プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
210

ぶらり道南の旅(1日目)





1/6(土)

3連休、ごろごろ過ごすのは勿体ないと思った。いつものことやけど。
にっサンの土産話、Edoの北海道ツアー、まなぶの旅、マイミクたちの旅ミクシイに触発されて、5日の夜に切符を買った。『青森・函館フリー切符』新幹線での往復と、指定エリア内(青森三沢~北海道森)自由席乗り放題で28100円。安い。青森までの往復ですでに2640円元がとれるというシロモノ。

【出発】
前日、ユカ☆主催同期飲みがあって終電で帰る。旅のプランは行き当たりばったりでええけど旅準備はせならんなー。寝たら起きれそうにないので徹夜。

【キタへ】
はやて・スーパー白鳥と乗り継いで、函館へ。
浅虫温泉らへんで海の向こうに雪化粧の恐山が見えて感激したけど、このあたりは積もってる気配が皆無でへこむ。

【函館・ラッキーピエロ】
何回目やろ?函館は一回の旅で2回ずつ来てる。そんな場所。
積もってる気配はなく、しかも小雨。市電で十字街へ出てラッキーピエロで昼ご飯。函館に店舗がある有名(?)なハンバーガー屋。外装内装もモダンな感じでお洒落。ハンバーガーもクジラバーガーとか若干かわってる。
前にふとっちょバーガーたべた時は鐘鳴らしながら運んで来て、恥ずかしい思いした。

【立待岬】
谷地頭温泉のあるところから1キロ程歩いたところにある岬で、断崖絶壁が見れる。
風が強くて傘が意味を為さなかった。
岬からうっすらと下北半島が見えた。荒れてて迫力満点。市街から近くてこんな場所あるとはなー。

【函館本線】
15:30の特急でエリア北端の森まで乗って、18切符で森~長万部~小樽へ。

大沼公園でふと車窓を眺めると凍った湖とうっすら積もった雪。
長万部からニセコ方面進むとよくネットで見る雪の積もった北海道の駅舎風景。
見たかった景色やった。
黒松内・蘭越・ニセコ・倶知安・余市と懐かしい名前を過ぎて小樽に着いたのが21時前。

【小樽】
夜の小樽運河、オルゴール館のあるメルヘン交差点、手宮線廃線跡へ行く。
手宮線跡以外はチャリできた場所。てか雪で歩道すべる。北海道の方々はどのようにして歩いてるんやろ?

【札幌】
22時半小樽発で札幌へ。
着いたら雨やし、寝る場所探すのだるいし若干へこむ。でも開き直った。何故か。
すすきのでラーメン食って、漫喫へ。
雨は途中で雪混じりになってた。0時40分。


写真
・立待岬
・小樽運河
・すすきの
スポンサーサイト
  • Date : 2007-01-07 (Sun)
  • Category : 鉄道
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop