旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
132

洞川・小南峠ポタリング

8/16 土曜

待ちに待った土曜日!!ということで
乗ってきましたグレートジャーニー。

今回は高校時代の友人・マックスバリュー氏(愛車PEUGEOT SAHARA)と吉野は天川村、洞川温泉まで走ってきました。

近鉄橿原神宮前駅に10:30待ち合わせ。
着信アリ。今起きたやと?
ふざけるなと言いつつ、下市まで輪行してきてもらうことにした。

下市まで走ること約45分。
芦原TNのアップをチャリで走るのは久しぶりや。
いい感じに体を慣らす。

近鉄下市口駅で待つこと・・・・。
12:30。マックスバリュー氏到着。
さっさと輪行解除して走り出す。

今回の目的地は、高校時代にママチャリで登った天川村洞川。
標高も1000m近くある、修験道・大峰山の玄関口である温泉街。
ようママチャで行ったなぁ・・・というのが感想。

山手に登り始める。
下市の商店街を抜ければもう山。
国道・広橋TN方面ではなく
県道経由で地蔵TNを抜け黒滝村の中心街へ。

実は奈良県。
電車で来れる最南端は奈良県の地図上の真ん中よりもさらに北なんです。
それ程、山深い。
黒滝村は地図上の真ん中、所謂奈良県のへそ。

つり橋のある森林公園で休憩の後、先を急ぐ。
国道と合流して登る。

トンネル2本。新笠木TN約2000m・新川合TN約3000mのトンネルが2本続く。抜ければそこは天川村。

ここは以前、東京の後輩8(今は名古屋)を車で連れて来たところ。
交差点には奇跡のコンビニ「モーソン」があったのだが・・・。
残念なことに、やはりまずかったのか店舗名が変わってました。
「MORIKURA HULAHULA」
モリクラフラフラ!!!
写真
写真

【参考】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=586758661&owner_id=3479790


コンビニで休憩した後、虻峠を登る。
ぐねぐねのヘアピンカーブが続く。

空を見上げると嫌な奴が・・・。そう黒いアイツ。
冷たい大量の唾をかけられそうになるが間一髪。
トンネルに駆け込む。

待つこと数分。
降られたマックスバリュー氏が追い付く。
写真

いきなりの雨やもんなあ・・・。

雨具を持たない我々。
選択肢は一つ。
ほな洞川向かうか。

走って洞川温泉到着。
名水ごろごろ水汲み場に到着したのが16時過ぎ。
マックスバリュー氏疲労。

水汲み場も整備されていて味気ない・・・。
写真
写真

洞川で出会った日本一周チャリダーと少し話して
県道48、所謂険道を登る。
いざ小南峠へ。

「幅員狭く対向困難 国道309をご利用ください」
そんな看板を抜け本格アップ。
木に囲まれた薄暗い森の中を往く。路面は荒れてる。
写真

勾配も結構なもの。
写真

ラスト登り切ると小南TN(標高1020m)
以前、にっサンと登ったことがあったが
やはり恐ろしさは変わっていない。
写真

中の見えない素掘りTN。
地面も荒れていて危ない。
写真

何とか抜けて下る。
かなりのカーブが続き精神的疲労が大きい。

黒滝村に抜けた時、かなりほっとした。
ああまじしんどかった。

ラストは地蔵TNの上にある峠を越えて下市まで下る。
下市でラーメン食って橿原で解散。

実家の大和高田に到着したのが20時過ぎ。

やっぱ吉野はいい!!
また走りにいこーぜ。マックスバリュー!!

【参考】
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

■奈良県道48号洞川下市線
奈良県吉野郡天川村を起点とし、吉野郡下市町を終点とする主要地方道。地蔵峠付近の区間は近年抜本的改良がされ地蔵トンネル(全長1252m)が開通している。洞川温泉へのアクセスルートにも関わらず黒滝村役場から小南峠を挟んだ洞川までの区間は離合困難及び不可能な完全1車線の狭路が続き険道の一つに挙げられる。
特に小南峠隧道は現役の素堀りのトンネルである。

■小南トンネル
奈良県道48号洞川下市線のトンネル。
奈良県吉野郡黒滝村と天川村の境目に位置し、岩がむきだしの素掘りのトンネルである。
高さ制限は2.3m。 トンネル北側は景色がよい。
小南峠はかつては(今でも?)交通の難所であり、峠を越えようとした者は苦しさのあまり身軽になるために食料の米さえも投げ捨てたそうな。「こみなみ」は「米投げ」が転化したという伝承がある。
スポンサーサイト
  • Date : 2008-08-17 (Sun)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop