旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
148

室戸岬・高知ツアー(1日目)




ツアーはじまり!

4/27(日)

4:40
徳島港着。

見慣れた風景・・・とかよりも寒い。
香港よ・・・風邪ひきそう。
風が強い。横風、追風、向風。阿南で注意報がでてるみたい・・・なんだそれ。

手っ取り早くR55を見つけて南下。

すき屋発見!!
朝飯にメガ牛丼を食す。
何々?牛肉が3倍。
濃い・・・。

更に南下。
阿南道路を経由するがまた走りやすい。
途中から本線との合流があり、ここからアップダウンが始まる。

日和佐まで一つ目のアップ・・・
難なくクリア。

9時半
道の駅日和佐にて足湯。
眠い・・・そろそろ暖かくなってきた。

10時発
牟岐11時前。
宍喰12時半。
軽いアップダウンを繰り返す。寝てないカラダにはもう・・・。

途中、道路で店出してるおばあちゃんにお接待を受ける。

小夏とオレンジたくさん!

そんな優しさが嬉しかった。しんどさなんて吹っ飛んだ・・・のは一瞬。

道の駅宍喰温泉前の砂浜で昼食。バーナーで炒めつけてみる。うまぃ。

疲れ過ぎたのでのんびり。
出発。13時半。

室戸岬までラスト50キロ。
確かこの辺からフラットだったような気がするがしばしアップダウン。

香港氏怒る。

だって・・・仕方ないやん。
日本の海沿いはどこもこんなもんやて・・・。

途中より道が拓ける。
左手に広がるのは太平洋。
大迫力で魅了する。

それも束の間。

飽きた・・・。

同じ景色が続くと飽きる。
それもまた仕方ない。

このルートは今回で3回目。以前、夜に走ったことがあるが、その時は街灯も無く、民家も無く、頼るのは月明りのみ・・・真黒に広がる海と見たこと無いくらいに輝く星が印象的だった。

室戸岬到着。
16時半。

何も無い
果ての風景。ここが好き。

独り立つ中岡慎太郎の像は、遠く桂浜の坂本龍馬を見据えている。

力強い。

香港を連れ、どうしても上りたかった室戸スカイラインは途中で断念。
残体力が足りなかった・・。

てかインパクト強過ぎ!!
あんな上り久々に見たわ。

その後温泉でまったりしつつ、一路道の駅キラメッセ室戸へ。

海洋深層水の温泉はまじしょっぱい(笑)お肌つるつるなった。マイミクつる先輩の自由飛輪にも書いてあった。

飽きる程の星を見てやろうと思ったが、日中と打って変わっての曇り。

カレー作って、お接待に頂いた小夏食べて就寝。

21:30。



室戸岬は思い出の場所。
ソロツアーを初期に行った中であんなに寂しい野宿場所はなかった。

当時僕は大学2回生。
春の寒さが身に堪え、メンタル面はだだ下がり。
薄暗くなってゆく岬。
強く吹く風。
何もない街。

荷物を置いても飛ぶテント。
先は真黒い海。

寒かった。
怖かった。
寂しかった。

ご飯を作ったらすることが無くなった。

・・・。
そんな思い出だからこそ僕にとっては大きな場所。
当時テントを張った側にまた張ってみる。

今はもう怖くない。
若干の寒さが身に堪えるだけ・・・。
スポンサーサイト
  • Date : 2008-04-28 (Mon)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop