プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
322

【11/5-6】宮崎・鹿児島ドライブ(2日目)

2011年11月6日(日曜日)

6時頃に起床。
鹿児島を中心に展開する地場有力企業である岩崎グループの所有物であった佐多岬は現在は一般化している模様。
当時は真っ暗な中、有料のゲートを乗り越えて最南端の岬まで走った。
かなり暗くて怖かった記憶がある。

車で最終ゲートまで行くがまさかの閉門。
8時まで開かないらしい・・・。


PB060095.jpg
ゲートが立ちはだかる


仕方ないので集落を探索した後、大泊まで戻る。
釣りをしている人に話しかけると、ここは珍しく沖に出なくてもサバが釣れる場所らしい・・・。
探索していると僻地診療所があった。僻地か・・・。


PB060098.jpg
学生時代にテントを張らせてもらった小学校

PB060109.jpg
大泊のゲート


大泊で待機。探索したり、宿泊した駐車場で座り込んで朝ごはん食べたり。
この素敵な自由な時間が大好き。
そしてゲートが開く時間になり、最南端へ。
佐多岬ロードパークで大量の猿と猪見たぞ!!


PB060121.jpg
本土最南端

PB060128.jpg
前回は真っ暗だった景色


佐多岬を出た後は大隅半島を北上する。
鹿屋から都城へ走る途中にあった、旧国鉄志布志廃線あとの駅舎跡に寄ってみたり、温泉入ったりしながら都城へ。レンタカーを返して久々に回転寿司。


PB060133.jpg
ここを目指していた若い日々

PB060147.jpg
さらば都城!


都城からは宮崎まで在来線、そして九州東側を特急で帰る。
車旅行は自転車と違ってストイックではない点に不完全燃焼感は否めないが、飫肥や佐多岬など行ったことない(佐多は夜やし)場所の景色を見れて良かった。
スポンサーサイト
2

Comment

  1. はらしょ

    はらしょ

    2011-11-14 (Mon) 00:10

    佐多岬はいつ行っても最果て感がたまりませんよね。
    ひと気が皆無で正直昼間行っても少し怖いです。。。まぁそれがいいんですが(笑)
  2. どく鬼のこ

    どく鬼のこ

    2011-11-14 (Mon) 12:32

    コメントさんきゅー。
    昔は夜着、早朝発やったからわからんだけど、確かに日中も寂しい場所やな…。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop