プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
328

【12/31-1/3】日南ツアー(3日目)

2012年1月2日

5時15分起床。
寝袋の質が高く、マイナス10度まで耐えれるものなので難なく寝れた。
マックスバリュー氏は足が寒いらしく、サイドバックに足を突っ込んで寝ることを提案する。


0102-1 宮崎市役所
寝床


準備して近くのコンビニで食購、そして宮崎駅に向かう。駐輪所に自転車を止めて6時49分油津行きの日南線に乗り込む。朝焼けが綺麗。久々に見れたのでテンションあがる。ここから青島までは30分かからないくらい。


0102-2 志布志線
日南線油津行き

0102-3 朝焼け
朝焼け


青島は昨日、真っ暗な中スルーしたので朝から電車で戻ることにした。折角の宮崎観光スポットで関心があったので訪問。
JR青島駅から徒歩で10分程度。青島は島の周囲を鬼の洗濯板で取り巻かれている島。橋があるので徒歩で渡れる。マックスバリュー氏は今回で青島3回目らしい。すげーな。
青島神社で初詣。毎年、テントで年を越しているような気がする・・・。


0102-4 朝日 0102-5 青島へ

0102-6 青島へ/鳥居 0102-7 青島神社
青島


青島駅に戻り、8時32分の電車に乗ろうとするが勘違いして目の前で乗り遅れてしまう・・・。一時間駅で待機して9時39分の南宮崎行きに乗り爆睡。南宮崎で待ち時間があったのですき家で朝食をとって宮崎に戻る。
6時台の電車に乗って青島に行ったのに宮崎に戻ってきたのが11時だなんて・・・。

11時半に出発。ひたすらR10を北上する。
ひたすらひたすら北上する。風が強く、マックス氏は死んだ魚のような眼をしている。
エブリワン(コンビニ)を見つけては休憩を繰り返す。

都農は旧リニアモーターカーの実験場跡がある場所。営業のときに車窓から見たのでパスしたが、東都農駅は秘境駅ランキングに入っている駅だったので少し関心があったが、R10から近く、民家も多かったため秘境ムードはなくパスした。僕たちは疲れていた。

道の駅日向では唐揚が美味しそうだったが高かったためやめる。すぐ先に見つけたエブリワンでパンを買う。

延岡に到着したのが18時頃。
10年前に初めて九州へ自転車で来た大学一回生の3月に立ち寄った吉野家がまだあったので感激した。
A田と、延岡駅前で声をかけられた九州福祉大学?(延岡の大学)の自転車部の人といった場所。
駅員さんにお願いして延岡駅の駐輪所の二階にテントを張らせてもらったのが懐かしい。春合宿一斑の集合場所が延岡だった。僕とA田は関西から四国経由で延岡まで自走してきたので、皆と合流した時に感じた安心感は今でも覚えている。T中とO戸が装備品を郵送して合宿当日に郵便局に行ったり、当時サイク部として有得ないようなことをして不安に感じたことも良く覚えている。


0102-8 延岡突入
延岡市突入!

0102-9 10年前の吉野家
10年前に行った吉野家

延岡でヘルストピアというプールも併設している風呂に入り、ジョイフルで夕食。
米を食わず、単品(目玉焼きハンバーグ)&単品(サラダ)だったので満足感が低かった。

ラストは10キロほど走り、道の駅北川はゆまへ。星がこの三日間の中で一番きれいだった。ただ街灯も少なく真っ暗だった。今日はひたすら走っただけだった。でも延岡で懐かしい思いを出来たから良かった。


0102-10 道の駅にて
北川はゆまにて


テントを向かい合わせにして酒を飲む。日向木挽。うまい。

■走行距離:約100キロ
■観光:青島
■宿泊:道の駅北川はゆま
■温泉:ヘルストピア

3日目
スポンサーサイト
  • Date : 2012-01-08 (Sun)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop