プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

鉄道 車中泊 温泉 廃線・未成線 廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
554

【7/14-17】信州旅行(3日目) -川中島・善光寺・ろくもん・湯田中温泉-

天気崩れず。本日は長野探索。

P7160753.jpg




6時半過ぎに起床、8時過ぎに出発。連泊してお世話になったアルプスほりがねの里。トイレが凄くキレイ。キレイ過ぎた。
長野までの運転を妻にお願いしてのんびり車内で過ごす。長野駅でしなの鉄道ろくもんが見たいなあ、とか思って調べてみると、乗車券+指定席1000円で乗れるらしい!!ろくもんは食事付きのみだと思っていたのでこれはチャンス!!子どもたちには言わずに驚かせてやろう。

10時前、川中島古戦場。上杉謙信と武田信玄が何度も戦った有名な場所。毘と風林火山の旗を掲げた銅像があって何だか満足。
息子はカエルを見つけて喜んでいた。娘は川に石を入れて水が跳ねるのを楽しそうにしていた。妻はカエルを持って追いかけてくる息子から逃げるのに精いっぱい。。。

P7160690.jpg

川中島からすぐ長野駅。10時半頃到着。
善光寺まで車で行けばいいものの敢えてここは長野鉄道。だって息子が喜ぶんだもの。(僕も・・・)
現在は知っている4種類の車両は全て他で活躍していた車両ばかり。JR、小田急、東急、営団。写真には納めていないが4種類とも見れた。

P7160696.jpg

P7160697.jpg

善光寺下駅から歩いて10分ほど。
晴天。善光寺が映える。凄く絵になる。信州は標高があるからか、空気が澄んでいるからか空が近い。
息子がアイスアイスと言い続けて購入したのは野沢菜ソフト。美味しかった。因みに息子はソーダ味の普通のソフトクリームです。

P7160721.jpg

P7160726.jpg

長野駅に戻り、ろくもんの切符を購入。普通列車より時間をかけて長野~軽井沢間を走る。
僕たちは時間の都合上、長野から上田まで。
昼食を食べて電車の出発時間を待つ。

息子の席も確保したため小学生以下でも乗車券が必要。人生初切符。

P7160751.jpg

P7160753_20160718205105728.jpg

P7160764.jpg

P7160765.jpg

P7160768.jpg

P7160774.jpg

P7160788.jpg

ボールプールで遊ぶ子供たち。もう少し静かに遊んでほしい。仕方ないか。。でも注意はする。
食事付きの車両には、各ブースふすまで仕切れるようになっていて凄く雰囲気が良い!!
ノンアルコールビールを飲みながら妻が、いつか夫婦で旅したいね。同感です。

1時間10分かけて上田駅に到着。六文銭・真田の里。観光は以前したことがあるためパス。
30分ほど待って普通列車で長野に戻る。電車の中ではグッスリ。結構疲れてるっぽい。

P7160829.jpg

P7160847.jpg

長野観光を満喫して16時半に出発。湯田中に到着したのが18時前。
共同浴場は沢山あるが、ザ・公衆浴場は源泉が熱そうなので駅前のキレイ目な楓の湯に入る。
湯田中渋温泉郷は9つの温泉の総称で狭い地区内に9つの温泉があることがすごいと思う。また、共同浴場の数は別府に次いで全国二位とのこと。
楓の湯も熱めだったため中々息子が入らない。温泉大好きなのに熱いの苦手。(笑)

P7160868.jpg

P7160871.jpg

P7160872.jpg

夜はチェーンのうどん屋。日本海まで走ろうと天気予報を検索すると、湯田中周辺は今晩晴れ、日本海方面は降水確率50%だったため湯田中温泉郷のすぐ近く、道の駅北信州やまのうちに泊まることにする。
どっちみち翌日の魚萬食堂は11時オープン。朝走れば余裕だね。涼しい夜を過ごそうぜ!の意見に妻同意。

P7160875.jpg

P7160909.jpg

最後の夜なので息子も晩餐の仲間入り。夫婦のワインと、息子のぶどうジュースで乾杯。
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop