旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
429

【回想録】2003年春 四国・九州(復路ツアー)

当時の記憶を回想録として記載します。

2003年春プレツアー/四国→九州
2003年春合宿/九州
2003年春ツアー/九州→四国


[2002年3月17日~3月20日]

復路は荒田と四国の南側を走って帰る予定だったが、合宿解散後にソロで大阪まで帰ると旅立っていった松本、村井、高木の後ろ姿を見送って自分も負けてられないと思った。
だから予定を変更して荒田と四国で別れることにした。

復路1

復路2

復路3


13日目(3/17)大分県 国東→大分県 別府

ベースで荷物を郵送したり、洗濯したりと旅準備をしていた。
松本、村井、高木はそれぞれテントも持たずに旅立った。

荒田、堀井、治久丸と僕の4人で別府に向かって走る。
別府の市街地が海越しに見えてくる。淡路島から見た明石みたいに別府の市街地の夜景がキレイ。

先輩方が上人ヶ浜でテン泊しているとのことだったので合流する。
夜は久留米ラーメンを食べるが、当時は美味しいとは感じなかった。

湯冷めするのが嫌だったので別府温泉は翌日にして就寝。
荒田が買った大阿蘇牛乳。美味しかった。


14日目(3/18)大分県 別府→愛媛県 瀬戸

先輩方が出発するのをテントの中で聞いていた。何か体が動かなかった。
そして考えていた。出遅れたと思っていた。松本たちはソロでツアーしているのに、と。

IMG_0010_20140506085924e16.jpg

九州を西回りに走る治久丸を見送る。
荒田、堀井と別府温泉へ向かう。が・・・・。
まさかの休み。三日後に開催される別府温泉祭りのためどこも清掃とのこと。
運が悪い。悪すぎる。別府まで行ってスーパー銭湯亀の湯に入った。

IMG_20140506085706b6c.jpg

別府から大分抜けて佐賀関へ。
フェリーで三崎まで。

IMG_0001_20140506015559470.jpg

IMG_0002_20140506085745deb.jpg

到着したころには真っ暗。細長い半島を真っ暗な中走る。佐田岬メロディーライン。
アップダウンきつくて、左右が海。尾根のため風が強かった。
月の光が反射して神秘的に輝く海。でもこんな真っ暗ななか輝く海は恐怖でしかなかった。

道の駅瀬戸町農業公園。
真っ暗な中どでかい風車がライトアップされて大迫力。

ベンチのある場所が風除けになっていたのでそこでテントを張る。
トイレは階段上がらないといけなかったので不便だった。


15日目(3/19)愛媛県 瀬戸→愛媛県 松山

晴れ。風除けのおかげで安心して眠れた。

八幡浜の分岐で荒田と別れる。ソロで旅立つ姿は格好良かった。
ここからは行きに通った道。逆向きに走ると違う風に見える。伊予市で行きに寄ったダイソーにいく。明日はソロなのでラジオを買う。

松山向かうときにあった極楽ラーメン魔王に堀井が興味津々なので寄ってみた。美味しい!
前職の松山センターの近くやね。もう一度食べに行きたい。

道後温泉へ。疲れた体に熱いお湯で気持ち良かった。
ちょうどその時にお祭りがあり、パレードを見たり、商店街ぶらついたりと道後を堪能して寝床を温泉の隣にある道後公園にした。

寝つけず起きていたら23時にテントを揺らされた。
国定公園だからテント張ったら駄目とのこと。仕方ないので夜の松山を彷徨い、清水町公民館の裏で野宿。

堀井「俺はこのままでいい」

寝袋もかぶらず、マットも敷かずにコンクリの上に座って寝るとのこと。
すげーぜ!堀井!

寝る前に携帯をチェックする。
荒田「めっちゃ寂しい」
高木「今気温は3度らしいです。今日は寝る場所がありません」


16日目(3/20)愛媛県 松山→奈良県 大和高田

4時起床。堀井は寝袋を被って寝ていた。
夜中に自転車を漁る音が聞こえたが堀井だったのかと安心する。

朝食は冷え切った食パンに冷え切ったレトルトカレーを乗せて食べた。
胃が痛くなった。

堀井と別れて朝の松山。さわやかな気分。
徳島まで190キロほど。夜に到着するのならフェリー乗り場で寝て翌日は室戸岬にでも行こうかなと思ったり。

桜三里を越えて西条、川之江。境目トンネルを越えて池田から吉野川沿いに走る。
向かい風に立ちこぎで挑戦。少しでも空腹を感じたらコンビニで肉を1000円分補給。

IMG_0005_201405060858370db.jpg

IMG_0006_20140506085842395.jpg

IMG_0007_20140506085920708.jpg

徳島市街に到着したのが15時頃。あれ?奈良まで帰れる?
フェリーで18時に和歌山港到着。先輩から今伊予三島におるねんけどどこ?と電話あり。

和歌山市街で迷って、晩御飯食べて20時出発。
ラスト80キロほどの道のり。高校生の時からママチャリで往復していた道。

24時に実家に到着。
270キロ走り終えた僕。荒田からの返信は「猿やな・・・」だった。


結局、ソロツアーにならず走り切ってしまった。
でも、荷物積んだ自転車で270キロも走れることは自信にも繋がった。
次回こそはソロツアーしてやる!と心に誓った春。19歳。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop