プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
457

【9/27】徳山ダムポタリング

妻子が出産のため福岡に帰ったので、高校時代からの友人松村氏と走ってきました。
目的地は日本最大級の規模を誇る、岐阜県の徳山ダム。
快晴景色も良く交通量も少ないいいポタリングとなりました。

P9270097.jpg




8時前に家を出て、最寄りのJR千里丘駅まで自転車で15分。
さっさと輪行をして電車に乗り込んだ。
この時までは、近江八幡~米原~関ヶ原~養老~湯の山温泉のルートで走ろうと考えていたが電車の中で地図を見てルート変更をした。日本最大級のダム・徳山ダムへ行こう。

京都から新快速に乗り込んだ松村氏と山科で車内合流。
ルート変更を説明。

湖北・木之本駅に到着して輪行解除。
コンビニ寄ったりして11時出発。
快晴。期待に胸ふくらませる。

P9270007.jpg

国道303号線に入り、そこからはずーっとなだらかな登りと、心洗われるような綺麗な景色。
快晴で緑と青が凄く綺麗。

3000m級の八草トンネルには心折れそうになったけど(笑)

P9270019.jpg

P9270026.jpg

P9270029.jpg

P9270035.jpg

P9270039.jpg

道の駅 夜叉ヶ池の里さかうちでダチョウハンバーグを食す。
絶妙な触感。以前ダチョウの刺身を食べたことがあるが、そんな美味しいものではない。

P9270046.jpg

道の駅を過ぎて少し下る。

P9270053.jpg

そして揖斐への分岐で徳山ダム方向へ。
なだらかなアップダウンが続く。
途中、城が・・・。調べてみると町営のプラネタリウムらしい。ふーん。

P9270065.jpg

山が綺麗。

P9270067.jpg

15時。徳山ダム到着。ゆっくりしすぎた。

P9270070.jpg

そして凄い高度感。津風呂湖とは一味違う・・・。

P9270080.jpg

P9270075.jpg

4つの項目で全国のダムのランキングをつけていたが、すべてのランキングの上位に入る。

P9270083.jpg

P9270084.jpg

P9270086.jpg

P9270098.jpg

ダムを造るのに集落が沈んでしまう例は多々あるが、徳山ダムは村ごと沈んでしまったダム。
自分の故郷が沈んでしまうって寂しいやろな。

堤高161m・総貯水容量6億6,000万m3は日本最大規模であり多目的ダムとしては日本最大、全ての日本のダムにおいても最大級の規模を誇る。水害常襲地帯である揖斐川の治水および東海3県の水がめとして建設された。ダム建設に伴い徳山村全村が水没し、その後はダムの必要性について全国的な論争が起きるなど話題も多いダムである。ダムによって形成された人造湖は、旧徳山村村民からの意見により旧村名から徳山湖(とくやまこ)と命名された。(Wikipediaより抜粋)

しばらくのんびりした後は揖斐まで下り。
揖斐川渓谷はよく判らないまま過ぎ去ってしまった。

P9270102.jpg

そして、揖斐の市街地へ。
高校時代、電車好きの友人と近鉄の株主優待券で来たことがある場所。いまは養老鉄道になっているが。
当時の近鉄揖斐駅から名鉄本揖斐駅(廃止)まで歩いたなあ、とか名古屋まで行って近鉄でまた帰ってきたなあ、とか。
感慨深い。
橋を渡った記憶があった。ここかな。

P9270111.jpg

養老鉄道はサイクルトレインが走っているみたいで、輪行せずに電車に自転車を乗せれるらしい。
乗ってみようか迷ったが、走りたかったので先に向かう。

P9270116.jpg

大垣手前10キロで関ヶ原へ行く分岐。
松村と相談してまだ走ろうと。
コンビニで夜ご飯を食べる。

P9270119.jpg

ナイトラン久しぶり。夕暮れから夜の景色をぼけーっと見ながら過ごすのも久しぶり。
ツアーっぽいなーとか思いながら。

P9270123.jpg

真っ暗な夜道を走って20時過ぎに米原へ。
心地よい疲労。

P9270130.jpg

輪行して、電車待ちながら駅のホームで缶チューハイ片手に。
あーまた行きたい。長いこと旅がしたい。
星空綺麗だった。

輪行して千里丘。11時半には帰宅。
そういえば今回は温泉に入ってないな。。

無題

走行距離120キロ
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop