プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
168

山陰ツアー(6日目)




9/13(木)
萩市→下関市

思えばずっと快晴だった。
他の地域は全部曇雨やのに。天候に恵まれた。奇跡に近いと思う。
これ以上は望まないから明日の博多ゴールまで雨は降らさんといてよ神様…。

4:30に起きるが、真っ暗だったので2度寝。5時に起きてまったり用意して6時に出発。目指すは角島!!
うん、いまのとこ天気はばっちりや。

■R191
昨日休ませたからか足の疲れを感じない。軽快に走る…っていっても峠道。長門市を越えたらだいぶんマシになったけど。
てか長門市越えたら下関市突入。おおお市町村合併恐るべし。
下関市の一番北側から中心まで60キロある(笑)

■角島
透き通る海と白い砂浜。
島に向かって掛かる角島大橋からの眺め、絶景。車よりチャリの方がええねんぞーって横目に思ってみる。
県道から外れて島の地道を走る。海が近い。
結局4時間近く居たなぁ。
景色は何とも言葉で言い表すと安っぽくなるんで、写真見て感じていただければ幸い☆

■川棚温泉
下関の奥座敷川棚温泉元湯に入る。疲れがとれるわー。毎日温泉とか贅沢三昧や。
1時間くらい滞在して出発。

■下関
到着したのは暗くなってから。唐戸市場の隣りにあるカモンワーフでうに丼を食す。
海の向こうに九州の夜景が見える。

■門司港レトロ
下関にチャリ置いて夜景の中門司にフェリーで渡る。
大正浪漫を偲ばせる洋館が立ち並ぶ。門司港駅も文化財や。夜は全体がライトアップされてて綺麗すぎる。
大学の時にきてもう一度来たかった場所。梅田空中庭園もみなとみらいも函館もいいけど門司港の夜景はまた違うな。好きな場所や。

■カモンワーフ
いま下関に戻ってきてます。寝る予定の場所まだあいてるし。無理矢理寝たいわ。


明日は博多。
今回のゴールです。
短かった。それだけ充実してた。だから楽しかった。
はじめは迷ってた。山陰の選択が間違ってなかったのか。
失礼な話やけど雨とかネガティブなイメージが多かったから。
でもそんなんぜーんぶ覆すくらい最高の旅。山陰。
見所満載ほぼ観光。快晴。

間違いじゃなかった。
山陰に感謝。恵まれた天気にも。
そしてガタきまくってる相棒、MESAgsx。お前とは随分いろんなところを走った。ほんとありがと。ラスト付き合ってくれよ!!
スポンサーサイト
  • Date : 2007-09-13 (Thu)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop