プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
567

【11/12-13】木津川キャンプ(笠置キャンプ場)

連日仕事で休む間もなく。久々にのんびり休める土日で、かつ気候も良さそうだったので家族でキャンプに行ってきました。
夏以降、左手薬指の靭帯を切ってしまい、治りかけたら子どもたちの体調不良が続き、天候も悪く仕事も忙しい・・・。
本当に久々のキャンプ!!!

PB131120.jpg




子どもが小さく高規格キャンプ場が続きだったけど、価格の安い笠置キャンプ場も泊まってみたかった。
思えば、カヤックで川下りしたり、息子の川デビューの場所だったりする場所。
このキャンプ場はチェックイン・アウトがなく一日300円。
一泊二日なら一人600円と超格安。トイレも仮設ベースの汲み取り式だけど綺麗で問題無し。
何気に徒歩すぐの笠置駅のトイレの方がもっと綺麗だったりする。(笑)

昼過ぎに自宅を出発。奈良の実家からそんなに遠くないので妹弟にも顔出すかと?声をかけてみる。
山田のスポーツオーソリティでシーズンオフで割引になったキャンプ用品を購入。キッチン用にテーブルと、バーベキューコンロ。

PB131108.jpg

PB131106.jpg

14時半ごろ笠置到着。入口が若干狭いが離合できるか所は二カ所ほどある。

PB131065.jpg

キャンプ場には既に弟が自転車で到着していたのでテント設営中は子どもたちの面倒を見てもらう。こんな時期でもかなり多い。
そしてこのキャンプ場、川側は直火OKとのこと。今度やってみたいな。

PB120993.jpg

PB120983.jpg

PB121013.jpg

PB121016.jpg

夕方までのんびり過ごして弟は帰宅。
寒い中、妻の作ったシチューが凄くおいしい!!

PB121022.jpg

PB121028.jpg

夕食後、キャンプ場から徒歩ですぐの笠置いこいの館へ。
夜道、息子が怖がっていて可愛かった。暗くて楽しい散歩道だけど子供のころは怖かったな。

PB121034.jpg

温泉はキャンプ場割引適用。大人2名でキャンプ場より高いという・・・(笑)
でも寒かったので凄く気持ちいい。二階の待合で寝てしまっていた。

夜は妻と焼酎のホット牛乳割。缶詰温めておつまみ。妻は寝袋にくるまりながらコットで嬉しそうにごろごろしていた。
寝る前のトイレが遠くて・・・でも酔っぱらっていたので寒くて気持ちいい。23時就寝。寝袋いっぱいと毛布持参。

PB121042.jpg

どうしても厚着をしてくれない息子が夜中2回くらい寒くて目が覚める。
一回は僕が寝袋と毛布かぶせて寝かしつけた。嬉しかった。

翌朝7時頃起床。チェックアウト時間を気にしなくていいのでのんびり過ごす。

PB131050_20161117221934f1c.jpg

PB131062.jpg

息子と電車を見に笠置駅。駅から徒歩のキャンプ場もなかなか珍しいと思う。
関西本線のディーゼル車輌。

PB131079.jpg

そして駅前に元弘の乱。。。

PB131083.jpg

そういえば後醍醐天皇や大塔宮護良親王は笠置山に陣を構えて戦ったな、、ここかーとか思いながら。
その時楠木正成は確か赤坂城だったような気がする。

キャンプ場に戻り、川で魚をバケツですくって遊んだり(捕まえられなかったけど)、キャンプ場出てすぐの公園で遊んだり、加茂方面まで昼食の食購に行ったり。

PB131087.jpg

PB131105.jpg

PB131120_20161117222504773.jpg

PB131124.jpg

のんびりのんびり過ごして14時半過ぎにチェックアウト。本当にゆっくり過ごした。
笠置駅で降ろしてもらい、僕はキックボードで加茂駅まで走ってみた。8キロほど。キックボードで旅できそうだなと思ったけど地面からの振動がすごくなかなかしんどい。(笑)
加茂駅で合流して帰宅。日中は暖かいけど夜は寒い。寒い中の夜、暖かいご飯を食べたりお酒を飲んだりも楽しいでしょ、奥様。またいこうね。






スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop