旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
87

山陰ドライブ(前編)




衝動に駆られ、相方と山陰を目指す。流石三連休。レンタカーはどこも取れず実家のコルトプラスにて出撃。

信州に紅葉狩り、温泉ツアーなど色々な案はあったがお互い直近で数回信州に訪問していたので少し目的を変えて鳥取・島根へ。
初日土曜日の夜に奈良大和高田を出発し、早朝4時京都福知山到着。コンビニの駐車場にて車内泊。

日曜日。8時半起床。
鳥取を目指し国道9号を快走。いいペースで11時砂丘へ。連休も有り駐車場は車だらけ。相方と裸足で砂丘を歩き、プロレスごっこ(笑)で全身砂まみれ。ざらざらになりながら空と海と砂を堪能する。

13時。スーパーで食購後、白兎海岸で海鮮丼を作り食す。紅茶を沸かしてマッタリと過ごす。
浜が汚い。サーファー多い。
この道の駅は2年前の山陰ツアーで野宿した場所。懐かしい。

時間は飛んで20時半。
米子、玉造、出雲、大田をスルーし、島根は温泉津温泉へ。

温泉津は石見銀山の出荷港として栄え、温泉津港から山側に伸びる温泉街は、鄙びた日本旅館が両側に立地する静かな街並みである。この古風な温泉街は2004年に温泉街としては初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された場所。

薬師湯にギリギリで入浴したあと店の方のご好意で23時までのんびりさせて貰った。屋上でコーヒーを飲みながら谷間にひっそりと佇む街並みを眺める。

話しかけられた品の良いおじさん。温泉津についてアツく語る姿が素敵やった。貰った名刺には「日本ユネスコ国内委員会委員 石見地区ユネスコ協会会長 内藤又左衛門淳彦」貴重なお話ありがとうございました。温泉津の庄屋で毛利家家臣の一族。18代目内藤又左衛門らしい。

温泉津を満喫したあとは、夜中の石見銀山近くでガチ心霊体験をし、4時まで月明かりの下、地酒を飲み。就寝。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop