旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
371

【12/1】国鉄勝田線跡 探訪

安産の神様・宇美八幡宮では、石に自分の子供の名前と生年月日を書いて置いてある場所があり、無事生まれた誰かのその石を安産祈願に持ち帰るという文化がある。

我々もそれに肖ったので、北アルプスで入手した石に息子の名前を書いて返しに行くことにした。
本来はお宮参りの日だが行けなかったので本日に。









由緒正しき宇美八幡宮への参拝を終えて、JR宇美駅へ。



現在は香椎線が走るのみの終着駅のだが、かつては勝田線という国鉄が走っていた模様。
ルートは、筑前勝田~宇美~志免~吉塚。博多の隣駅の吉塚と、福岡市の隣接自治体志免町を通っているのに廃線になるなんて考えられないなあ、とか思いながら、廃線跡の緑道を一駅分だけ妻と歩く。息子は僕の腕の中で夢の中。









そして下宇美駅跡へ。ここは宇美八幡宮の元最寄り駅。
左がホームの跡地。





勝田線は資源運送と、参拝のために出来た鉄道。
宇美から太宰府まで直線距離で10キロほどやし、宇美から太宰府、鹿児島本線の二日市まで繋がなかったんだなあ、と。背景様々あるので素人目線ながら考えたりした。

今度は吉塚から順に自転車で辿ってみたい、とか思う。
スポンサーサイト
  • Date : 2012-12-03 (Mon)
  • Category : 鉄道
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop