プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
455

【9/20-23】福岡帰省①

里帰り出産のため、妻子を連れて福岡に帰省してきました。

妻子と三ヶ月ほど離れ離れになるのは初めてやから寂しいけど、その間はアウトドアに勤しもうと思う。笑

車での帰省を考えていたが、体調のことを考えてフェリーで帰ることにした。
20日土曜日の19時50分発名門大洋フェリー。実に二年振り。

一等和室、車、人で三万と少し。
結構するけど車で帰省して途中で宿泊したりする方かかかるね、というこで。





理解できるようになって初のフェリー。
息子は甲板で怖い怖い言ってました。真っ暗でモーターの音もうるさかったもんね。



朝8時半に新門司到着で、海鮮食べに下関にある唐戸市場に向かう。新鮮で美味しい。





そして門司港に戻って九州鉄道記念館へ。電車電車と喜ぶ息子。
プラレールで遊んだり、ジオラマで喜んだり、遊園地にあるみたいな電車に乗ってみたり、昔の車両に乗り込んだり。SL見て喜んでおりました。笑





九州鉄道記念館の建物は鹿児島本線の前身である旧九州鉄道の本社社屋だったらしい。門司港レトロの名に相応しく趣のある建物。てか九州鉄道記念館来るの何回目だろ。



記念館に豊後森(路線的には恵良)から肥後小国を結ぶ宮原線を走っていた車両がある。
廃線跡にいったなぁ、と妻と九州生活が懐かしくなる。





記念館を出て福岡の実家に帰る前に門司港駅に寄ってみるがまだ工事中だった。
門司港駅は好きな駅舎だからあのままの姿で残して欲しいと思う。



九州道、都市高で妻の実家へ。
「福岡は建物が低い」と言う妻。前回の帰省でも言ってたな。笑

抜群に住みやすい街だと思う。
またここに住みたい。

スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop