旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
427

【回想録】2003年春 四国・九州(春合宿)

当時の記憶を回想録として記載します。

2003年春プレツアー/四国→九州
2003年春合宿/九州
2003年春ツアー/九州→四国


[2002年3月11日~3月16日]

春合宿第一班の班長だったので自分の好きなようにルートを考えた。
高千穂、阿蘇、由布院、別府。線で引くといいルートになった。

合宿


7日目(3/11)宮崎県 延岡→宮崎県 高千穂

晴れ。朝起きると田中が居ない。
田中は前日の夜風呂から帰るとみんな寝ていたのでテントに入れず外で寝ていたらしい。

IMG_20140506003518aae.jpg

延岡から神話街道を走り高千穂まで。
当時はまだ高千穂鉄道が廃線になっていなかったのでそれを横目に気持ちいい景色を走る。
東洋一のアーチ橋である青雲橋で昼食。

IMG_0001_20140506003517e8b.jpg

夜は高千穂の正念寺に泊めてもらう。
酒を誘われるが合宿のためお断りする。人生初の五右衛門風呂。


8日目(3/12)宮崎県 高千穂→熊本県 阿蘇

快晴。県境である高森峠の旧道を走る。
高千穂には行ったが観光はしないまま通っただけ。合宿だから。
そして当時の僕の辞書に観光という文字は小さく載っていた程度なので通っただけで満足していた。

IMG_0002_201405060035306c6.jpg

IMG_0003_201405060035308d2.jpg

高森峠を越えて阿蘇の外輪山の内側へ。箱石峠から阿蘇への下りの景色が黄金色で感動した。

本日は阿蘇の光林寺に宿泊。


9日目(3/13)熊本県 阿蘇

朝から極楽寺に移動。荷物を置かせてもらって阿蘇山へ。
阿蘇山の山頂でおみくじを引く。火口はガスが多いため規制がかかって行けなかった。

IMG_0004_20140506003918123.jpg

IMG_0006_201405060039535b7.jpg

阿蘇の景色は感動だった。立野方面に下ってコスモスロードを走る。


10日目(3/14)熊本県 阿蘇→大分県 湯平

やまなみハイウェイの日。景色が変わらず期待外れだった。
昼食に米とシーチキン缶4缶出したら怒られた。

IMG_0007_20140506003942a43.jpg

一日中同じ景色を走って湯平へ下る。
湯平は山の中にポツンとある集落で非常に雰囲気の良い場所。
好きになった。(その後、何回も訪れることになる)

教法寺から石畳の道を下って公衆浴場へ。お湯が熱くて気持ちいい。

旧湯平村はかつて由布院より湯治客が多かったらしく、合併の時に湯平の湯をとって湯布院町にしたのが「湯布院」の起こり。現在は由布市になっているため、「湯布院」は存在しなくなった。(温泉は由布院温泉、駅名も由布院のため)


11日目(3/15)大分県 湯平→大分県 国東(安岐)

天気は下り坂。由布院、別府はスルー。
由布岳がキレイに見えるはずの日田往還や狭霧台は霧で何も見えず。
霧の中、日田往還から少し見えた景色が印象深い。別府への下りは濃霧過ぎて10メートル先が見えないほど。

別府の上人ヶ浜公園で昼食。浮浪者がいた。

IMG_0008_20140506003942242.jpg

微妙な天気の中、田中のブレーキが壊れ、山崎先輩のスポークが折れた。
夜は荒田特製スタ丼。合宿で油ものという前代未聞の料理を作る。
そして僕は味噌汁に残ったパン粉を全部ぶち込んだものを翌日用に作り鬼のように怒られた。


12日目(3/16)大分県 国東(安岐)→大分県 国東(国見)

朝の味噌汁は大不評で10年以上経過したいまでも言われるくらい(笑)

本日は終日雨だが特に問題なくベースである国東半島国見YHに到着。
他の2班と合流して打ち上げ。

IMG_0009_20140506004621aa3.jpg

田中が服を大量に持ってきて荷物を減らすため合宿中にシャツを捨てたり、A瀬先輩が血尿出したり、田中が下りでえらいスピードでこけたり、先輩方が風呂の有無で喧嘩したり、ブレーキ壊れたりスポーク折れたり、ゲロ味噌汁作ったり、、、

景色も良く天候にも比較的恵まれた合宿だったなと思う。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop