プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
515

【9/22】小南峠・吉野大峯林道ポタリング

高校時代からの友人である松村氏が、愛車プジョからラレーに乗り換えたので走ってきました。
新車にもってこいな場所は高校時代からママチャリで走りに行っていた黒滝・天川村。いつもとは違うルートで楽しんできました。

P9220710.jpg

小南峠・吉野大峯林道ポタリング




6時に自宅を出発して、近鉄大阪阿部野橋駅に到着したのが7時過ぎ。7時20分の吉野行き急行に乗り込み下市口駅に到着したのが8時31分。
橿原神宮前から下市口の区間は、普段車か自転車のため新鮮な景色だった。
相方の松村氏は8時には到着していた。少し待ってもらい、輪行解除。駅前に出来ていたローソンで食購して9時出発。

千石橋を渡って、県道48号洞川下市線で黒滝村まで。
この道は交通量が少なく走るにはかなり気持ちいい道。高校時代にママチャリで走りに来ていた。

P9220669.jpg

下市から看板はあったし、吉野方面の道は災害の影響で通行止めになる可能性も高いため事前に調べていたが。。
やはり。

P9220675.jpg

黒滝村の役場辺りから明確に通行止めの看板がこれでもかってくらいあった。
峠頂上にある現役の素掘りトンネル。小南峠トンネルの隧道内に亀裂や剥離があったため2012年から通行止めになっている模様。
この道は所謂険道で、離合困難な急登道。
いつも洞川に向かう時は国道を使用していたが、過去2回、洞川から通ったことがある。
黒滝から登るのは初めて。

黒滝村役場からいつも走る県道138号に向かわずそのまま県道(険道)48号を進む。
赤滝との分岐を過ぎた途端に試練の如く急登。

P9220676.jpg

急登の繰り返しで、かつ路面が荒れてるため草でスリップする。石が転がっていて走りにくい。

P9220683.jpg

P9220688.jpg

P9220691.jpg

ほぼ樹林帯であるがたまに見える大峰の景色。

P9220701.jpg

スリップが酷くて峠手前から自転車を押すというまさかのへタレな事態に!!!
昔ならなかったのに。歳とったな。と松村氏と話す。
何気に現在走りこんである松村氏は珍しく体力ある。
ちなみに僕は大学時代の連盟Tシャツ。

P9220694.jpg

小南峠トンネル(1060m)に到着したのが10時40分。黒滝村役場から一時間半ほどかけて登る。
しんどいけど峠道は気持ちいい。

P9220705.jpg

そして素掘りのトンネルはいつ来ても怖い。

P9220707.jpg

大人対応で何とかクリアして洞川温泉まで下る。
天川村立資料館で川北雪峰氏の作品展があったため立ち寄ってみる。
青が綺麗な絵画で家に飾りたくなる。

昼食をとって龍泉寺へ。
洞川は高校時代からよく走りに来たりドライブに来たりする好きな場所。
でも龍泉寺は初めて訪れた。大峰山修験者の水行場。

P9220739.jpg

P9220733.jpg

温泉街を抜ける。洞川温泉は大峰山の登山口で、古くから修験者や旅人の足安めに縁側を開放していたという歴史がある。

P9220742.jpg

名水ごろごろ水を汲んで吉野大峯林道へ。

P9220747.jpg

小南峠と比べれば全然舗装されている林道を走り、五番関トンネル(1100m)に到着したのが13時半。
ここは大天井ヶ岳の登山口。

P9220753.jpg

ここから川上村に抜ける高原洞川林道との分岐まで下り、かなり緩やかなアップがずっと続く。
所々、台高山系、大峰山系が一望でき気持ちいいルート。そんな中パンクする。
2009年に吉野から登った時は駅から林道入口700mまで急騰で心臓が破裂するかと思った記憶がある。

P9220757.jpg

P9220772.jpg

P9220763.jpg

大峯奥駆道の尾根沿いを進むため、四寸岩山や青根ヶ峰の近くを走る。
自転車をとめてほんの少し登る。

P9220786.jpg

金峯神社で吉野大峯林道は終わり、吉野山まで下る。
途中、吉野の定番の景色である蔵王堂を一望できる展望台で休憩。
高校生の時、松村たちとママチャリで来た場所。懐かしいな、と話をする。

P9220790.jpg

そして吉野山を下り、近鉄吉野駅に到着したのが16時。
下市から地元まで走り、松村氏と駅前の居酒屋で飲む。
22時半頃の電車で輪行して帰宅。かなり満足な行程でした。
一日時間くれて、飲みまでOKしてくれた妻に感謝です。
スポンサーサイト
  • Date : 2015-09-24 (Thu)
  • Category : 自転車
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop