プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
221

ぶらりみちのく仙台の旅(2日目)




10/29(日)

電話したりネットしたりマンガ読んだりで結局3時半就寝。5時半頃漫喫を出る。

【仙台】
空が白んできてた。肌寒いを通り越して寒いんですが。
駅前を少しぶらついて6時。一ノ関行きの東北本線に乗り込んだ。

【日本三景松島】
6時半前に松島到着。残念ながら朝日は昇ってしまっていた。松島がキレイに見渡せる四大観のひとつである麗観を探しながら路地を探索。少し高台になってる麗観から松島を見る(写真)。朝日に照らされた島々はまさに麗観!
でも蝿が煩くて退却。
瑞巌寺まだ開いてなかったり、
五大堂でおばあちゃんに戦争話を聞いたり、
福浦島で東京農大生と知り合ったり、
漁港でボーッとしたり、
生牡蠣焼牡蠣食ったりして農大生と別れる。
旅は道連れ。こんな一期一会の出会いが面白くさせてくれる。

このあたりは何故か横穴が多いので地元の人に尋ねてみると、お坊さんが修行するための洞穴であるとのこと。
五大堂のおばあちゃんに勧められた雄島に行ってみると穴がそこらじゅうにあった(写真)。不思議な感覚に浸りながら、腰を下ろして海を見る。もう10時半か。あっという間や。松島、正直そんなキレイな場所じゃあないけど、すごくのんびりしてていいとこや。朝の静寂な雰囲気はもう無く、観光客の増えて来た松島をぼんやり眺めてた。

【塩釜】
11時仙石線松島海岸駅から仙台・あおば通行きのJRに乗り込んで10分。本塩釜へ。ここは3年前に2泊したことある場所やから懐かしくて寄ってみた。
本塩釜駅のジャスコで夜に座り込んでたら旅中のコイケとばったり出会ったり、
西塩釜駅で2泊野宿したり、
しかもオートが寝てる間にフロントバッグ盗まれたり、
ネカフェに行くタナカ・オートの後ろ姿見送りながら塩釜に放置された僕と後輩3人イチニチどうしようか悩んだり…。
そんな懐かしい塩釜を探訪。ジャスコの前に座り込んで、コイケが現れた場所見ながら思った。

3年か。
あの時は就職をして働くことなんか遠い先のことやと思ってた。
呑んで騒いで馬鹿やって。
旅して恋して部活して。
常任仲間に追いつきたくて。必死だった。

時が経つのは早いもんだとしみじみ思った。でも瞼の裏には今でも焼き付いてる。ジャスコの可愛い店員サン。当たり前やけどおらんかった。

【牛舌】
東北本線塩釜駅から電車に乗って仙台に戻る。懐かしの牛舌通りで食う。うん、牛舌。おわり。
13時の福島行きに乗りたかったけど駅前ぶらつきたいから13時半のにしてのんびり…も結局できず、仙台ロフト寄っただけで鈍行に乗り込んだ。

【電車】
寝たり本読んだり。
携帯いらったり。
ボーッとしたり。
郡山で30分時間あったから駅前探索したり。
1泊2日なんてあっちゅー間やな。
アテも無かったけど来てよかった。これで温泉でもあったらサイコーなんやけど、今回は残念ながら…。

18:37 宇都宮駅にて

写真
・【麗観】朝日に照らされている松島
・【雄島】修行した横穴とトンネル
・【西塩釜駅】3年前野宿した場所
スポンサーサイト
  • Date : 2006-10-29 (Sun)
  • Category : 鉄道
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop