プロフィール

どく鬼のこ

Author:どく鬼のこ
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
ユーザータグ

廃線 

最新トラックバック
月別アーカイブ
595

【5/3-6】能登半島 車中泊旅行(2日目)

睡眠で渋滞の疲れを取ったが体の汚れは落ちず(昨日風呂入っていない)。朝から山中温泉に浸かり、雨晴海岸、白米千枚田、柳田星の観察館「満天星」と満喫してきました。

P5040720.jpg

二日目




6時起床。寝返りがうてないので背中が痛いが安眠。
のんびり準備をして、道の駅の交通情報館的な建物で朝食。妻が自宅の近くのドラッグストアで食べ物を大量に購入してくれていたので金銭的にも助かる。

P5040460.jpg

8時に出発して気持ち良い山道を走り、一時間もかからず山中温泉へ。
道の駅に鉄道が置いてあり、そういえばはるか昔北陸鉄道が走っていたらしいな、ということを思い出した。息子が電車を見たいと言っていたので温泉の後、と諭す。

総湯に入るが温泉が熱くて最後まで浸かり切れなかった息子。
タイルの雰囲気のいい温泉。息子と妻娘を待ちながら飲泉したり、温泉たまご食べたり。
ここの温泉たまごは作るのに50分ほどかかるそうなので出来合いのものを食べた。
陶器市があり、人が多かった。

P5040475.jpg

P5040485.jpg

P5040506.jpg

P5040497.jpg

道の駅に戻り、北陸鉄道を走っていた「しらさぎ」を見に行く。
この車両はおそらく引退後、大井川鉄道を走っていた模様。金谷・千頭降り口のシールが貼ってあった。
そして扉やら地面やらいろんな場所が空く。(笑)
運転席を取り合いする息子と娘。

P5040508.jpg

P5040512.jpg

P5040520.jpg

P5040537.jpg

山中温泉を満喫した後、地道をひた走り道の駅メルヘンおやべ近くのスーパーで昼食。
ホタルイカの刺身を食す。

P5040561.jpg

雨晴海岸は何としても立山の景色を見たい!という思いから。
ここから立山見えたことがない。今回は快晴だったけど、少し遠くがかすんでいた。
でも満足。

P5040581.jpg

P5040570.jpg

その頃妻はキャーキャー言いながら子どもたちと水遊びをして楽しそう。
風呂は明日なのに。(笑)

P5040596.jpg

14時ごろに雨晴海岸を出発して、輪島に到着したのが16時半ごろ。
僕は眠くて妻に運転を変わってもらっていた。
棚田である白米千枚田の道の駅は大渋滞で暫く並んで入場。妻は運転をしながら「ちゃんと停めれるかな・・・」と駐車に不安気。

並んだ甲斐あって絶景。
田んぼにはオタマジャクシがいて子どもたち大喜び。夕日もきれいだった。

P5040674.jpg

P5040670.jpg

P5040625.jpg

P5040668.jpg

そして20時に予約していた柳田星の観察館「満天星」までの時間も微妙。
輪島で海鮮を食べるか迷ったが、窓岩の駐車場で夕日を眺めながらカップラーメンを食べた。
いい位置でカップラーメンを食べていたので、写真撮りに来た人たちには若干迷惑だったかも、と妻。

駐車場に能登平家の看板があったので何かなと思っていたが、「平家に非ずんば人に非ず」と豪語した平大納言時忠が流された地らしくその歴史が書かれていて興味深かった。

P5040687.jpg

P5040691.jpg

P5040699.jpg

P5040702.jpg

満天星に到着したのが19時半。晴天なれど月が明るくて星が見えない。勿体ない。
天文台の天体望遠鏡で37光年先の星(名前忘れた)、木星、月を見る。息子が静かに感動していたのが嬉しかった。
妻も、初めて見た!!と嬉しそうにニコニコ。娘は相変わらずすぐに飽きて帰りたがっていた。

下記は写真用の望遠鏡で撮影させてもらったものなので僕たちが見たものよりも倍率は低い。

P5040720_20170507235050db0.jpg

特に寝る場所、、というか翌日の予定を決めていなかったため取り合えず道の駅穴水へ。
駅併設の道の駅で駐車場は少なめ。車中泊をしている車たちに囲まれる。
子どもたちは寝ていたので妻と晩酌。酔っぱらってアテを求めて穴水を歩いて彷徨ったのも楽しかった。
この旅で一番楽しく飲めた夜でした。

P5040724.jpg

P5040730.jpg

明日は朝から息子に穴水駅ののと鉄道を見せてやろう。喜ぶだろうな、と思い就寝。
スポンサーサイト
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop