旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
495

【5/22-23】大台ケ原前泊ハイキング

5月は仕事に追われて追われて・・・・でひと段落ついた振替休日の金曜日。
来週からまた忙しくなるので家族で遊びに出かけてきました。

目的地は奈良県・大台ケ原。妻・息子希望の車中泊のついでにハイキング。
洗脳出来てきた感がある。(笑)

IMG_1995.jpg
大台ケ原ドライブウェイより




急遽決めたため金曜日の夕方からバタバタと準備。吹田から高速で奈良の地元を通過して川上村の道の駅へ。
21時半頃到着。ベッドメイキングをした後、妻は子たちを寝かしつけてのんびりタイム。

IMG_1884.jpg

IMG_1889.jpg

お酒を飲んでほろ酔いで就寝。今回はセミダブルの使っていない布団を敷いたため段差も気にならず快適に眠れた。
そして翌朝6時半に目が覚める。

IMG_1898.jpg

IMG_1901.jpg

朝食はジェットボイルで湯を沸かし、α米と味噌汁と缶詰。道の駅なのでギリこんなもんだろう。
8時に出発し、大台ケ原ドライブウェイを経て大台ケ原ビジターセンターへ。

ドライブウェイが1573mまであるため、日出ヶ岳山頂(1694.9m)までは高低差が少ないハイキング的な登山。
今回は、ビジターセンター→日出ヶ岳→正木ヶ原→尾鷲辻→大蛇嵓→尾鷲辻→中道を経てビジターセンターのルート。大蛇嵓からシオカラ谷経由でビジターセンターに戻ると谷まで160m高低差があり急勾配であるため息子娘を背負いながらは危険と判断。

9時半出発。

IMG_1914.jpg

IMG_1915.jpg

IMG_1920.jpg

日出ヶ岳手前の展望台で尾鷲湾が一望できた。
そして行程30分ほどで日出ヶ岳。

ここから近畿の秘境・大杉谷へ下るルートがある。大杉谷は2004年の水害から10年。2014年にやっと再開通したルート。
結構危険な場所らしく、毎年数名の転落事故がある模様。いつか行ってみたいルートだが。

日出ヶ岳から正木峠を経て正木ヶ原へ。

IMG_1944.jpg

IMG_1947.jpg

大台ヶ原の南東部、正木ヶ原や牛石ヶ原ではトウヒの立ち枯れと笹原が見られる。これは、1959年(昭和34年)に近畿地方を襲った伊勢湾台風が森林を破壊して地表に日光が差し込むようになり、コケ類が衰退してミヤコザサが繁茂し始めたためである。ミヤコザサの繁茂はこれらを主食とするニホンジカの生息数増加を招き、大台ヶ原の森林を構成する樹木の幼木や樹皮がシカに採食されるようになった。このほかにも人為や地球規模での環境変化など、複合的な要因によって森林衰退が進んでいると考えられている。(Wikipediaより抜粋)



尾鷲辻を経て大台ケ原のメインである大蛇嵓(だいじゃぐら)へ。標高1600m、高低差1000mの断崖絶壁絶景が味わえるポイント。
妻は足がすくみへっぴり腰。可愛かったけど(笑)

IMG_1979.jpg

写真(上)の先端部分から見た景色。

IMG_1969.jpg

IMG_1967.jpg

絶景で暫く見とれる。妻は怖かったらしく颯爽と安全な場所へ引き上げていた。
息子は持ってきたこんにゃくゼリーに夢中だった。。。娘はご機嫌。

大蛇嵓を堪能した後は尾鷲辻からショートカットで大台ケ原ビジターセンターへ。13時。
一年で400日雨が降る大台ケ原。降られなくて良かった。
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop