プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
416

【2/11-12】伊勢志摩旅行(2日間)

2月14日は結婚2周年の記念日だが、平日でありかつ休みが取れなかったので、11日の祝日と振替休日をくっつけて旅行に行ってきました。
本当は日帰りでUSJ+食事、海遊館+食事あたりを考えていたのですが、行きついた結論は妻の「美味しいものを食べたい」、僕の「温泉に行きたい」をマッチングさせると旅行になったのでした。

P2110014.jpg




往路

10日月曜日は和歌山で接待だったので、11日の朝グランヴィア和歌山で目覚める。
前日飲み過ぎたが全部戻したため酔いは残っていない。

帰宅は12時半頃。妻とあーでもないこーでもないと結婚記念日プランを立てていると行き着いた先が旅行だったので、すぐさま楽天で予約して旅行準備をする。
楽しそうな両親の雰囲気を感じ取ったのか、息子はかなり嬉しそうに走り回ってた。

14時過ぎに出発!名神、京滋バイパス、新名神、伊勢道で鳥羽へ。
旅館は鳥羽市の志摩側にある相差町の「天然温泉と漁師の宿 浜栄」
施設自体は少し年季の入った趣のある旅館であるが、食事の量が多く別部屋であり周りに気を使わなくなくて良く、温泉も家族風呂があるので家族で楽しめました。

P2110010.jpg

P2110011.jpg

P2110014.jpg

P2110018.jpg

P2110022.jpg

ビールや地酒を飲みながら、伊勢エビやサザエ、アワビ、牡蠣、鯛、ヒラメなど海鮮を楽しんだ後は温泉へ。

P2110028.jpg

息子を寝かしつけたあとは、妻とビールを飲みながら日付変わるまでのんびり話す。
てか凄く寒い。




復路

朝から伊勢エビのお吸い物を食べて旅館を出る。朝風呂も気持ち良かった。
パールロードの牡蠣小屋へ。

P2120053.jpg

P2120058.jpg

P2120059.jpg

生牡蠣を二人で7つ食べて、鳥羽展望台で暴風の中楽しそうな息子。
大王埼や安乗崎を周って伊勢神宮へ行く予定だったが、もっと牡蠣が食べたい!
とのことで予定変更。別の牡蠣小屋へ。

P2120067.jpg

P2120068.jpg

P2120070.jpg

たらふく牡蠣を食べた後は、伊勢から宮川寄りにある円座町へ。
昔、Tうえ先輩に連れてきてもらったことがある場所。
姫路城が大好きな人が、土地を購入して19年の歳月、材料費1,800万円を掛けて作られた姫路城のレプリカ。
これは圧巻!!口頭で説明した時に全く興味を示さなかった妻も驚いておりました。

P2120078.jpg

P2120074.jpg

P2120076_20140212182135ee8.jpg

P2120081.jpg

姫路城を堪能した後は、地道で奈良方面へ山を越える。

P2120091.jpg

宿場町の奥津は昔自転車で来たことのある場所。
JR名松線の伊勢奥津駅があるが、2009年の台風の影響でまだ復旧活動は進んでおらず、家城駅まで代替バスが走っていた。現役だったころが懐かしい。

----------

名松線とは

雲出川の渓流沿いを走るローカル線で、名張と松阪を結ぶ計画であったことから、両都市の頭文字をとって名松線と名付けられた。現在、終点の伊勢奥津駅から名張駅前行きの三重交通の路線バスが運行されているが、早朝の1便のみであるため松阪から名張への移動に名松線を利用することは困難である。営業収入は約4000万円、営業費用(維持管理費)は約8億円となっている。

赤字83線として廃止勧告対象となり、特定地方交通線第2次廃止対象線区にも選ばれていたが、岩泉線とともに代替道路未整備を理由に廃止対象から除外された。現在は伊勢八知まで三重県道15号久居美杉線の道路整備が済んでおり、伊勢八知 - 伊勢奥津間も未改良ながら津市コミュニティバスが運行されている。

2009年10月8日の台風18号の被害により、家城駅 - 伊勢奥津駅間がバスによる代行運転となっている。

Wikipediaより抜粋

----------


P2120093.jpg

P2120098.jpg

P2120099.jpg

P2120104.jpg

P2120107.jpg

その後は、奈良の桜井まで国道を走り、高田バイパス経由で南阪奈、近畿道は飛ばして夕方帰路に着く。

2014年入って、新宮3泊4日、東京、白浜、和歌山と泊まりの仕事が多かったけど、やはり家族で旅行に行くのが一番楽しいなと改めて思いました。
次回はどこにいこうかな!!
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop