プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
406

【9/20-23】津軽線乗車から竜飛へ② (竜飛岬編)

竜飛岬へ行ってきました。

P9220200.jpg




5時半過ぎにカプセルホテルを出る。流石に薄着で野宿は寒い。
駅前の吉野家で牛丼を食べて青森駅へ。

P9220103.jpg

P9220100.jpg

P9220105.jpg

P9220108.jpg

6時18分蟹田行きの津軽線に乗り込む。
北海道に向かうために何度か乗車したことある蟹田までの路線。寝ないように車窓を眺めると北海道新幹線の路線が見えた。

P9220111.jpg

6時51分に蟹田駅で1日5往復の三厩行き7時8分発に乗り換える。
意外と乗車する人が多いが、よく見なくても解る。みんなカメラ抱えて時刻表を持ってる。

P9220117.jpg

P9220122.jpg

蟹田から三厩は、一番前を陣取って車窓を眺める。
かなり田舎を走るローカル路線。蟹田を出ると、津軽海峡線と分岐する中小国駅、大平駅。

P9220132.jpg

P9220131.jpg

津軽線・津軽二股駅は面白く、駅前に津軽海峡線・津軽今別駅が存在する。津軽二股駅はJR東日本で、津軽今別駅はJR北海道管轄だから同じ場所に二駅存在するのか?
津軽海峡線は、海を渡るため特急列車しか走っておらず、津軽今別駅は1日に1本しか電車が止まらないローカル駅。
因みに、北海道新幹線が開通するとこの場所に新幹線・奥津軽駅(仮称)が誕生する予定。

P9220134.jpg

P9220135.jpg

大川平駅、今別駅、津軽浜名駅を越えると少し海が見えて終点の三厩駅へ到着。7時49分。

P9220224.jpg

P9220141.jpg

P9220218.jpg

P9220153.jpg

駅前から1日3本ほどしかないバスに乗って津軽半島最北端の竜飛岬へ。
バスの関係上、2時間半ほど時間があるのでのんびり潰す。

P9220151.jpg

「津軽海峡・冬景色」の歌詞の中にも出てくる場所で、岬にはボタンがありそれを押すと大音量で音楽が流れる。旅愁漂う。そして岬から20キロで目の前に北海道が見える。

P9220200_201309291832351b0.jpg

P9220202.jpg

P9220197.jpg

P9220198.jpg

P9220168.jpg

P9220176.jpg

P9220178.jpg

竜飛岬には日本で唯一の有名な階段国道があるところ。
長い階段を下りてみた。

P9220181.jpg

P9220182.jpg

時間がまだまだあったので、青函トンネル記念館へ。
竜飛は青函トンネルの本州側の基地であり、時間的に行けなかったが当時の作業用トンネルまで下れるとのこと。
青函トンネルは世界一の海底トンネルで、記念館には当時の検討ルートや、作業の状況等が展示されていて面白かった。

P9220186.jpg

P9220188.jpg

P9220187.jpg

記念館を出てしばらくは岬で知り合った鉄道趣味の男や自転車乗りと話す。
久々に長い旅行がしたくなる。

そしてバスで三厩駅へ。
駅前の集落を探索するが何も無い・・。電車も絶対利用しないと思う。

P9220207_201309291903049e2.jpg

P9220208.jpg

P9220212_20130929190316eb1.jpg

時間が近づいてきたので、三厩駅に戻ると観光列車が止まっていた。
快速リゾートあすなろ竜飛。
JR九州が観光列車で成功した事例があるので、全国的に観光列車の投入が増えてきている。
東日本も、九州の事例を踏襲して五能線、津軽線、大湊線などローカル線に観光列車を投入している。

P9220231.jpg

岬で一緒だった鉄道男が「あの電車、普通列車の15分後に出発みたいです」と言ったので乗っていた普通電車を降りて車掌さんに詳細を聞きに行こうとすると、、ドアが閉まって普通列車が出発。しかも観光列車は45分後出発とのことで、計画が大幅に狂う。今日中に仙台まで行きたかったけど無理になった・・・。

旅にトラブルはつきものなので機嫌よく観光列車に乗り込む。
展望デッキで車窓を眺めたり、津軽民謡の三味線を聞いたり。
蟹田からはぐっすり寝る。

P9220246.jpg

そして青森へ。


スポンサーサイト
  • Date : 2013-09-29 (Sun)
  • Category : 鉄道
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop