プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
423

【5/3】高知ドライブ

本当はキャンプに行く予定だったが諸事情により行くことが出来なくなったので日帰りで高知にカツオを食べに出かけてきました。数年ぶりに高知県に足を踏み入れるので当日が待ち遠しくて仕方がなかった。

P5030079.jpg

ルート

前日に用意は完了していたので朝は6時45分ごろ出発!!
池田から阪高、名神、GWの渋滞。一時間以内に到着するはずの明石海峡に到着したのが11時。。。
恐るべしGW。関西を出るのにここまで時間がかかるとは・・・。予定より大幅に時間がかかり徳島に到着した頃には疲れ果てていた。。

P5030002.jpg

15時に高知駅到着。鉄道大好きの息子のため(といいつつ僕が好き。)ホームに上がり列車を見る。
ディーゼル一両編成のJRと土佐くろしお鉄道奈半利行きが見れた。
興奮する息子(と僕。)

P5030075.jpg

P5030014.jpg

そしてはりまや橋方面に歩いて向かおうと思ったが何やら発見する息子。

P5030035.jpg

高知市街には路面電車が走っており、雰囲気があるので乗ってみることにした。
意外と喜んだのは妻。確かに福岡には走っていないもんね。

P5030042.jpg

P5030037.jpg

ちなみに、高知県内は路面電車以外のJR、土佐くろしお鉄道は電化されていない(=ディーゼル、気動車)ので「電車」は路面電車のみという。まあ徳島県内も電化されていないから電車は走っていないけど。

3駅ではりまや橋に到着。札幌時計台や長崎オランダ橋と並ぶ日本三大がっかり名所。
以前来たときは地下にも広場があることは知らなかった。

P5030044.jpg

P5030053.jpg

P5030056.jpg

高知市街の繁華街を抜けひろめ市場へ。何年振りやろ。

P5030060.jpg

P5030068.jpg

P5030069.jpg

GWなので人が多くお目当ての店も探せない状況。
美味しそうな魚を買って食べる。
生ガツオの塩たたき、カツオのトロ、ビンチョウマグロのトロ、サバ寿司のトロなど。
運転じゃなかったらビール飲みたかった(笑)
そして新鮮で美味しい!生ガツオの塩たたきが肉厚で美味しかった。
妻の嬉しそうな顔が見れて良かった。

P5030072.jpg

P5030074.jpg

P5030071.jpg

太平洋の美味を堪能した後は桂浜へ。
高知行って桂浜行かんとか何しにいったん?と言われかねないので(笑)

桂浜の坂本龍馬像、室戸岬の中岡慎太郎像、足摺岬の中浜万次郎像。
今回は桂浜なので龍馬像のみ。

P5030079_20140504181840d82.jpg

夕暮れの海はまた違った雰囲気でキレイだった。

P5030084.jpg

海へ向かって走る息子を捕まえて一緒に足だけ海に浸かったら大泣きされた(笑)
波が怖かったんやね。

P5030092.jpg

P5030088.jpg

P5030097.jpg

19時高知出発。帰りは国道沿いに大歩危小歩危を越える。
真っ暗だから星が凄く綺麗だった。

池田からは吉野川沿いの国道を走って徳島まで。

人生二回目の自転車ソロツアーをしたのが今治(しまなみ)~池田~大歩危~高知~室戸岬~徳島~奈良というルートで、吉野川PAで猫にツナ缶狙われたことや、池田の朝、3月寒くて小雨振る中コンビニで肉まん食べながらそのまま奈良へ帰るか高知へ向かうか迷ったこと、朝方の大歩危薄暗くてあんまりわからなかったこと、道の駅南国で4合コッヘルに昨晩炊いておいた米を食べていたら変な目で見られたこと、道の駅夜須で太平洋見て感激したこと、どうしても行ってみたかった室戸岬で鯨食べたこと。

当時のことを思い出しながら運転していると疲れも感じず楽しかった。
そして何度か走った池田・徳島間の吉野川沿いの国道は所々道も覚えていて真っ暗だけど嬉しかった。

徳島からは淡路島経由で高速を飛ばして日付変わった1時に帰宅。
ほんまに疲れた。熱いお風呂が気持ち良かった。

高知はまた行きたいな。久々に室戸岬も。四万十川も。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop