旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
44

ダイヤモンドトレール縦走①(二上山~水越峠)




ダイヤモンドトレールとは?

1970年に大阪府によって整備された自然歩道で、屯鶴峯を起点として、二上山、大和葛城山、金剛山、岩湧山、槇尾山まで、大阪・奈良・和歌山の県境に位置する金剛山地を縦走するルート。


----------


奈良で育ち、大学を卒業して社会人になるまで毎日のように見ていた金剛山地の尾根沿い。ダイヤモンドトレールって名前を知ったのも数年前。いつか歩いてみたいなぁと思っていたので行ってきました!


11月27日(土曜日)

前日夜にジャガイモ野郎の転職祝いで二人で家飲み。
朝起きたら眠さが半端無くやめようかと思ったが空の青。これは行かないとと思い切りました。

10時30分。近鉄二上山駅。
ダイヤモンドトレールの起点は屯鶴峰だがアクセスが悪いので二上山駅からスタート。

ほんまに幼稚園の頃から毎日の様に当たり前にそこにあった二上山。初登山。

雄岳(517m)は展望良くなかったけど雌岳(474m)は奈良盆地も大阪も見渡せて気持ちよかった。紅葉も綺麗やし。

二上山雄岳・雌岳から竹内峠に降りる。ここで奈良と大阪を繋ぐ車道と合流。チャリでよう登ったな~と感慨深い。

竹内峠から平石峠、岩橋山を経て葛城山へ向かう縦走路は二上山と打って変わって人もおらず、尾根沿いだが低山のため鬱蒼と茂った杉の中を歩く。薄暗い。

平石峠と岩橋山の中間で昼食。ジェットボイルで湯を沸かしてカップうどんを食す。

光が届かない中を歩くのはすこぶる寂しいけど、いつも見ていた尾根沿いを歩いてると思ったら感慨深い。

岩橋山は展望がなくスルーする。

山頂、峠、山頂、峠の繰り返しでキツい。そして整備された階段が多い。

15時。葛城山(959.2m)到着。
すすき広がる開けた高原で気持ちいい。コーヒー飲みながらゆっくりして、ロープウェイで下るには少し時間が早いので水越峠まで歩いて下る。

水越峠16時。
予定通り歩ききれてよかった。

水越峠は大学一回生の夏合宿の体慣らしにR大マックスバリュー氏と登った標高500m程の峠。

あの時は夕方で薄暗い峠ってイメージやったけど、ダイヤモンドトレールの方が薄暗かったなあ。

妹に車で峠まで迎えに来て貰い、かもきみの湯で温泉に入って帰宅。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop