旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
235

上高地キャンプ(1日目)




久し振りに山の景色が見たくなった。どこにいこうと地図を見て、何となく懐かしい松本近辺に行くことにした。

【輪行】
始発輪行をしようと酔っ払って帰って気付いたら8時半。まじへこみつつ速攻出発。特急輪行で新島々についたのが14時過ぎ。

【走行】
ちょっと走ると雨が…夕立?少し様子を見る。村の駅の店員や元チャリだーのおっさんと立ち話をする。
雨が上がってから新島々のコンビニまで戻ってから再出発。
途中、ガス缶が無いことに気付く。まじ?米炊かれへんやん。てかメシ食われへんやん…。
バス停で道聞いて商店教えてもらった。ここから先は無いらしい。
装備品整えて再出発や。
所々見覚えのある山の中。四年前の夏合宿のコース。

【釜トンネル】
かつてはあらゆる人々に混乱を招き、何人足りとも近寄らせなかった恐怖の一車線トンネル、釜トンネル。伝説として語り継がれる急勾配。

しかし、月日はたち、現在あるのは二車線のきれいなトンネル。ただひとつ、昔から変わらないだろうことは、恐怖のトンネル勾配、11%。
まじ笑えた。1300メートル。

【小梨平キャンプ場】
大正池や河童橋越えて小梨平キャンプ場へ。僕がキャンプ場て意外すか?
予定では、ご飯食べて、梓川で地ビール呑みながら星を見るっての。
実際は違った。
メシ作ってたら降り出すし、テント戻る時にラーメン全部ひっくり返してまうし、テント床上浸水せんかヒヤヒヤやし…。
テントで米食いながらボーッとしてた。梓川で呑むつもりで買った地ビール、雨音聞きながら呑んだ。
明日は晴れるかな。
寝転びながら思った。
たまにはこんなんもありかな。
いつの間にか寝てた。20:30。

写真
・新島々駅にて
・夕立
・薄暗い河童橋

走行距離43キロ
スポンサーサイト
  • Date : 2006-08-27 (Sun)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop