プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
568

【12/4】箕面・教学の森ハイキング

仕事関係の人と山話をして久々に歩きたくなったので家族で近場をハイキング。天候悪くなり、道も判りづらく不安なハイキングとなりました・・・・。

箕面・駐車場1215-1245教学の森入口1245-1320わくわく展望台1350-ハート広場1350-1530箕面昆虫館



PC040089.jpg




12月2日は娘の誕生日なので土曜日である3日にパーティ。妻が手作りのキッチン台をプレゼント。嬉しそうな娘。アンパンマン好きな娘に頑張る妻。
そして翌日は体を動かそうと、ハイキングをすることにしました。

PC030011.jpg

PC030024.jpg

PC030046.jpg

箕面駅近くの駐車場から出発。30分ほど歩いて教学の森入り口。息子がお腹すいた!というのでパウンドケーキを口に入れて歩く。結構な勾配。キャンプ場も少し立ち寄り見学してみるが我が家のファミリーテントは難しそう。ステラリッジくらいだな。自然の中で静かそうなキャンプ場。

PC040073.jpg

PC040074.jpg

PC040080.jpg

お腹すいたとは言うが文句言わず歩く息子に感動。
13時20分に展望があるわくわく広場に到着。妻の手作りご飯と足りない分はカップラーメン。今回は久しぶりのジェットボイル。
そしてアウトドア用の和武器デビュー!!

PC040084.jpg

PC040089_201612112311428c6.jpg

PC040090.jpg

PC040091.jpg

昼食後すぐハートの広場を越えて箕面山方面に歩くが雨が降り出したため引き返すことにする。
来た道で帰るのも何なので、滝道方面に下ることにする。が・・・・。
地図に無い分岐、1時間歩いても全くくだらない時計の高度計、結構な雨+樹林帯のためかなり暗く息子も不安がる。迷ったくさいことを察した妻が明るくふるまってくれたのが助かった。。。どこの分岐も○○ルートみたいな表記しかなく、山と高原地図には載っていない記載。以前この辺りを歩いた下調べで分岐が多く判りにくいということは解っていたがしまったなあ。近場の里山で装備も心許ないとか思いながら息子の手前明るくふるまう。分岐の先が行き止まりだったことが決定的で来た道を戻ろうと思ったくらい。
妻が見つけた看板に一の橋(滝道の橋)の表記があったためその道を下る。その看板が無かったら引返していた。枯葉が堆積して道が分かりにくい。薄暗さが一層そう感じる。コンディション普通の時なら何もない場所なのに・・・不思議。写真で見ると明るいのに。(F値の関係だが)

PC040106.jpg

PC040107.jpg

PC040108.jpg

ハート広場からたった一時間半で昆虫館の裏手に下山。長く感じた。結構雨も降っていたので濡れていたが昆虫館に行きたいと息子。いいよいいよ。頑張ったもんね!

PC040114.jpg

PC040125.jpg

昆虫館で凄くほっとした。滝道の東屋で暖かいものをのんでおやつタイム。

PC040136.jpg

17時に箕面駅到着。疲れた。子連れで不安を感じることがこんなに怖いんだと思った。妻に感謝。
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop