FC2ブログ
旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤を繰り返し福岡で結婚。転職して大阪で5年半やっと関西を出れた・・・。試される大地。北海道を満喫します。そしてその先の道へ。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
648

【2/9-11】函館旅行(3日間)

大寒波、云々言われた三連休ですが思い切って行ってきました函館。だって同僚が紋別に流氷見に行くって行ってたから僕も行けるでしょう。雪の少ない函館なら、というわけで。
今回は北斗の宿に連泊してのんびり観光でした。往路は高速で函館、帰路は長万部からニセコ方面抜けて小樽ルート。

P2100279.jpg

static_2019021721280535c.jpg

■目次


 ▶《1日目》往路・ラッキーピエロ
 ▶《2日目》函館観光
 ▶《3日目》帰路・大沼・いかめし



☑《1日目》往路・ラッキーピエロ


11時ごろ自宅を出発。近所のゲオでDVDを借りて新川から苫小牧、室蘭と道央道経由で函館へ。
苫小牧あたりで見える樽前山がすごく奇麗で気候が良くなったら登ろうと通るたびに思う。

P2090040.jpg

DVD流し続けると大人しい子どもたち。でも味気ないな~と思う。
たまに景色見て感激する息子。
函館に到着したのは17時で函館山のロープウェイに向かうが乗るのに外で1時間待ち・・・。マイナス7℃やのに。風邪ひくなと思い宿がある北斗市方面に向かう。七飯町のラッキーピエロ峠下総本店へ。

P2090048.jpg

ぜひ妻に食べさせたかったふとっちょばーがーもなく、ピザもなく。。。総本店やのに?メニューも少ないし。今日はうまくいかんな、とか思っていたがまさかの出来事が。。

P2090052.jpg

P2090054.jpg

P2090097.jpg

妻が大阪の頃の幼稚園のママ友(転勤で函館在住)にばったり出くわす。
日本って狭いな~と思いながら大量に購入してバイキング並みに食べて満足。
ラッキーピエロに来たのは10年以上ぶりだけど美味しい。結果大満足。

そして宿は新函館北斗から車で5分ほどだったので新幹線を少しだけ見る。
初はやぶさに喜ぶ息子。そして掃除の機械もはやぶさ(笑)

P2090104.jpg

P2090111.jpg

宿は北斗市のロジングはまなす。こじんまりして奇麗でよかった。

P2090112.jpg

P2090116.jpg

二段ベット4つで大喜びの子どもたち。くつろげるスペースもあって、ベッドとは電気も別なので子どもたちが寝た後もくつろげる。二段目で寝た子供たちを一段目に下して(寝相悪いから・・・)、飲みながら翌日の計画を練って就寝。怖いドラマ見入ってしまった。。。

目次にもどる

☑《2日目》函館観光


8時半ごろ宿を出て9時半函館朝市へ。
朝一って観光客やでとか、もっとおいしいお店が、、とか言われるのは重々承知で、子ども三人も連れていたらベタなところのほうが満足できるんです。楽なんです。だっていろんなお店が集まっていて何かあってもリカバーきくもん!!

一花亭たびじで活きイカ。函館はイカなので食してみる。
息子は臭いに敏感なので入るのに時間かかった。

P2100139.jpg

P2100142.jpg

息子は福岡時代まだ生後半年とかだったので呼子で活きイカ食べてたこと覚えてないよな。
動いてるイカを触りながら大喜びの長男長女。
子どもたちは一善丼(3色)をそれぞれ頼む。僕はうにが臭みなく非常に美味しかった。

その後朝一を探索。中国人観光客多い。

P2100150.jpg

P2100153.jpg

P2100154.jpg

でっかいカニの足を見て反応する子どもたち。
足で3000円もするけど折角の北海道!というわけで。

P2100171.jpg

P2100160.jpg

朝一で海鮮食べまくって満足。妻も嬉しそう。息子も蟹ってる。
そして函館駅で市電、観光地などがセットになってるチケットを購入してまずは函館山へ。

P2100180.jpg

え?夜景じゃないの?とか言うでしょ!
あの行列・・・子どもたち風邪ひくもん。北海道には珍しく晴れ間も見えるし登ってみた。

大学生の頃から自転車旅行や電車旅行で函館に来たのは4回目(1回の旅行で2回函館来たとカウントすると7回目)。
時間や天候とかで一度も来たことなかったから嬉しかった。夜景は見れなかったけど、日中の雪景色は絶景だった。

P2100183.jpg

P2100205.jpg

そして昔、ライダーハウスのらいむらいとで函館山の裏に廃村があってそこに行くには函館山からけもの道を下るか、外人墓地からカヤックを使ってとりつきまで行って登るか、と言っていたのを思い出した。カヤックで行くと非常にきれいな洞窟があるらしい。
そんな冒険にあこがれていたなあとか思うと時の流れを感じる。
いまは家族にどんなことを経験させるかに重きを置いているけど、またあの頃みたいな色んな物事に単純に感動していた旅もしたいもんだな。

P2100223.jpg

展望台でアイスを食べて下山。ロープウェイに怖がる妻。
子どもたち落ち着いいたら北アルプス登れますか?(笑)

元町教会群や、大三坂、八幡坂、基坂へ。

P2100236.jpg

P2100238.jpg

P2100254.jpg

P2100258.jpg

旧函館区公会堂の写真が奇麗だったので向かったのに・・・・。

P2100261.jpg

改修工事中とは・・・。そういえばGWの岡山・吹屋小学校もやったな・・・。
北海道庁函館支庁でタイマー家族写真を撮ろうと準備をしていたらみんな先へ進んでていない・・・しかたないので三番目の次女とツーショット。悲しい。

P2100264.jpg

そしてベイエリアまで歩く。
10年ほど前、一人で夜歩いてハセガワストアで焼き鳥丼食べたな。
風が強い日やった。ロープウェイは止まっていたし、波も凄かった。翌日東京まで帰れるか不安やった気がする。

P2100266.jpg

P2100269.jpg

市電で五稜郭へ。
こんなやったっけかな~と懐かしくなる。
燃えよ剣(司馬遼太郎著)好きだから五稜郭も好き。そして日本の城郭の中で唯一のこの形も大好き。
雪景色見るの初めて。堀も凍って雪で白くなっていた。
大河ドラマの新選組!また見たくなった(笑)

P2100279_20190217222401a87.jpg

子どもたちはお腹すいたらしくまたまたラッキーピエロへ。
僕の昔の地図に挟まっていたラッキーピエロの広告は五稜郭店。ここか。またふとっちょバーガーはなかったけど大量に購入して満足。

P2100296.jpg

食後は五稜郭へ。
ライトアップされていて幻想的。

P2100308.jpg

P2100314.jpg

P2100329.jpg

P2100333.jpg

戊辰戦争の最後、函館戦争の舞台だと思うと幻想的な景色と相まって感動する。

P2100346.jpg

市電で函館駅へ。
函館ライナーやら道南いさりび鉄道やらを見学。

P2100364.jpg

P2100367.jpg

P2100375.jpg

P2100390.jpg

P2100378.jpg

湯の川温泉の公衆浴場は僕の記憶ではかなり熱かったので谷地頭温泉に寄って帰ろうかと思ったけれど遅くなるため帰路へ。
妻の好意で宿の近くのせせらぎ温泉に入れせてもらう。子供二人と一緒に。
源泉かけ流し42℃塩化物泉のためからだがポカポカする。

P2100397.jpg

同じ宿に連泊するって楽やね。
翌日の計画を立てて就寝。

目次にもどる

☑《3日目》帰路・大沼・いかめし



息子は次女が大好き(笑)

P2110408.jpg

10時前に出発して、新函館北斗へ。
新幹線を近くで見せてやろうと思って。

P2110412.jpg

P2110413.jpg

車で5分ほど。
それにしても寒波の影響で三日間寒いな~。

P2110422.jpg

P2110434.jpg

新函館北斗で新幹線を見たあと、駅弁のお店があったのでせんど悩んで入って結局駅弁買わないという・・・。
味がしっかりついていて美味しかった。

北斗でのんびり過ごしすぎて帰路へ。
駒ケ岳が奇麗だったので写真取れるとこないかなと大沼方面へ寄り道。
展望台は駒ケ岳と逆側(小沼方面)だったけど真っ白な池。そして白鳥が飛んできて凍った水面で滑るという現場も見た(笑)

P2110438.jpg

P2110448.jpg

P2110455.jpg

P2110464.jpg

P2110465.jpg

大沼公園へ足をのばす。駅前で一人で雪だるまつくったことあるなあとか懐かしくなった。
公園は氷の造形品が並んでいて子どもたちが滑り台に喜ぶ(主に穂高)。

P2110469.jpg

P2110496.jpg

P2110499.jpg

P2110504.jpg

駒ケ岳方面を見ると、大沼が凍っていてスノーモービル場になっていた。
恐るべし・・・・そんなに凍るの?イカ墨ソフトを食べたいと言われ、購入し妻に言われる。「穂高はよくわかってるね。ご当地ものならパパ買ってくれるかもよ?(笑)」

P2110485.jpg

P2110508_20190217225119eab.jpg

P2110511.jpg

そんなご当地もの。。森駅の駅弁を買いに少し走る。

P2110516.jpg

P2110521.jpg

帰路は黒松内から高速を降りて、ニセコ、倶知安方面の函館本線沿いを走る。この辺は豪雪地区だけど営業エリアなのでホワイトアウトも経験した!
そして山を越えて小樽に着いたとき思った。帰ってきたと。妻も同じだった。小樽って観光で有名な場所だったのに。帰ってきたと思う場所になったんやな。。。。

てか小樽って営業担当だから仕事でしょっちゅう行ってるし!!

目次にもどる

次回はGWやな!
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop