旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
70

theHENROWAY-何故旅をするのか(第2回4日目)【18-19番札所】



5月4日(火曜日)

連日の疲れからか目覚ましが鳴っても全く起きる気にならず。遠くに聞こえるラジオ体操の音楽、子供の遊ぶ声。。。気づけば9時半だった。
外は既に暑くこれから歩く国道沿いの道を考えるとしんどい気持ちになる。

朝食に小夏、はっさくとドーナツを食して10時半に出発。室戸岬方面に向かう国道55号を歩く。室戸まで132キロ。いつかは到着する場所やけどキロ数だけで見ると気が遠くなるなー。。

国道55号徳島~阿南は車社会の象徴であるかのように国道が広く交通量も多い。
隠れる日陰も無く照りつける太陽、ザックの重量感、排気ガス。

「何でこんなことしてるんやろう」
自問自答をする。
それは旅中いつも考えること。

国道沿いにあるお遍路休憩所。東屋が有り難い。
日陰に逃げ込む。吹き抜ける風が心地よく感じる。

遍路道が国道から逸れる。木々の中を歩く。土を踏む。見上げる空は青くて眩しい。

僕は四国遍路に対しての信仰心があるわけじゃあない。お願い事も特にない。お経も読まないし、そもそも読めない。

「スタンプラリーみたいやな」って言葉にちょっと納得した自分がいた。内心笑ってもうた。だから考えてみた。自分なりの答えはこの4日間で少しは出たのかな?わからん。それは八十八箇所が終わっても同じ気持ちかもしれない。

卒業論文で出した回答は、結局根本を辿れば自己満と暇潰しやった気がする。いまもそれは変わらないかな。

恩山寺に到着。
14:36。
体が重くて、日焼けで体中が火照って暑い。木陰で暫し昼寝をする。疲れた。

ラスト5キロを振り絞って歩く。正直荷物が重い。今回ラストの立江寺に到着したとき、寂しい気持ちと荷物降ろせる喜びが入り交じってた。多分相方も同じ気持ちやったと思う。

立江寺でコーラ買って飲む。五臓六腑に染み渡る。今日は徳島市内のホテルに泊まって居酒屋にビール飲みに行こっと。
そんな事を考えた歩きヘタレ遍路。まだまだ修行中(笑)

後はビール飲んで帰るだけか。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop