プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
116

北九州ツアー(6日目)




【1月2日】
長崎県長崎市→熊本県熊本市

6時起床。7時の電車に乗るマックスバリュー氏を見送った後のんびり用意をしようとする。

が。余りにも寒くて動く気がせず。ミルクティーをバーナーで沸騰させて朝を満喫。寒い。

明るくなるまで待って、8時前に出発。

市電沿いを通り抜け坂を上る。長崎の街並みがきれいに見える。まさかこんな長崎がいいとこだなんて思ってなかった。

R34を島原方面に上ると事故か何かでバイパスが通行止めになってた。地面凍結してるし滑ったんなぁ。気をつけんと。

途中からR251に乗り換え東へ。右手に橘湾、左手に石垣の畑が広がる。

休憩もとりながら、景色も見ながら島原半島を走る。

諫早湾をぶったぎって繋いだ水門を見に行ったり、みずほ温泉に入ったり。対岸の佐賀を眺めながらラーメン作ったり。

雲仙がキレイに見える。

島原に到着したのが14時。かなりのんびり走った。

島原駅舎は島原城の大手門をモチーフにした駅舎で非常に特徴的。
でもまあよく見る感じやわ(笑)

島原城は隠れキリシタンや島原の歴史について展示してた。折角来るんやから隠れキリシタンについて詳しく知りたかったので非常に興味深かった。

他にも復興記念館にて雲仙普賢岳の凄惨さについて改めて知らされたり。

島原も非常にいいところやなあ。地元の歴史を知るってのはやっぱり興味深い。

観光地は武家屋敷、涅槃像、鯉が泳ぐまちに行ってみた。
武家屋敷はまぼろしの邪馬台国のロケ地らしい。まあ、城があれば武家屋敷はあるということで。

存分に島原観光をした後、17時半のフェリーで熊本に渡ること30分。

フェリーで知り合ったらいじんさんと熊本市街地で晩御飯を食べて別れる。おつきあい頂きありがとうございました!

夜は漫喫泊。昔ヤンマガでやってた赤燈えれじいを読んで力尽きる。

もう帰るだけかー。
本当は小倉まで輪行して新門司からフェリーで帰る予定だったけど、検索したら18切符一日で帰れることが判明。金使いまくってもう無いし、始発で帰るか。
スポンサーサイト
  • Date : 2009-01-03 (Sat)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop