プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
114

伊勢志摩ツアー(2日間)




北九州ツアー時に、同行者マックスバリュー氏が伊勢志摩に行ったことがないという発言から開催することになったこのツアー。初詣という大義名分の下、10・11日の土日で伊勢神宮参拝をすることにした。

金曜の仕事後、サッサと用意して上本町までダッシュ!!終電の高安行きに乗り込んでマックスバリュー邸で一泊。

■1日目

少し寝て6:47から近鉄電車を乗り継ぎ、賢島手前の鵜方に到着したのが10:00過ぎ。輪行解除&スーパーで食購を済ませて11:00前に出発する。

まず目指すは安乗崎!!
というわけで、約10キロの道のりを走る。まじ快晴!!天気良すぎ。

凄く海がきれいな浜を見つけたのでTうえ先輩流ラーメン作って昼ご飯にする。スーパーで買ったしめじと餅が旨い。

12:00に海を出て少し走ると安乗崎。珍しく四角い灯台が有名(?)で前々から来たかった場所。南にある大王崎とは違って灯台の周りは芝生が広がり的矢湾を一望できる。ただ・・灯台は風が強すぎて・・まじ飛ばされそ・・。
ロケーションは最高なので是非お勧めします。

無茶吹く風に怯えつつ、安乗崎を出発。続いて大王崎。
国道は通らず県道61号磯部大王線を南下する。
旅情感引き立てる道が続く。
琵琶湖畔の裏道を通っているような、地元の裏道を通っているような雰囲気。

今読んでいるのが、ランドナー紀行文で、日本文学と交えながら日本の風景をノスタルジックに綴りながら旅をする本。少し感化を受けて裏道や県道を走りたくなってたから今回このルートを選んだら個人的に大ヒットやった。

13:40。大王崎到着。
チャリで来るのは4年ぶり。あの時は2泊3日で志摩半島を一周した。南側はアップダウン多かったなあ。
2日目ラスト真っ暗な中、見上げれば上の方に見える明かりがまさか今から登るトンネルだなんて・・恐ろしい思い出。

大王崎は石畳の風情のある海辺の町。懐かしいような気持ちにさせてくれる。石畳の坂と白亜の灯台が創作意欲を掻き立てる為、絵描きが多いらしい。

そんな大王崎で暫しマッタリ。焼きウニ食べた。甘くて美味しかった。

マッタリしすぎてタイムアップ。御座も行きたかったけどおあずけになってしまった。鵜方まで戻ってパールロードを走る提案はマックスバリュー氏に却下される。まあ30キロ程アップダウンやしな・・。

大人しく国道167号で近鉄志摩線沿いに鳥羽に向かう。向かい風、アップダウン・・キツい。
途中コンビニの駐車場でコーヒー沸かして休憩。いいのか?という意見は無しで(笑)

鳥羽到着。寝床探した後、安楽島温泉まで若干アップして汗を流す。ジャスコで飯食う。酒買って本日の寝床・鳥羽市教育委員会軒下へ。
最高の場所や。
バーナーで酒温めて飲む。身体が暖まる。
22:30。就寝。
てか夜のガリバー公園はただのホラーやった。。

■2日目

7:00起床。耳が寒くて目が覚めたけどまあよく眠れた。お茶沸かせどおにぎり食べる。

8:00出発。難なく二見浦の夫婦岩まで走り、伊勢うどんを食す。少し太めの麺と黒い出汁がクセになる!!いつも伊勢に来たら食べる一品。逸品。

伊勢神宮内宮に到着したのが10:30。11日と言えど一月。めっちゃ混んでる中、列びながら参拝して門前町を再現したおかげ横町で食べ歩き。めっちゃ食うた。また伊勢うどん食うたし。

さっと5キロ程走って伊勢神宮外宮に着いたのが12:30。ここでタイムアップ。
参拝した後、松阪へ向かうマックスバリュー氏を見送って輪行する。

伊勢市駅はカード使えないのでご注意。イラっとした。
何とかお金も下ろせて輪行。

あー旅も終わったなぁ。あんま走ってないわ。
少しマックスバリュー氏が羨ましい。
今頃どのへん走ってるんやろう。
電車が松阪駅に到着したのでふとそう思った。
到着するので電車がスピードを落とす。松阪駅に入る。あっ、居るやんホームに。

何か既に独りモードやったので声をかけずに1時間。彼が降りる手前に顔だけでも出しときましょうか。

後は上本町から家まで走るだけかー。早いな。
スポンサーサイト
  • Date : 2009-01-11 (Sun)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop