プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
57

【8/8-12】立山&山形ツアー(3日目)


■2010年8月10日
走行距離約70キロ
道の駅いいで―(走行)→山形村山地域 道の駅天童温泉



4:00。
起床。朝焼けが綺麗で見とれる。
α米を作るためにお湯を沸かしていたら昨日のおっちゃんがゆでたまごくれた。朝飯、α米・缶詰・ゆでたまご!



5:00。
出発。肌寒い。そういや昨日は上半身裸で寝ていたけど朝には服着てたからきっと寒かったんやろうな・・。
静かな朝の国道を一時間程走って赤湯駅に到着。山形新幹線と在来線のホームが同じで驚いた。

P8101426.jpg



6:30。
赤湯温泉に入る。
900年前に八幡義綱がお告げで発見されたといわれている。戦いで傷付いた家来をお湯に入れるとたちまち傷は治り、傷から出た血で赤く染まったことが赤湯の由来だそうだ。縁起がいいとは思えないが。。

赤湯温泉元湯に浸ったあとは継ぎ目の無い日本最大の石造大鳥居を見て出発。
国道13号を北上して上山市に向かう。どっかで聞いた名前やなー。。妙な親近感が沸きテンションが上がる。

P8101440.jpg



8:00。上山市に到着。
そろそろ暑くなってきた。フェーン現象の関係もあり、山形の内陸部は暑い。

上山城で記念撮影(笑)をしたあとはかみのやま温泉駅で情報収集。甲信越地域に多いコンビニ・セーブオンで39円アイスを食べたあとに江戸時代からある公衆浴場・下大湯に入る。
その後は武家屋敷や温泉街を探索。上山温泉は東北三楽郷のひとつで種々の源泉を持つ温泉街。規模が大きくまた来たいと思った。

P8101456.jpg



10:15。
15キロ程北上して山形駅へ。余りにも暑くて倒れそう・・。駅併設のショッピングモールのベンチに座り込んだまま気付けば30分ほど寝てた。クーラー効いてて気持ちがいい。

P8101466.jpg

その後、霞城(山形城)に向かうが霞城本丸の復元工事中だったので、市街地に向かい旅マックをする。

P8101474.jpg



12:00。
とてつもなく暑い中、山寺に向かう。向い風。暑い。日陰無い。頭から水かぶりたい。クーラー効いた部屋でゆっくりしたい。いや、日陰でいい!日陰が欲しい。
山形いる間中ずっと考えてたことは、せめて日陰で休みたいということ。
どこ走っても日陰が無いので休むに休めない。止まったら体中が熱を持ってるのがわかるくらい暑い。
でも見渡す限り一面の田園風景は飽きること無くいいところだと思った。



13:10。
山寺到着。山寺とは立石寺の通称で奥の細道の句碑がある。
山寺と呼ばれるだけあってひたすら山の上まで石段を登るがいまの僕には全く苦にならなかった。だって樹林帯、日陰が涼しいんやもん。
あっという間に頂上へ。山寺で有名な景色を堪能して、木陰から吹き抜ける風を感じて、また暑い中走らなあかんのかと現実に戻る。

P8101499.jpg

P8101507.jpg

名物の力コンニャク食べて出発!!
でも行きが向い風だったので追い風で天童に向かう。

P8101525.jpg



15:00。
あっという間に道の駅天童温泉に到着。

P8101527.jpg

道路情報館にクーラーの効いた謎の小部屋がありそこのソファーが気持ち良過ぎて二時間ほど寝る。

「この部屋は森林浴気分を味わって頂くため、森の香とマイナスイオンで満たされています。正面の映像で森の四季を楽しみながらごゆっくりおくつろぎ下さい。」

素敵な計らい!

ゆっくりし過ぎたあと、道の駅を探索するとかなり規模が大きいことに気付く。本屋、CD屋、auショップ、裏にはマックスバリューまで!
本屋で山形のるるぶ立ち読みしてると銀山温泉が掲載されてて、そうかー、山形県やねな、と地図を見ると50キロ圏内だったので明日の仙台は取り止めて銀山温泉にルート変更することにした。
19:00に天童温泉に入り、温泉街をぶらつく。居酒屋の、冷たいビールの誘惑に負けそうになりながらマックスバリューで缶チューハイを買って道の駅に戻るとチャリ乗りおった。名大チャリ部で北海道合宿に向ってるらしい。
僕のチャリの近くのベンチで休憩してはった山好きの老夫婦、名大チャリダーと4人で夜中まで話す。

P8111539.jpg



1:00。就寝。
スポンサーサイト
  • Date : 2010-08-13 (Fri)
  • Category : 自転車
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop