プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
26

大阪ええとこどりナイトポタリング

2010年3月16日

今週は震災対応の一環で営業自粛。
先日プレゼンが終了した僕は内勤が暇で暇で・・・。この会社に入社してこんなに暇な時期が来ることになるとは・・・。暇すぎて苦痛でもある。
そんな中のNO残業DAYなので即帰宅。内勤で体が腐ってしまいそうだったので大阪市街地をポタリングしてきました。

19時前に出発して、堂島川沿いに京阪中之島駅から淀屋橋に向かって走る。中之島のオフィス街が明るくて綺麗だった。
淀屋橋の大阪市役所の隣を抜けると大正七年の建造物。大阪市のシンボルである中央公会堂。赤煉瓦に青銅のドームの建物が非常に大正ロマン漂う趣がある。
然しながら節電か・・・ライトアップはされておらず残念。当たり前やけど。

フォト
大阪市中央公会堂

公会堂を越えて北浜方面へ。
難波橋の欄干にはライオンの像が・・・何でやろう・・・。
そして橋の前は大阪証券取引所と大阪経済を立て直した薩摩藩士・五代友厚の像。五代友厚って調べてみるとさすが大阪経済の立役者。初代大阪税関長、初代大証会頭、造幣局設立、大阪市大創設、大阪青銅会社(住友金属工業)、大阪商船(大阪三井商船)、大阪堺鉄道(南海鉄道)設立など様々な事業の設立、要職に就いていた。

フォト フォト
北浜周辺の景色

北浜から少し走り、松屋町筋を南下。コンビニでお弁当を購入して大阪城へ。
大阪城も流石にライトアップしておらず寂しい明るさの中大阪城を眺めつつ、大阪の副都心である京橋・OBPのビル群を眺めつつ夕食を食べる。

フォト フォト
大阪城と副都心OBP

大阪城を満喫した後は、外周沿いにJR森之宮へ。
森之宮から玉造筋を大阪環状線沿いに、玉造、鶴橋、桃谷、寺田町、天王寺と走る。天王寺はキタ、ミナミに次ぐ繁華街で現在大再開発中。高層ビルが計画されイメージも一新される・・・はず。そもそも天王寺は、釜ヶ崎あいりん地区も近く浮浪者のイメージしかない・・・昔あった茶臼山周辺の青空カラオケとかww
でも天王寺は小さいころからよく行った場所なので(ちなみに僕の本籍は天王寺区です。)色んな意味で上手いこといってほしいなと思う。大阪に帰ってくる時が楽しみだ。

フォト
JR天王寺駅

天王寺から茶臼山を越えて新世界へ。
想像通り通天閣はライトアップされておらず・・・。

フォト
串カツ食べたい!

通天閣から北上して堺筋と合流する場所に阪堺電鉄えびす町駅(大阪唯一の路面電車)があるが、駅構内は浮浪者だらけ・・みんな段ボールにくるまっている。完全に駅のホームやのに!大都会難波近隣なのにこのローカルさ。そして大阪ならではの治安の悪さ。

フォト フォト
阪堺えびす町

えびす町を越えて堺筋を北上。西の秋葉原である日本橋の電気屋街『でんでんタウン』を抜ける。

フォト
でんでんタウン

そして黒門を難波方面に向かうと見えてくるのは超有名『ホテルユニバース』そしてその向こうには・・・大学追いコン御用達。聖地『味園』。ちなみに父親が大学生のときも味園やったとか・・・。僕たちにとっては思い出の場所。

フォト フォト
ホテルユニバースと聖地・味園

千日前の商店街を抜けると南海なんば駅。昭和七年のルネサンス様式の大建築。戦前の難波がいかに栄えていたかが物語られる建物。もちろんリニューアルはしているが、大阪市内のど真ん中にはこのような歴史的建造物が多いと思う。

フォト
南海なんば駅

南海なんば駅から北上して道頓堀へ向かう。想像するに難くないが・・・。節電か・・・。仕方ないと思いながら写真を撮ってみる。僕は奈良県に住んでいたのでアクセスのいい難波が一番大阪では思い入れが強い。最後に難波で飲みたいな。

フォト
ライトアップの期待は無いグリコのネオン

道頓堀から千日前通りに戻り湊町方面へ。
JRは今でこそ難波駅であるが、僕が小さい頃はまだ湊町駅だった。本来旧国鉄が鉄道駅の中心となっているが、難波は近鉄でも阪神でも地下鉄でもなく南海が発展させた街と聞いたことがある。JR難波は日本初、頭文字に「JR」がついた駅。
ちなみにJR難波駅は難波の中心地から離れており、阪神桜川駅、地下鉄桜川駅、南海汐見橋駅の方が実は近かったりする。
そして難波からほど近いスーパーローカル汐見橋駅へ。

フォト
南海汐見橋駅

南海汐見橋駅は難波からそこまで遠くないのにこの上なくローカルな駅。
電車は30分に1本で、ターミナル駅の名残か、駅には昭和30年の案内図が残っている。その案内図にはまだ淡路島に鉄道が走っている路線図や、徳島小松島港へ鉄道が走っている路線が記されている・・・。
勿論いまは無き新和歌浦方面や加太から北島方面、今の和歌山駅がまだ東和歌山駅、紀和駅が和歌山駅の頃の表記がされていて感動する。
汐見橋駅と新大阪を結ぶ計画の鉄道路線であるなにわ筋線の開業時には地下化される予定だが・・・なにわ筋線が出来る時が来るのだろうか・・・?

フォト フォト
フォト フォト
感動の汐見橋駅

地図を堪能して駅を出る。
隣には最近出来た阪神なんば線の桜川駅。新旧の対照が素晴らしい!

フォト
阪神桜川駅と南海汐見橋駅

そして新なにわ筋を北上して21時半過ぎに帰宅。
久々のナイトポタは気持ちよかった。てか少し雪降ってた。
明日も仕事頑張れそう!
スポンサーサイト
  • Date : 2011-03-17 (Thu)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop