旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
475

【12/23】大峰前衛・観音峰登山

妻子のいない最後の休日。
ひっさびさに山へ行ってきました。雪山は2年振り。
天気に恵まれ良い山行となりました。

天川は南朝の歴史が残る場所で、観音峰は登山道に沿って歴史を記したレリーフがある。
建武の新制から南朝の歴史は結構好きなので毎度ながら関心の深い場所。

観音峯登山口からコース沿いに南朝と天川村との関わりを示したレリーフが整備されており、頂上直下の観音の岩屋は、北朝方の襲来のおり南朝の皇族が一時避難された場所とされています。 (天川村HPより抜粋)



PC230141.jpg

無題




前日、会社の先輩と飲みに行き起床したのが7時半。完全な寝坊。
用意して8時40分の電車で奈良の実家まで。車を借りて実家を出発したのが10時。
12月は結構な寒波がきていたので登山口までの雪の状況が不安だったが、特に問題無く天川村・観音峰登山口に到着したのが11時半。
用意をして11時45分に出発。

PC230003.jpg

出発が遅いため人もおらず静かに登る。なかなかの急登で疲れる。

PC230016.jpg

観音平の東屋に到着したのが12時15分。いいペース。

PC230020.jpg

もうひと踏ん張りで観音峰展望台到着。12時半。
展望台は曇っていて展望開けず。15分ほど粘るが変わる気配がないため先に進む。

PC230029.jpg

PC230031.jpg

展望台からは尾根沿いのため雪も増えて満足。展望台から見えるピークを越えた次のピークが観音峰。
雪山の雰囲気が出てきて嬉しい。
そして晴れ間。霧氷も。

PC230085.jpg

PC230093.jpg

PC230101.jpg

13時15分。観音峰。
先客の男性と少し話す。このまま尾根沿いを歩き法力峠に抜けるらしい。

PC230094.jpg

ジェットボイルでお湯を沸かしてラーメンを作る。

PC230104.jpg

天気も良くなってきたので展望台まで下る。
アイゼンの感触が心地よい。そして静か。

PC230111.jpg

PC230116.jpg

展望台まで下ると見事青空。
山上辻から稲村、大日、弥山方面まで。独り占めの景色。
観音峰は手軽に登れて大峰の山々を見渡せる絶景の場所。

PC230141_20141225013351f25.jpg

PC230147.jpg

PC230151.jpg

PC230149.jpg

後ろ髪ひかれる思いで下山。観音平からアイゼン外して下山したらすべって転んだ。
15時に無事下山。
日没まで余裕で時間があったので洞川温泉へ。

日本百名山の一つである大峯山・山上ヶ岳の登山口で、標高約820m余りの高地に位置する冷涼な山里である。大峯山は女人禁制の修験の山であり、門前町として夏期には山上ヶ岳の蔵王堂をめざす修験者や参詣者で非常に賑わう。反面、冬季は厳しい寒さに閉ざされる。(Wikipedia抜粋)



PC230157.jpg

汗を流して実家へ。
山自体は昨年の六甲山、雪山は2年前の観音峰が最後だった。
体力も落ちたもんだなと、ガクガクくる足を見ながら思った。

妻と息子・娘との生活が1月からスタートするのでしばらくアウトドアは出来ない可能性が高いけど、将来大きくなった子どもとアウトドア出来ることを想像すると今から楽しみだ!
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop