プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
433

【回想録】2003年秋 淡路島ツアー

当時の記憶を回想録として記載します。


地図




当時、部活で常任委員という役をしており、常任委員会で半年かけて構想した秋季親睦会が雨で流れたので結構凹み、そして次に思いついたのがツアーだった。
当初、ソロツアーのつもりだったが、部活のMTGで募集すると数名集まったので「常任杯」という名目で淡路島に行くことにした。
参加者は、小池、松本、林、後輩の石田、と自分の5名。


1日目(10/17) 大阪府 東大阪→兵庫県 淡路島(道の駅あわじ)

17日金曜日の夜、いつも行っていた「たこ秀」でとり丼ごはんマヨネギ大を食べて、23時にクラブセンターを出発。

東大阪から松本を先頭に大阪駅前の曽根崎へ。「じゃん勝ちで喜んで」コースリーダーをすることになった。
曽根崎~西宮を林、西宮~明石を僕が担当。夜中の二号線をひたすら西へ。いいペースで走った記憶がある。
神戸辺りで松本がもう寝たいと言っていた。

IMG_20140524174109137.jpg

明石のたこフェリー乗り場に到着したのが3時40分。出航が3時55分。
そういえばたこフェリーももう無くなったなあ。

フェリー内は暖かく、眠たかった。
林のテンションがおかしくなり、京大の女の子の話をずっとしていたと手元の日記には書いてある(笑)

淡路島に到着した感想は「さむい」だったみたい。
1キロちょっと走って道の駅あわじへ。淡路島から見た明石の景色が綺麗だった。

夏に新潟で買ったテントのボールから「バキッ」という音がした。
亀裂が入った。かなり凹んだ。布テープで補強。5時半。就寝。


2日目(10/18)兵庫県 淡路島(道の駅あわじ→南あわじ 福良港)

予定より早く、10時起床。ご飯を買って11時出発。
淡路島を時計回りに南下。南国チックな木の道を下りながら、淡路島に来たな、という感じがした。

IMG_0002_20140524174117694.jpg

IMG_0001_20140524174114880.jpg

海沿いの道を南下し、洲本から国道28号線をそれて海沿いの県道76号線に入る。
南淡路水仙ラインという名称がついており、交通量少なく海沿いの気持ちいい道。所々アップがあったが若かった僕は苦にはなっていなかった模様。
夕日がすごくキレイだった。

IMG_0003_20140524174115d5e.jpg

淡路島の南端に到着したころには暗くなっており、二手に分かれて寝床を探す。
公衆便所があった福良港でテン泊。

「じゃん勝ちで喜んで」米を研いだり、小池、林、僕でお酒を探してうろうろしたり。


3日目(10/19)兵庫県 淡路島(福良港)→奈良県 大和高田市

5時前に起床。テントから出て、銀マットを外に敷いて空を眺めると流れ星が見えた。
初めて流れ星を見た。それも一つだけじゃなかった。

IMG_0004_20140524173925410.jpg

みんな起床したので朝食を作る。食事ももちろん「じゃん勝ちで喜んで」

IMG_0006mm.jpg

IMG_0005_20140524173931e3f.jpg

出発してからは、2班に分けて道の駅あわじへ向かう。淡路島の西側を林と北上。
所々で後続班を待って休憩したり。

IMG_0007_201405241739308ba.jpg

道の駅あわじに到着して、朝に炊いておいたご飯を食べる。そして解散!!
大阪まで林と走って、帰宅。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop