<br />そして城ヶ崎駅跡。そこには商店があった。遺構は見当たらない。<br />写真は両方知覧方面を向いた写真。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208231437ec1.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208231508a7a.jpg"/><br /><br />辿れば他の場所には遺構が多くあるのだと思うが、廃線跡探索は以上で終了。<br />帰りに知覧島津墓地へ。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212082318084d9.jpg"/><br /><br />夜は鹿児島で親会社の支店長とお勧めの焼酎バーで飲む。<br />毎年解禁2週間で品切れになるレア焼酎「熟柿(じゅくし)」を飲んだりしながら酒談義。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208232053cbe.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121208232114f08.jpg"/><br /><br />終電の新幹線で福岡へ。<br />南薩へ訪問する機会はなかなか無かったので色々回れて良かった。
  • Date : 2012-12-08 (Sat)
  • Category : 鉄道
371

【12/1】国鉄勝田線跡 探訪

安産の神様・宇美八幡宮では、石に自分の子供の名前と生年月日を書いて置いてある場所があり、無事生まれた誰かのその石を安産祈願に持ち帰るという文化がある。我々もそれに肖ったので、北アルプスで入手した石に息子の名前を書いて返しに行くことにした。本来はお宮参りの日だが行けなかったので本日に。由緒正しき宇美八幡宮への参拝を終えて、JR宇美駅へ。現在は香椎線が走るのみの終着駅のだが、かつては勝田線という国鉄が走... 安産の神様・宇美八幡宮では、石に自分の子供の名前と生年月日を書いて置いてある場所があり、無事生まれた誰かのその石を安産祈願に持ち帰るという文化がある。<br /><br />我々もそれに肖ったので、北アルプスで入手した石に息子の名前を書いて返しに行くことにした。<br />本来はお宮参りの日だが行けなかったので本日に。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202235939645.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000007806.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000026754.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000039e9a.jpg"/><br /><br />由緒正しき宇美八幡宮への参拝を終えて、JR宇美駅へ。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000143cbd.jpg"/><br /><br />現在は香椎線が走るのみの終着駅のだが、かつては勝田線という国鉄が走っていた模様。<br />ルートは、筑前勝田~宇美~志免~吉塚。博多の隣駅の吉塚と、福岡市の隣接自治体志免町を通っているのに廃線になるなんて考えられないなあ、とか思いながら、廃線跡の緑道を一駅分だけ妻と歩く。息子は僕の腕の中で夢の中。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212030005004e9.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_2012120300051471d.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000528753.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000555072.jpg"/><br /><br />そして下宇美駅跡へ。ここは宇美八幡宮の元最寄り駅。<br />左がホームの跡地。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121203000938660.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212030009586bd.jpg"/><br /><br />勝田線は資源運送と、参拝のために出来た鉄道。<br />宇美から太宰府まで直線距離で10キロほどやし、宇美から太宰府、鹿児島本線の二日市まで繋がなかったんだなあ、と。背景様々あるので素人目線ながら考えたりした。<br /><br />今度は吉塚から順に自転車で辿ってみたい、とか思う。
  • Date : 2012-12-03 (Mon)
  • Category : 鉄道
370

【11/29-30】南薩探訪②(2日目・知覧編)

2日目も朝から知覧へ。昼休みに知覧茶と知覧紅茶を飲んでみる。紅茶は普通だな。前回訪問したことがあるが、武家屋敷を歩く。何故知覧の地に武家屋敷が出来たのか疑問だったが、上記看板の時代背景で納得。薩摩藩は鹿児島に集中させず外城として各地に武力を分散した統治をしていた訳か。武家屋敷の跡は地元の酒屋で酒購入。駅で買うより安いな。。勿論、知覧の酒も購入。そして仕事の合間に知覧城へ。言い訳だが充電切れで電話営... 2日目も朝から知覧へ。<br />昼休みに知覧茶と知覧紅茶を飲んでみる。紅茶は普通だな。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212022243499da.jpg"/><br /><br />前回訪問したことがあるが、武家屋敷を歩く。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_2012120222445697c.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202224523749.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202224619ac8.jpg"/><br /><br />何故知覧の地に武家屋敷が出来たのか疑問だったが、上記看板の時代背景で納得。<br />薩摩藩は鹿児島に集中させず外城として各地に武力を分散した統治をしていた訳か。<br /><br />武家屋敷の跡は地元の酒屋で酒購入。<br />駅で買うより安いな。。<br />勿論、知覧の酒も購入。<br /><br />そして仕事の合間に知覧城へ。<br />言い訳だが充電切れで電話営業できず、かつ回るところも無くなったので、、、時間潰しに。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212022251242f8.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202225159896.jpg"/><br /><br />スーツのまま、誰もいない道を歩くと、本丸跡に到着。<br />辛うじて土塁跡だけ発見。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202225304927.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212022253291ec.jpg"/><br /><br />仕事を終えて帰路。<br />指宿スカイラインの展望台で車を停めて、少し歩く。<br /><br />錦江湾から桜島が、霞がかって綺麗に見えた。誰もいない場所。感動。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212022255142ef.jpg"/><br /><br />帰りの新幹線は我慢できずに酒を飲む。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212022258356e6.jpg"/><br /><br />来週火曜も知覧か、、
369

【11/29-30】南薩探訪①(1日目・枕崎編)

仕事で知覧へ行く機会があったので時間外に楽しんできました。11月29日は朝から南九州市、南さつま市を回り、知覧で仕事を終えたあと枕崎で一件。知覧はJR最南端の始発&終着駅。ここから北海道最北端まで目指す人も多いあい、ゴールにする人も多い駅。現在は無人の終着駅で、本数も一日6本ほど。鹿児島まで2時間40分もかかる模様。実は鹿児島までバスなら1時間半という・・・鉄道の意味が・・・。現在は終着駅の枕崎駅も、昔は鹿... 仕事で知覧へ行く機会があったので時間外に楽しんできました。<br /><br />11月29日は朝から南九州市、南さつま市を回り、知覧で仕事を終えたあと枕崎で一件。<br /><br />知覧はJR最南端の始発&終着駅。<br />ここから北海道最北端まで目指す人も多いあい、ゴールにする人も多い駅。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202221048e74.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202221120add.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202221218794.jpg"/><br /><br />現在は無人の終着駅で、本数も一日6本ほど。鹿児島まで2時間40分もかかる模様。実は鹿児島までバスなら1時間半という・・・鉄道の意味が・・・。<br /><br />現在は終着駅の枕崎駅も、昔は鹿児島交通が薩摩半島の逆側、加世田(現・南さつま市)を経由して鉄道が走っていた。<br />地元のおじいさんに聞くと、駅前のドラッグストアと、タイヨー(スーパー)があった場所に駅舎と線路があった模様。<br />逆側の伊集院駅には枕崎から加世田を経由した終点の伊集院駅には、いまもホームあとがあるのに・・・。<br />※下記写真は2012年8月訪問時の伊集院駅<br /> <br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202223322915.jpg"/><br /><br />観光案内所には当時の写真があったので参考になった。<br />そして枕崎駅は来年3月を目処に駅舎を立てるらしい!!何で!?<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202221458a3b.jpg"/><br /><br />枕崎はカツオの水揚げが全国有数規模なので、観光案内所で聞いてお勧めのお店へ。<br />「だいとく」で枕崎ぶえん鰹と、鹿籠豚のトンカツを食す。旨い。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202222208109.jpg"/><br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202222253450.jpg"/><br /><br />お店で白波の新酒が置いてあったので飲んでみたかったが車のため断念。<br />枕崎に本社をおく、白波で有名な薩摩酒造の酒蔵も、もちろん閉まっていたのだがダメもとでお店のひとに新酒の在り方を聞くと、地元の酒屋なら売ってるとのこと。<br />枕崎市内の地元の酒屋で黒白波の2012年新酒を入手!!<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_20121202222625253.jpg"/><br /><br />夜は親会社の鹿児島支店長お勧めのラーメンを紹介いただき軽く飲む。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/m/u/r/muroto27/fc2blog_201212022237585a5.jpg"/><br /><br />枕崎はずっと行きたかった場所なので、訪問できてすごく良かった。<br />街中を歩いている時の鰹節の匂いも、さすが枕崎なだけある。<br /><br />今度はゆっくり訪問したい。
    Return to Pagetop