旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
2

奥穂高登山ツアー(4日目)

8月17日(水曜日)

槍ヶ岳は諦めていたのでぐっすり眠る。

信州ほどの山になれば遅くとも昼過ぎには山歩きは終了しないと午後からは天気
が崩れやすいので山ヤは皆早起き。
僕が起床した6時はもう出発者も多い。

午前だけでも天気が良ければ蝶ヶ岳に登ろうと思っていたが生憎の曇天。
諦めてババ平まで次回の偵察も兼ねて散歩することにする。

フォト

朝食を食べて、7時。テント等は昨日のようにデポしたまま軽装で槍ヶ岳方面へ。

フォト

槍沢の川沿いを歩く。
槍見河原から槍ヶ岳は見えず。
それでも機嫌良く歩く。

フォト

途中抜きつ抜かれつの兄さんは今日は殺生ヒュッテまで歩きテン泊とのことで不
安がってた。
悪天候の稜線付近では僕もテン泊は勘弁。ヒュッテに逃げ込むわな、とか思いな
がらも、悪天候でもテン泊をするひとがいることに安心する。

フォト フォト

赤沢のガレ場を越えると槍沢ロッジに到着。8時半。テン場は更に30分ほど登ったババ平。
昨日のうちに来てたらかなりバテてたやろなぁ、とか思う。
雨が本降りになる。

フォト フォト

夏のババ平は槍沢ロッジから水を引いているみたいで水場には困らないがトイレ
がかなりいかつい。女性にはオススメできないテン場やな。

フォト

ババ平でレインウェアを着て槍方面に少し歩く。あと2時間ほど歩いたら氷河公園
と天狗池だが萎えるほどの土砂降りなので止めた。

9時半。来た道を引き返す。
ガイドに先行されたご年配大パーティ。クソ雨のなか今日は槍小屋まで行くんか
な?大変やな、とか思ったり。

行動食頬張りながら横尾へ。
テントの中に潜り込んで昼食を作る。
昼食を終えた頃には雨も止んでいたので今のうちにテント撤収。

フォト

隣のテントの人も帰ってきたみたいで話をする。朝から蝶>常念のピストンをし
てきたみたい。しかもガスの中…。稜線沿いは風が強かったみたい。そらそうだ


そして槍方面から歩いてきたおっちゃんは日本海(親不知)から縦走を始めて今
日で15日目。いまから上高地の郵便局に局留めしてる食料を取りに行くみたい。
あと2週間山籠りするとのこと。凄いな…。

横尾の方々と別れて上高地に向かう。
徳沢でのんびり寝転がってみたり、明神でボランティアのおっちゃんに山の話聞かせてもらったり。

小梨平に15時半。久しぶりに電波が入る。
槍を諦めたTうえ先輩ご一行は西穂に登っていたそうだが小屋で天気が崩れて独標までは行かなかったらしい。

早々に上高地を脱出して先輩方と合流。
Tうえ先輩と、初対面である同僚のHN妖精さん。

松本から北上して、新潟との県境にある小谷温泉山田旅館へ。
久々の温泉で湯治をして、ビール飲んでお互いの山話。次回は槍ヶ岳だ!とか言いながら夜は耽る。

フォト

先輩方とはホントは槍ヶ岳で合流できたら面白かったけど・・・。
そんなうまくはいかんわな。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop