旅日記総覧
過去の自転車旅行・登山の訪問場所はカテゴリー「旅日記総覧」に記載しております。
プロフィール

muroto27

Author:muroto27
1984年大阪市住吉区生まれ。奈良県で自転車に乗って育つ。大学時代は自転車の部活に所属し、一人旅中に見た北海道・知床峠での羅臼岳の景色に圧巻され登山も挑戦開始。
横浜、大阪、福岡と転勤で過ごし、2013年4月からまた大阪へ。早く違う土地に行きたい・・・。

アクセス(2015/6/21~)
月別アーカイブ
90

穂高登山ツアー(2日目)




9/20(日)涸沢カール

▼6:30/起床
朝食を食べて上高地へ向かう。平湯から安房トンネルを抜けるとそこは中の湯。坂巻を下り茶嵐の駐車場でタクシーを拾い上高地へ。
この辺りはチャリでしか来たことが無いから運転しながら不思議な気分になる。車って早いんよね。

▼9:30/上高地河童橋
タクシーの運ちゃんはお喋りで色んな情報をくれた。梓川は日本海に流れてる・・とか。
流石シルバーウイーク。上高地は人でごった返してた。河童橋渡れへんやん・・・橋の意味ない。でもやっぱり上高地。梓川の向こうに広がる穂高連峰が快晴青空に映えて綺麗やった。
売店でストック、ステンレスマグカップを購入して歩き始める。

▼11:00/明神
小梨平から明神へ。ここで同僚たちと別れ、ふくまめ氏と徳沢方面に進む。
急に人が少なくなり、いかにもな格好の人のみになる。
60リッターのザックが肩に心地良い。
徳沢の小屋にてカレーを食し、フラットな道をまた歩き始める。

▼13:10/横尾
徳沢、横尾は草原の開けたキャンプ場で気持ち良い。小梨平は少し暗いイメージがある。
横尾を越え、約3時間かけて涸沢を目指す。
本谷橋の川辺でコーヒーを沸かしたり、ガレ沢をトラバースしたり。
快晴の中、疲れてきた体。ストックに頼りながら標高2300メートル。涸沢へ。

▼16:00/涸沢
目の前に広がるのは噂の大雪渓・涸沢カールに感激。本で見る写真より目で見た方がいい。
ヒュッテから見たテント村も素晴らしい。岩場に点々とカラフルなテントが広がる。国設涸沢キャンプ場。
いい場所を見つけテント設営。
暗くなりつつあるカールを見ながら晩御飯を作り、先程ヒュッテで購入した日本酒を飲む。
ふくまめ氏が寒くて震えている。紅葉が始まるくらい寒いもんな。
飽きるまで星を見て20:30就寝。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop