旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
590

【4/22-23】観音峯 前泊登山

給料日前のため近場で楽しく遊ぼう!!ということで奈良は大峰山系、観音峯に登ってきました。冬に比較的メジャーな山で、今回は展望台(標高1208m 427up)までだったけど息子君頑張って歩いてくれました。

P4230268.jpg




前泊は、奈良県 道の駅かつらぎ。ここは2016年11月にオープンしたての道の駅で、仕事・プライベートですでに何度か訪問したことがある場所。しかも実家まで車で15分程度・・・帰れよ!との声もあるかと思いますが、今回は登山というより車中泊が目的なので・・・。

隣接している葛城ICをはさんで反対側にコンビニあるためお酒購入して道の駅には20時半ごろ到着。
車中泊仕様へ完了後、交通情報館的な建物で乾杯。非常にきれいでしかもここはいつまで空いているんだ??

P4220147.jpg

P4220155.jpg

暫し楽しい時間を過ごして妻は子どもを寝かせに車へ。
僕は外でランタンの光を楽しむ・・・。
SOTO GメタルランプSTG-00 2012年に前職のインセンティブポイントで入手したまま眠っていたもの。マントル不要のガスランタンで、非常にコンパクト。リフレクターに反射して明るさを増幅させる仕様となっている。
CB缶の装着が上手くいかず、今日準備中になんとなく触っていたところ使い方が分かったので非常に嬉しい。ガスランタンほしかった。

P4220151.jpg

P4220144.jpg

寝かしつけを終えた妻と二人楽しい時間を過ごして就寝。外で飲むと気分が変わって楽しい。

P4220157.jpg




6時過ぎに起床。
まだみんな寝ている。お手洗いから戻ると娘がうっすら目を開けた。

P4230170.jpg

P4230169.jpg

今までの車中泊は、座席3列中後部2席をフラットにしてそこに布団を敷いていたが、4人ではもう寝れなくなったためレイアウト再検討。前2列をフラットにする方法を取ってみると非常に快適に眠れた。(ウチの車はフルフラットができないのです。)

P4230177.jpg

前2列をフラットにすると比較的段差や隙間が多くなるためエアベッドを使用し、その上に布団を敷く。
エアベッドは空気を最大まで入れると振動が伝わりやすく複数人で寝る際は寝心地が悪くなるためエアはほどほどにしてみた。

P4230181.jpg

後部座席は足元を埋めて赤ちゃん用の布団を敷くとちょうどよい大きさになり息子一人用ベッドにする。

P4230180.jpg

結果、妻からは「今までで一番快適」とお褒めの言葉を頂き満足。これでも無理になったら次はルーフテントの検討に移るしかないな・・・。

P4230187.jpg

朝食を済ませて出発。地元の道を走り天川村にある観音峯登山口へ。
9時半過ぎに出発。
何度も登っているため割愛。息子はほんと文句も言わず(少しは言っていたが。。。)頑張ったと思う。
娘は僕の背中でずーーーっと話しかけてくる。おしゃべりさん。

P4230195.jpg

P4230202.jpg

P4230212.jpg

P4230214.jpg

P4230217.jpg

観音平で少し休憩してラストの急登を経て観音峯展望台に到着したのが11時過ぎ。1時間半ほどの軽いコース。
観音峯山まで登ろうかとも考えたが展望なく面白くないため展望台でのんびり過ごす。
僕がカップ麺つくっている間、妻と子どもたちが周辺探索。

P4230219.jpg

P4230224.jpg

P4230231.jpg

P4230241.jpg

P4230249.jpg

P4230254.jpg

1時間ほど過ごして下山。

P4230269.jpg

P4230270.jpg

妻が娘を背負ってみる!と言ってくれ少し交代。妻とカバンの大きさと何課同じぐらいに見えてくる。(笑)
1時間ほどで下山。水遊びをしたがる子どもたちのため黒滝村の森物語村へ。ここは夏に何度か水遊びしに来た場所。

P4230292.jpg

P4230323.jpg

水はまだまだ冷たいのによくこんな遊べるもんだなと感心。
娘は転んでびしょ濡れ。。着替えあるからいいけど。

帰りは実家で晩御飯を食べて帰宅。楽しかった。
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop