旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
488

【3/28】明日香村ハイキング

家族で奈良県明日香村へハイキングに出かけてきました。
小学生のころから家族や友人と自転車やハイキングによく訪れた場所。
何年経っても明日香は変わらないな、と思いました。

P3280106.jpg




吹田の自宅から高速に乗って橿原神宮の駐車場に車を停める。
橿原神宮は初代天皇である神武天皇陵があり、敷地内に万葉集にも詠まれている大和三山の畝傍山がある。
用意して11時半出発。

P3280047.jpg

橿原神宮前駅から暫くは住宅街だが段々と長閑な景色に。
それにしても暑い。
蘇我稲目(馬子の父)が開基した日本最古の寺である豊浦寺跡(現・向原寺)を経て明日香・甘樫丘に到着したのが12時半。

P3280066.jpg

P3280060.jpg

妻の手作りおにぎりを食べて、暫し休憩。
日陰は寒い。

そして甘樫丘へ。

P3280077.jpg

P3280081.jpg

P3280079.jpg

P3280080.jpg

甘樫丘は蘇我蝦夷・入鹿の邸宅跡とも言われており、展望台からは藤原京や大和三山が見渡せる。
小学生のころクワガタを探しに来ていた場所。(笑)

下山して、川原寺跡方面へ。

P3280094.jpg

シャツを脱いで肌着で駆け出す息子。暑いもんね。
娘は妻におぶってもらい機嫌が良い。

石舞台古墳に到着したのが14時。

P3280095.jpg

レジャーシートを敷いてのんびりする予定だった広場はイベントをしていた。
アイスクリーム休憩をして石舞台古墳に入る。

P3280106.jpg

石舞台古墳は蘇我馬子の墓ではないかと言われている場所。
古墳の内部はひんやりしており、息子がトンネルトンネルと大はしゃぎ。

P3280127.jpg

石舞台から近鉄飛鳥駅へ向かう。

P3280129.jpg

早く水遊びしたい、と息子。夏になったらね。

P3280130.jpg

途中、橘寺を経由する。
橘寺は聖徳太子誕生の地と言われている。近くにある中学校は聖徳中学校。
やはり明日香は歴史が深い。

亀石で休憩。

P3280132.jpg

亀石はいつ、何の目的で作られたかは今でも不明である。

言い伝えによれば、奈良盆地一帯が湖であった頃、対岸の当麻(たいま)のヘビと川原のナマズの争いの結果、当麻に水を吸い取られ、川原あたりは干上がってしまい、湖の亀はみんな死んでしまった。亀を哀れに思った村人たちは、「亀石」を造って亀の供養をしたという。
亀石は、以前は北を向き、次に東を向いたと言う。そして、今は南西を向いているが、西に向き、当麻のほうを睨みつけると、奈良盆地は一円泥の海と化す、と伝えられている。(Wikipediaより抜粋)



P3280138.jpg

P3280139.jpg

そして鬼の雪隠・俎。元々は古墳の石室で、それが石室と底石に分かれたもの。

言い伝えによると、霧ヶ峰と呼ばれるこの地方に鬼が棲んでおり、通行人を騙してとらえ食べたと云われている。「俎」で調理し、「雪隠」で用を足したという。(Wikipediaより抜粋)



P3280142.jpg

鬼の雪隠・俎から少し歩いて近鉄飛鳥駅へ。距離11キロ。よく歩いた。
そして明日香は少し歩くだけでも改めて歴史深い場所だなと感じた。

飛鳥駅から2駅で橿原神宮前駅。電車好きな息子と駅のホームでさくらライナーを待つ。
大喜びの息子。

家族で体動かすのは楽しいなと思う。次回はどこに行きましょうか奥様!
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop