プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
188

信越・中部ツアー(5日目)




5/2(水)
富山県砺波市→岐阜県白川村


5時起床。羅刹の米待ちで7時出発。
今日は白川郷まで60キロやから余裕やんな~って走り始める。

【庄川峡】
雨で進まず。スノーシェッドが連続してたおかげで辛うじて進めたが。。トンネルで雨宿りしたりのんびりまったり。
思えば関西はシェッドがほぼない。さすが豪雪地帯なだけあるなー。

【たいら】
道の駅たいらに着いたのが10時半前後。砺波から1/3しかきとらへん。。雨宿りしながら飯を食う。この道の駅、なんかきいたことあるなあ。
たいらを出て走ると茅葺屋根の合掌造りを発見。国重文「村上家」拝観料300円で中に入れた。
色んな話きいて家の中をうろうろする。3階建てかー。
五箇山周辺の合掌集落は昔の流刑地やったらしく、罪の重い犯罪者向けの独房とかもあった。雪に埋もれた生活は確かに一般人にはきついかも。
何だか不思議な気持ちやった。

【菅沼合掌集落】
道なりに集落発見。整備されててきれいな合掌集落。秘境感は無し。
国道外れて県道を進むんやけどすごいね。所々にに合掌造りの家がある。スーパーで聞いてみるとどうやらまだ住んでるとのこと。僕らにとっては名所やけど住む人にとってはどうなんやろうなあ。

【白川郷】
道の駅についたのが15時。時間かかりすぎた!小雨の中、白川郷・荻町合掌集落を目指す。
人の量が結構あり、観光地化で整備されてる。でも小雨で山々にうっすら霞ががってきれいやった。一周して展望台・食購・温泉入って道の駅に戻ってきたのが19時前後。雨が無かったらもっとゆっくりできたのに。

道の駅白川郷は24時間休憩室が開いてたのでそこにテントを張る。寒い。カレー作って寝る。23時。

現在3日6:18
天気は晴れ。
白川郷に寄ってから高山に抜けて下呂に向かうか。
スポンサーサイト
  • Date : 2007-05-03 (Thu)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop